« 雨中の夕焼け | Main | 『アクト・オブ・キリング』 グロテスクな傑作 »

April 15, 2014

『アデル、ブルーは熱い色』 饒舌と満腹

Laviedadele
La Vie d'Adele(film review)

見終わって、近頃こんなに満腹感のある映画もなかったなあ。なにに満腹したかといえば、愛とセックス、食べ物、それに言葉と映像。同性に惹かれてゆく若い女性の心、女性同士のセックス・シーン、文学や絵画の話題がちりばめられたスノビッシュな会話、主人公たちの顔や肌に肉薄する映像。上映時間180分の間、目からも耳からもフランス的饒舌を絶え間なく注ぎこまれた感じがする。

『アデル、ブルーは熱い色(原題:La Vie d'Adele)』のストーリーはごくシンプル。高校生のアデル(アデル・エグザルコプロス)が美大生のエマ(レア・セドゥ)に出会い、恋に落ち、別れるラブ・ストーリーだ。主人公のアデルとエマが女性でレズビアンであることが、普通のラブ・ストーリーとちがうところ。

映画はまず、アデルの学校での日常を追う。彼女は普通の女の子らしく上級生の男子学生とデートするようになる。が、仲間の女子高生にキスされたことから女性に惹かれることに気づき、街ですれちがった、髪を青く染めたエマに目を奪われる。ボーイフレンドと別れ、やがて深夜のバーでエマに再会する。ここまでたっぷり1時間。

アデルとエマはすぐに恋に落ち、互いを求めあう。こんな濃厚なラブ・シーンはあんまり記憶にない。男と女だけど、『ラスト・コーション』のラブ・シーンもこれに比べればおとなしいものだった。映画で女性同士のラブシーンがこんなにリアルに描写されたのは初めてじゃないかな。密着したカメラが頬や肌がほのかに紅く染まるディテールまで写しだす。

レア・セドゥはフランスの若手No.1女優。美少女の印象があったけど、長髪を切って染め、少年みたいな笑顔が素敵だ。アデル・エグザルコプロスはギリシャの血が入った女優。髪を無造作にアップにし、開きかげんの唇が魅力的だ。二人とも、その役者魂は見上げたもの。この二人がいなければ成り立たなかった映画で、アブデラティク・ケシシュ監督だけでなく二人にもカンヌ映画祭のパルムドールが与えられたのは当然だろう。

性と食は人間の生きる根源だけど、セックス・シーンだけでなく二人が食べるシーンも繰り返し出てくる。生牡蠣をするりと飲み込み(生牡蠣が何かに似ている、といった会話もある)、トマトソースのパスタを頬張って食べる。アデルの少し品のない食べ方が彼女のなにごとかを物語っている。

そして登場人物の誰もがよくしゃべる。エマは画家志望で、知的。アデルは普通の中産階級の女の子。エマがアデルをリードして、「愛は性の垣根を越える」とか、アデルをモデルに絵を描きながら「あんたは創造の女神で美の源泉」なんてセリフがぽんぽん出てくる。『クレーヴの奥方』や『マリアンヌの生涯』といったフランスの古典恋愛小説が朗読され(こんなのを高校の授業で読んでいるのか)、クリムトやエゴン・シーレ、ピカソといった画家、キューブリックやスコセッシといった映画監督の名前がちりばめられた会話がつづく。サルトルの『実存主義とは何か』も話題になる。180分間、とにかく言葉が詰まってる。

詰まっているのは言葉ばかりじゃなく、画面には青が氾濫している。アデルが最初にエマを見かけたとき、エマは髪を青く染め、ブルーのジャケットとジーンズを着ている。アデルがエマと恋人同士になると、エマの色に染まるようにアデルも青い服を身にまとうようになる。2人が出会うクラブも別れのレストランも青。青が二人の色なのだ(英語題名はBlue is the warmest colour)。とくにエマは青がよく似合う。映画のなかで名前が出るピカソの「青の時代」とも響きあっているかもしれない。

撮影のソフィアン・エル=ファニは手持ちカメラでふたりの顔や上半身に密着している。180分間、二人のクローズアップやバストショットが多く、さらにレインボー・フラッグを掲げたゲイやレズビアンのデモでも激しくカメラが動く。密接した距離感に圧倒されると同時に、いささか疲れもした。

これはフランス映画だけど、今のフランスの現実を映すようにアフリカの匂いがする。監督のアブデラティフ・ケシシュはチュニジア生まれ。撮影のソフィアンもチュニジア出身だし、共同脚本のガリア・ラクロワもチュニジア映画に出演する女優から脚本家に転向した人。だから脇役でアフリカ系やアラブ系の顔がたくさん登場するし、映画のテイストもフランス的なエレガンスとはちょっと違っていた。それも満腹感と関係しているかもしれない。


|

« 雨中の夕焼け | Main | 『アクト・オブ・キリング』 グロテスクな傑作 »

