« 香港フラワー | Main | 『アメリカン・ハッスル』 えっ、あのジェニファーが »

February 13, 2014

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 アメリカの(悪)夢

Wallstreet
The Wolf of Wall Street(film review)

『ウルフ・オブ・ウォールストリート(原題:The Wolf of Wall Street)』の情報を読んだときいかにもアメリカらしいなと思ったのは、詐欺やマネー・ロンダリングで実刑をくらった原作者ジョーダン・ベルフォートの名前が、そのままレオナルド・ディカプリオの役名になっていること。犯罪者の伝記を実名で映画化するのを許可する当人も、実名でつくるほうも、社会意識がこの国とはずいぶん違うなと思った。そういえば映画のなかで、「どんな宣伝でも悪い宣伝はない」と言ってたっけ。

何年か前、アメリカで貧富の激しい格差に対しウォール街占拠の運動が広がったとき、1%対99%というスローガンが生まれた。1%の富裕層には代々の富豪というケースも多いけれど、年収49億円を誇ったジョーダンは成り上がり。ニューヨークのブロンクスで、会計士という普通の中流家庭に生まれた。1980年代にウォール街の投資銀行に入り、ブローカーの資格を取ったとたんにブラック・マンデーで失職、クイーンズの小さな証券会社に再就職する。そこでジャンク株を詐欺的に売りつける商法で儲けたジョーダンは仲間とガレージの一室に会社をつくり、怪しげな商売でウォール街へとのし上がってゆく。

ジョーダン(ディカプリオ)の武器は言葉。映画の冒頭から、ジョーダン自身のナレーションで(時にカメラを見つめながら)自分の豪華な生活を解説し、その後も180分の上映時間を最後までしゃべりまくる。電話一本で会ったこともない相手を信用させ、何万ドルもの契約を取りつける。客だけでなく仲間のドニー(ジョナ・ヒル)や社員に向かっても、どんなふうにして客から金を引き出すか、まるで新興宗教の教祖のようにしゃべりまくって洗脳し、その気にさせる。かせぎがあれば、オフィスにストリッパーを呼んで乱痴気パーティの日々。

ウォール街に就職したときの最初のボス、マーク(マシュー・マコノヒー。この役も実名)はジョーダンに、この世界で生きぬくのに必要なのはセックスとドラッグだと教える。ジョーダンはその教えを守って朝からドラッグをやり、娼婦とセックスする。パーティに来たナオミ(マーゴット・ロビー)に惚れて、妻と離婚しナオミと再婚する。ロング・アイランドに豪邸を建て、自家用ヘリでニューヨークと行き来する。ロング・アイランドは、去年ディカプリオ主演で公開された『グレート・ギャツビー』の主人公の邸宅もここに設定されていた白人富裕層の住宅地だ。

だからこの映画には言葉と100ドル紙幣とセックスとドラッグが洪水のようにあふれてる。マーティン・スコセッシ監督は短いショット、早口の台詞、ジョーク、四文字語の乱発、セックス・シーン、絶えず流れるアメリカン・ポップスといった要素を総動員して異常なハイテンションの映画に仕立てた。その素材と手法のクレイジーぶりが、この映画の核になっている。

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』はアメリカン・ドリームを巡る映画だ。それが、ポジでもありネガでもあるような。金も学歴もないところから身を起こし、年収49億円にまで登りつめた男。しかしその金は法に触れるやり方でかせいだものだった。スコセッシはそれを賞賛もしないし、断罪もしない。ただジョーダンの成り上がりと転落をふつうの映画からははみ出したハイテンションで見せてくれる。

僕はこの普通じゃないテンションを、アメリカン・ドリームを極端化することでバッド・ドリームとして見せるスコセッシ監督の批評的な目と受け取った。でもジョーダンを断罪する明らかなメッセージが映画にはないから、このテンションを逆に賞賛と受け取る人もいるかもしれない。事実wikipediaを読むと、アメリカでも保守的な観客から「無責任な賛美」「有罪だったことをどう考えるのか」といった声が上がったようだ。

もともとスコセッシ監督の映画には『グッドフェローズ』や『アビエイター』『ギャング・オブ・ニューヨーク』など、主人公に過剰に感情移入せず叙事的に物語るスタイルのものが多い。これもその流れの一本だけど、同時にディカプリオ主演で犯罪者を映画化するに当たって、観客に多様な受け取り方を許すこのスタイルがいいという判断もあったかもしれない。

スコセッシの叙事的なスタイルの映画は当たりはずれが大きいけど、これは当たりの一本。3時間近くをあっという間に駆け抜ける。ディカプリオはブラピと競って原作の映画化権を獲得しただけに、ドラッグでぶっ飛んだヘロヘロからお尻蠟燭セックスまで楽しそうに演じてる。ジョーダンの父役で出るロブ・ライナーは『スタンド・バイ・ミー』の監督。


|

« 香港フラワー | Main | 『アメリカン・ハッスル』 えっ、あのジェニファーが »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/59120914

