« 友人の舞台デビュー | Main | 『コーヒーをめぐる冒険』 水晶の夜の記憶 »

March 22, 2014

『ダラス・バイヤーズ・クラブ』 頑迷で進歩的で

Dallas_buyers_club
Dallas Buyers Club(film review)

『ダラス・バイヤーズ・クラブ(原題:Dallas Buyers Club)』の舞台が1985年のテキサスだということを知っておかないと、主人公ロン(マシュー・マコノヒー)の行動がどんなに困難なものだったかが想像しにくい。

1985年というと、アメリカで最初にエイズ患者が報告された4年後。当時、エイズはゲイやドラッグ中毒者といったアンダーグラウンドな世界でのみ発生するもので、感染すれば100パーセント死に至る病として恐れられていた。ゲイではないロンが、自分がかかるはずはないと思い込んでいるのは当然のこと。

80年代半ば、日本でも輸血によって血友病患者に数は少ないがエイズ感染者が出た。当時、週刊誌の編集部にいた僕はエイズ特集を担当することになり、患者に話を聞いたり、自分でエイズ検査を受けてみたりした。でも何をするにもおっかなびっくりで、我ながら腰が引けた誌面になったのは否めない。

一部の世界の特殊な病気という認識が変わるきっかけになったのは、映画にも出てくるロック・ハドソンがエイズにかかったこと。これがきっかけでアメリカのエイズ政策は大きく変わり、治療薬の開発に大きな予算がかけられるようになった。映画でAZT(アジチミジン)という薬が出てくるけれど、これがアメリカで最初に認可された治療薬(映画では当局と製薬会社の癒着が描かれる。どの国でも同じなのか)。でもこの薬が激しい副作用を伴い、患者が苦しみながら死んでいくことがロンの行動を生み出すことになる。

テキサスはアメリカでいちばん保守的な地域だと言われる。テキサス男と言えばマッチョで頑迷固陋、自分たちの価値観に合わないものに強烈に反発する。テキサス州法は自宅や職場への侵入者に銃で発砲するのを「正当防衛」と認めているし、先住民の子供が公立学校に入学するときは強制的に髪を短くされる。妊娠中絶も同性婚ももちろん認められていない。

カウボーイ・ハットにブーツのロンは絵に描いたようなテキサス男。ロンが病院で女装したトランスジェンダーのレイヨン(ジャレッド・レト)にはじめて会ったとき示す嫌悪は、テキサス男あるいは保守的な白人の典型的な反応だろう。トランスジェンダーは今は日本でも市民権を得たけれど、80年代にはテキサス男だけでなく、日本でも似たようなものだった。

ロンはロデオと酒と女とドラッグと博打に生きている。エイズに感染したロンは、はじめそれを認めようとしないけれど、いったん受け入れると図書館で猛烈に勉強しはじめる。AZT以外の薬を認めない当局に抗議し、自らメキシコへ行ってライセンスを取り上げられた医者のもとで、未認可の薬をもらって治療する。元気になったロンはレイヨンを相棒に、エイズ患者を会員にした「バイヤーズ・クラブ」を立ち上げる。未認可の薬を輸入して会員に無料で配布するという形で、法をくぐり抜ける。

ロイは自分で言うように、善意や正義のためでなく商売としてやっている。それは他人のためでなく、金をかせいで病気になる前と同じ楽しい人生を送るため。だから酒も女もドラッグもやめない。欲望に忠実に生きることが、結果として国家と製薬会社の癒着をあぶりだし、ゲイの人々と共に生き、国家の横腹に穴をあけることになる。その欲望全開の生を、マシュー・マコノヒーが体を張って演じている。

アメリカには頑固に保守的でありながら、同時にあっけらかんと進歩的(合理的)であることがときどきあるけれど、ロンはそれを一身に体現している人物。なるほどこういうことなのかと納得した。

マシューはこの映画のために半年間テキサスのマンションに籠もり、83キロから62キロへ21キロ減量したという。最後には視力が落ち、腕立て伏せは5回しかできず、10メートルしか走れなくなった(wikipedia)。映画の最後にロンは自らロデオに挑んで牡牛の背に乗るけれど、ロンにとってだけでなく、減量してロンを演ずるマシューにとっても大変な挑戦だったろう。やはり14キロ減量したジャレッド・レトとともに、この2人なくして成り立たない映画だった。

|

« 友人の舞台デビュー | Main | 『コーヒーをめぐる冒険』 水晶の夜の記憶 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/59308827

