« 『ゼロ・グラビティ』 新しい体験 | Main | ティル・ブレナーを聞く »

December 21, 2013

三つの写真展

1312201w
3 photo exhibitions

今日は写真展を三つ巡る。

まず「名取洋之助展」(~12月29日、日本橋高島屋)。写真家としての名取とプロデューサー・編集者としての名取、両方の仕事を展示する。彼の作品でいちばん好きなのは「アメリカ」。それがたっぷり展示されている。名取がつくった日本工房の仕事、折本写真帳「日本」の実物を初めて見たのが収穫。戦後の『週刊サン・ニュース』もほぼ全冊、展示されている。

1312202w

その日本工房が発行した対外宣伝グラフ誌『NIPPON』の写真からセレクトした「『日本工房』が見た日本 1930年代」展(~12月25日、半蔵門・JCIIフォトサロン)へ回る。土門拳らの作品。『NIPPON』は数年前に復刻され、ようやく全貌を見られるようになった。

1312203w

昭和の写真から、一転して若い写真家の作品に。「日本の新進作家vol.12 路上から世界を変えていく」展(~14年1月26日、恵比寿・東京都写真美術館)。大森克己、糸崎公朗、鍛冶谷直樹、林ナツミ、津田隆志。「路上」といえばかつてはスナップショットだったけど、いろんな手法で「路上」で作りこんだ写真。林ナツミの浮遊写真はウェブで評判になったことから個展、写真集に結びついた。それぞれに面白いとは思うんだけど、それ以上のものは受け取れなかった。好みが古風なんだろう。


|

« 『ゼロ・グラビティ』 新しい体験 | Main | ティル・ブレナーを聞く »

Comments

名取洋之助展を見に行きました。彼の仕事については、どうしても「NIPPON」と「岩波写真文庫」の二つに集約して認識してしまうのだが、ニューヨークやベルリンの写真も面白いな。それにしても戦前から戦後すぐの時代は、若い世代(名取も終戦時で35歳だ!!!)が広い視野の仕事を任されていたのに驚かされるね。

Posted by: 正 | December 24, 2013 11:05 PM

名取の写真は当時の「報道写真」の典型ですね。木村伊兵衛は自分では「報道写真家」と言っているけれど、そこからはみだしてしまう部分がたくさんある。

この時代は20代で頭角を現わすと、そのまま最前線で大きな仕事をしてますね。写真の分野に限っても、1970年代まではそんな印象があります。

Posted by: | December 26, 2013 12:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 三つの写真展:

« 『ゼロ・グラビティ』 新しい体験 | Main | ティル・ブレナーを聞く »