« 明けましておめでとうございます | Main | 『永続敗戦論』を読む »

January 06, 2014

『鑑定士と顔のない依頼人』 老人の恋の行方

Photo
The Best Offer(film review)

いやあ、見事に騙されました。しかもその騙され方が意外なかたちなのに驚いた。もちろんどんでん返しのあるミステリーと知っていたから何があるのかと構えてはいたけど、こう来たか。もっとも、その意外さが映画として良かったかどうかは別問題。

僕が騙された理由のひとつは、ジュゼッペ・トルナトーレ監督の過去の作品にある。見ているのは、名作の誉れ高い『ニュー・シネマ・パラダイス』と『マレーナ』『シチリア!シチリア!』くらい。どれも子供の目を通したヒューマンな人間ドラマだった。だから『鑑定士と顔のない依頼人(原題:La Migliore Offerta)』も、ミステリーとはいえ同じテイストだろうと思っていた。

高名な鑑定士ヴァージル(ジェフリー・ラッシュ)が、クレア(シルヴィア・ホークス)と名乗る女から両親が遺した美術品・家具の鑑定を依頼される。ヴァージルは無人の舘で鑑定を始めるが、依頼人のクレアは姿を現わさない。広場恐怖症で人前に出られないクレアをヴァージルは盗み見し、やがて彼を信頼して姿を現わしたクレアはヴァージルと心を通わせるようになる。

人間嫌いで潔癖症の老鑑定士は女性肖像画のコレクターで自宅の隠し部屋に名画(ルノワールの「ジャンヌ・サマリーの肖像」もある)を飾り、描かれた女性にひとり囲まれるのが愉悦。金も名声もある孤独な老人が、精神を病んだ若い女に心を寄せる。二人の愛の行方はどうなるのか。これまでの監督の作品から、どんでん返しは二人の愛をめぐってだろうと予想した。ところが違ったんですね。(このブログはネタバレありです。ネタバレしないと先を語れないので、映画を見る予定の方は読まないほうがよろしいかと)

この映画、愛をめぐるサスペンスでなく、実は泥棒映画だった。泥棒ものはジャンルとして確立していて、古くは『トプカピ』『ピンクパンサー』から最近の『オーシャンズ』シリーズまで、たくさんの映画がある。ほとんどの映画に共通するのは盗む側が主役で、盗むことの痛快さが映画の核になっていること。

ところがこの映画は、最後まで盗まれる鑑定士の側から描かれる。だから盗まれたという結果が提示されるだけで、盗むことの痛快さはまったく描かれない。その代わり見る者に迫ってくるのは、女に騙されたうえコレクションを盗まれた無残な老人の姿。かといってヴァージルとクレアの愛の行方がていねいに描かれているわけではないから(もともとクレアは騙していたわけだし)、すべてを失った鑑定士の心情が見る者に迫ってくることもない。どんでん返しは見事だったけど、やられた! という爽快感は薄いし、一方、人間ドラマとしても深みに欠けたような気がする。

それらしい仕掛けはいろいろある。北イタリアのトリエステでロケされたらしい古びた舘。見たものすべてを記憶する小人の女。舘から発見される機械仕掛け人形の部品と、それを組み立てようとする修理屋。最初はなぜこの役にドナルド・サザーランドなのかと疑うヴァージルの怪しげな相棒。別のものを期待したこちらが悪いんで、そんなミステリアスな雰囲気を楽しめばいい映画なんでしょうね。アメリカ資本が入り、英語圏の役者をそろえたせいか、登場人物が英語を話すのが気になった。

|

« 明けましておめでとうございます | Main | 『永続敗戦論』を読む »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/58884157

Listed below are links to weblogs that reference 『鑑定士と顔のない依頼人』 老人の恋の行方:

» ジュゼッペ・トルナトーレ監督、ジェフリー・ラッシュ主演、エンニオ・モリコーネ音楽『鑑定士と顔のない依頼人(THE BEST OFFER)(La migliore offerta)』 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容(ネタバレ)、台詞、ラストに触れています。ジュゼッペ・トルナトーレ監督によるミステリー『鑑定士と顔のない依頼人(THE BEST OFFER)(La migliore offerta)』出演は [Read More]

Tracked on January 06, 2014 at 07:49 PM

» 鑑定士と顔のない依頼人/ジェフリー・ラッシュ [カノンな日々]
『ニュー・シネマ・パラダイス』のイタリアの巨匠ジュゼッペ・トルナトーレ監督が『英国王のスピーチ』のジェフリー・ラッシュを主演に美術競売人が謎めいた女性からの鑑定依頼に ... [Read More]

Tracked on January 06, 2014 at 09:32 PM

» 真贋~『鑑定士と顔のない依頼人』 [真紅のthinkingdays]
 LA MIGLIORE OFFERTA    THE BEST OFFER  潔癖症で、孤独に生きる美術鑑定士のヴァージル・オールドマン(ジェフリー・ ラッシュ)は、クレアと名乗る女性からの電話を受ける。それは彼女が亡き両親 から相続した広大なヴィラにある、美術品の査定の依頼だった。  のっけから文句ですみません。。この映画、邦題が酷くないですか...... [Read More]

Tracked on January 06, 2014 at 10:48 PM

» 映画:鑑定士と顔のない依頼人 La migliore offerta 予告編が良かっただけに... 失望も大きい。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
ジュゼッペ・トルナトーレ監督(ニュー・シネマ・パラダイス」「海の上のピアニスト」)の新作ミステリー。 予告篇が良くできていたので、期待が大きかった。 これが大幅に裏目に出てしまったかな... 予告篇では「謎」までを提示するが、本編でもその「謎」の提示まで...... [Read More]

Tracked on January 07, 2014 at 02:21 AM

» 『鑑定士と顔のない依頼人』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「鑑定士と顔のない依頼人」 □監督・脚本 ジュゼッペ・トルナトーレ □キャスト ジェフリー・ラッシュ、シルヴィア・フークス、ジム・スタージェス、       ドナルド・サザーランド、フィリップ・ジャクソン ■鑑賞日 12月21日...... [Read More]

Tracked on January 07, 2014 at 08:10 AM

» 鑑定士と顔のない依頼人 /LA MIGLIORE OFFERTA/THE BEST OFFER [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 「ニュー・シネマ・パラダイス」 「海の上のピアニスト」などの ジュゼッペ・トルナトーレ監督最新作はミステリー。 美術品鑑定士であり、有名一流オークションを仕切るオークショニア、 潔癖性で、常に...... [Read More]

Tracked on January 09, 2014 at 12:19 AM

» 「鑑定士と顔のない依頼人」 [ここなつ映画レビュー]
2013年のラストに観た作品がこれでした。「鑑定士と顔のない依頼人」。我ながら良い作品をとっておいたものだと思います。宣伝文句通り。「ジュゼッペ・トルナトーレが仕掛ける極上のミステリー。衝撃のラストを知ると構図は一転する。」とか何とか。めくるめく豪華絢爛なミステリーに酔いしれる内にラストの驚愕で立ち上がれない。微妙にネタバレあります。 一流鑑定士としてのバージル・オドマン(ジェフリー・ラッシュ)は美術品のスペシャリストとしての評価を欲しいままにしており、一流美術品オークションの一流の競り人としても活... [Read More]

Tracked on January 20, 2014 at 01:59 PM

« 明けましておめでとうございます | Main | 『永続敗戦論』を読む »