Listed below are links to weblogs that reference 『ダラス・バイヤーズ・クラブ』 頑迷で進歩的で:

» ダラス・バイヤーズクラブ [映画的・絵画的・音楽的]
 『ダラス・バイヤーズクラブ』を新宿のシネマカリテで見ました。 (1)今度のアカデミー賞の作品賞などにノミネートされた作品というので見に行ってきました(注1)。  本作の舞台は1985年のテキサス州ダラス。  電気技師の主人公ロン(マシュー・マコノヒー)は、ロ...... [Read More]

Tracked on March 22, 2014 at 08:35 PM

» ダラス・バイヤーズクラブ [あーうぃ だにぇっと]
ダラス・バイヤーズクラブ@一ツ橋ホール [Read More]

Tracked on March 22, 2014 at 09:15 PM

» 『ダラス・バイヤーズクラブ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ダラス・バイヤーズクラブ」□監督 ジャン=マルク・ヴァレ □脚本 メリッサ・ウォーラック□キャスト マシュー・マコノヒー、ジャレッド・レトー、ジェニファー・ガーナー ■鑑賞日 3月2日(日)■劇場 ブルグ13■cyazの満足度 ★★★★...... [Read More]

Tracked on March 22, 2014 at 10:48 PM

» ダラス・バイヤーズクラブ/DALLAS BUYERS CLUB [我想一個人映画美的女人blog]
このマコ様がすごい マシュー・マコノヒー&ジャレッド・レト、Wでゴールデングローブ賞ほか多数受賞 アカデミー賞でも、オスカー受賞待ち そのリアルさが大絶賛を浴びて、ここへきて近年最もノッてる俳優と言われるマコ様 HIV陽性と診断されたことをきっ...... [Read More]

Tracked on March 23, 2014 at 12:07 AM

» 反骨~『ダラス・バイヤーズクラブ』 [真紅のthinkingdays]
 Dallas Buyers Club  1985年。テキサス州ダラスでトレイラー暮らしをする電気技師のロン・ウッド ルーフ(マシュー・マコノヒー)は、ロデオと女を愛し、酒とドラッグ漬けのマッ チョなカウボーイ。そんな彼が、HIV陽性、余命30日を告げられる。  エイズがまだ、同性愛者の病気だと信じられていた頃。保守的なアメリカ南部 で、自らも差...... [Read More]

Tracked on March 23, 2014 at 09:00 PM

» 「 ダラス・バイヤーズクラブ 」  DALLAS BUYERS CLUB [俺の明日はどっちだ]
社会の矛盾に一人立ち向かう男、その破天荒な生き方に激しく共感! 舞台は、エイズが主として同性愛者の中で感染が拡大する中、ロック・ハドソンの死がセンセーショナルに報じられ、エイズ患者 = 同性愛者と言う認識が一般的だった1980年代初頭のダラス。 テキサス生ま...... [Read More]

Tracked on March 24, 2014 at 01:37 AM

» 『ダラス・バイヤーズクラブ』のキーワードはこれだ! [映画のブログ]
 油断も隙もありゃしない。  『ダラス・バイヤーズクラブ』には、ほとほとしてやられた。  難病に侵され、余命30日を宣告された男の話だと聞いたから、てっきり涙と感動の余命モノだと思って、舐めていたのだ。  とんでもなかった。  実話に材を取った本作は、学もなければ地位も金もない男が、社会を揺るがす映画だった。  主人公は電気技師のロン・ウッドルーフ。堅気の仕事に就いてるものの、...... [Read More]

Tracked on April 12, 2014 at 05:51 PM

» 映画『ダラス・バイヤーズクラブ』を観て〜アカデミー賞受賞作品 [kintyres Diary 新館]
14-26.ダラス・バイヤーズクラブ■原題:Dallas Buyers Club■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:117分■料金:1,800円■観賞日:3月15日、ヒューマントラストシネマ有楽町(有楽町) □監督:ジャン=マルク・ヴァレ◆マシュー・マコノヒー◆ジャレッド・...... [Read More]

Tracked on April 13, 2014 at 10:34 AM

« 友人の舞台デビュー | Main | 『コーヒーをめぐる冒険』 水晶の夜の記憶 »