Comments

確かに「フランス的」で「おなかいっぱい」でしたね。
このくらいのボリュームじゃないと、恋愛なんて語りきれないと思います。中途半端じゃなくて。
邦画だと、制約が多すぎるのと「事務所の都合」とで、とてもこんなことできないですからね。堪能しました。

Posted by: rose_chocolat | April 17, 2014 at 10:19 AM

なにしろ男の子と知り合うところから始めるんですものね。

レア・セドゥみたいなトップ女優がこういう映画に出るんだからすごい。以前、是枝の『空気人形』を見たとき、日本の女優ではできなかったんだろうな、と思いました。ペ・ドゥナは好きな女優なので満足でしたが、例えば蒼井優あたりだったらどういう映画になったか、とか考えます。

Posted by: | April 18, 2014 at 11:12 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/59436039

Listed below are links to weblogs that reference 『アデル、ブルーは熱い色』 饒舌と満腹:

» アデル・エグザルコプロス、レア・セドゥ主演、アブデラティフ・ケシシュ監督『アデル、ブルーは熱い色(La vie d'Adèle – Chapitres 1 et 2)』"絵画のように、彫刻のように" [映画雑記・COLOR of CINEMA]
『アデル、ブルーは熱い色』(仏: La vie d'Adèle – Chapitres 1 et 2)(英: Blue Is the Warmest Colour)アブデラティフ・ケシシュ監督アデル・ [Read More]

Tracked on April 15, 2014 at 10:47 AM

» 『アデル、ブルーは熱い色』 (2013) [相木悟の映画評]
リアルに迫りくる、ザ・体感ラヴ・ストーリー! 情念の海に浸り、美しくも生々しい実在感に飲み込まれる前衛的な恋愛映画であった。 本作は、ジュリー・マロによるフランスで人気のグラフィック・ノベル『ブルーは熱い色(邦題)』の映画化。カンヌ映画祭にて審査委員...... [Read More]

Tracked on April 15, 2014 at 12:01 PM

» アデル、ブルーは熱い色  [映画的・絵画的・音楽的]
 『アデル、ブルーは熱い色』を渋谷ル・シネマで見ました。 (1)本作(注1)は、昨年のカンヌ国際映画祭でパルムドールを獲得した作品だと聞いて映画館に出かけました。  本作は、高校生のアデル(アデル・エグザルコプロス)が家を出発し登校するところからはじまりま...... [Read More]

Tracked on April 16, 2014 at 06:32 AM

» 【TIFF_2013】『アデル、ブルーは熱い色』 (2013) / フランス [Nice One!! @goo]
原題: LA VIE D’ADELE CHAPITRES 1 ET 2 / ADELE : CHAPTERS 1 2 監督/脚本: アブデラティフ・ケシシュ 原作: ジュリー・マロ 出演: レア・セドゥ 、アデル・エグザルコプロス 、サリム・ケシュシュ 、モナ・ワルラヴェン 、ジェレミー・ラエルト ...... [Read More]

Tracked on April 17, 2014 at 10:10 AM

» [映画『アデル、ブルーは熱い色』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆・・・昨年のカンヌの栄冠に輝いた作品だそうだ。  わたし好みの、激情のフランス映画っぽくて、そそくさと新宿まで観に行く。  ・・・フランスの、とある女子高生が恋に落ちたのは、なんとレズビアンの女性・・・、その数年に渡る、失恋に至る「青春」の物語。  ...... [Read More]

Tracked on April 22, 2014 at 01:51 AM

» 「アデル、ブルーは熱い色」 [ここなつ映画レビュー]
2013年東京国際映画祭にかかったものの、瞬時にソールドアウトで観る事ができず、カンヌのお墨付きとはいえかなりの問題作なので、公開を今や遅しと待ち兼ねていたのですが、公開されて良かった、良かった。しかし、3時間の長丁場、映画祭のようなハイな雰囲気でなくても鑑賞する事ができるか、それだけが気がかりでした。確かに長かった。でも、アデルの日常をきちんと描写する事で、その成長や感情の動きが染み渡るように判り、必要な長さだったと私は思います。少しネタバレを交えて。「女版・ブロークバックマウンテン」なのかな?い... [Read More]

Tracked on April 24, 2014 at 12:37 PM

« 雨中の夕焼け | Main | 『アクト・オブ・キリング』 グロテスクな傑作 »