Listed below are links to weblogs that reference 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 アメリカの(悪)夢:

» マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演『ウルフ・オブ・ウォールストリート(THE WOLF OF WALL STREET)』 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
レオナルド・ディカプリオが実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの回想録をこれまでに幾度となくコンビを組んできたマーティン・スコセッシ監督と映画化した『ウルフ・オブ・ウォールストリート(THE... [Read More]

Tracked on February 13, 2014 at 04:18 PM

» ウルフ・オブ・ウォールストリート [to Heart]
貯金ゼロから 年収49億円 ヤバすぎる人生へ、ようこそ。 原題 THE WOLF OF WALL STREET 製作年度 2013年 上映時間 179分 原作 ジョーダン・ベルフォート『ウルフ・オブ・ウォールストリート』『ウォール街狂乱日記』(早川書房刊) 脚本 テレンス・ウィンター 監督 マー...... [Read More]

Tracked on February 13, 2014 at 07:04 PM

» ウルフ・オブ・ウォールストリート [あーうぃ だにぇっと]
ウルフ・オブ・ウォールストリート@TOHOシネマズ六本木ヒルズ [Read More]

Tracked on February 13, 2014 at 09:15 PM

» 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 [ラムの大通り]
(原題: THE WOLF OF WALL STREET) ----おっ、観てきたばかりの映画。 最近にしては珍しいニャあ。 アカデミー賞がらみだと、 『アメリカン・ハッスル』も『ネブラスカ/ふたつの心をつなぐ旅』もまだなのに…。 「そうなんだよ。 このままだと、 ついつい喋るのを逸し...... [Read More]

Tracked on February 14, 2014 at 10:44 AM

» [映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆う〜む、面白かった。  三時間の上映があっという間。  私たちが、ホリエモンによるフジテレビ買収の時に感じた悪徳を、200倍の規模、魅力的な主人公で楽しませてくれた。  まず、スコセッシがすごい。  『シャッター・アイランド』が厳しい作品だったので、...... [Read More]

Tracked on February 16, 2014 at 09:01 AM

» ウルフ・オブ・ウォールストリート/THE WOLF OF WALL STREET [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click レオナルド・ディカプリオtimes;マーティン・スコセッシ監督5度目のタッグ 欲望と夢を現実に、金(カネ)に変えたジョーダン・ベルフォートの実話を基に描いた ド派手人生エンタテインメント     198...... [Read More]

Tracked on February 17, 2014 at 11:23 PM

» ウルフ・オブ・ウォールストリート [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
ウルフ・オブ・ウォールストリート 13:米 ◆原題:The Wolf of Wall Street ◆監督:マーティン・スコセッシ「ヒューゴの不思議な発明」 ◆主演:レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マーゴット・ロビー、マシュー・マコノヒー、カイル・チャンドラー、ロブ・ライナー、...... [Read More]

Tracked on February 18, 2014 at 09:47 PM

» 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ウルフ・オブ・ウォールストリート」□監督 マーティン・スコセッシ□脚本 テレンス・ウィンター□原作 ジョーダン・ベルフォート□キャスト レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マーゴット・ロビー、マシュー・マコノヒー、   ...... [Read More]

Tracked on February 20, 2014 at 08:38 AM

» ウォール街の狼~『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 [真紅のthinkingdays]
 THE WOLF OF WALL STREET  1987年10月19日、ブラック・マンデー。念願の株式ブローカーとなった初日 にウォール街の洗礼を受け、失職した26歳のジョーダン・ベルフォート(レオナ ルド・ディカプリオ)は、零細の投資センターで再出発する。持ち前の話術と 根性だけで億万長者にのし上がった彼は、時代の寵児としてもてはやされる のだが・...... [Read More]

Tracked on February 22, 2014 at 10:30 PM

» ウルフ・オブ・ウォールストリート [映画的・絵画的・音楽的]
 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作は、レオナルド・ディカプリオが主演で、さらに今度のアカデミー賞において、作品賞、主演男優賞、脚色賞など5部門にノミネートされているとのことなので、映画館に出かけてみました(注1...... [Read More]

Tracked on February 25, 2014 at 09:13 PM

» 「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 狂乱の日々 [はらやんの映画徒然草]
レオナルド・ディカプリオが演じるジョーダン・ベルフォートは株式ブローカーとしてキ [Read More]

Tracked on March 12, 2014 at 11:17 PM

« 香港フラワー | Main | 『アメリカン・ハッスル』 えっ、あのジェニファーが »