« 特定秘密保護法案に反対です。 | Main | 山下洋輔NYトリオ結成25年コンサート »

November 29, 2013

『悪の法則』 暴力と性の夢幻劇

The_counselor
The Counselor(film review)

リドリー・スコットの新作『悪の法則(原題:The Counselor)』で僕が注目したのは、リドリー・スコットの映像や豪華な役者たち以上に、脚本が作家コーマック・マッカーシーの手になることだった。

コーマック・マッカーシーは荒廃した未来世界をさすらう親子を描いた『ザ・ロード』やコーエン兄弟の傑作『ノー・カントリー』の原作者だといえば、映画好きならははんと思うだろう。フォークナーのような本格小説からミステリーまで幅広い、現代アメリカ文学を代表する一人だ。僕が好きなのは『チャイルド・オブ・ゴッド』『ブラッド・メリディアン』などの初期作品で、西部開拓期の砂漠やアパラチア山脈の極貧地帯といった暴力が支配する過酷な世界に生きる人間たちの物語だった。

『悪の法則』の舞台はテキサスの砂漠都市エル・パソと、国境のリオ・グランデ河をはさんでメキシコ側にあるシウダー・フアレスだ。シウダー・フアレスは百人以上の若い女性が行方不明になったり、麻薬組織がはびこっていることで知られる危険地帯。ドン・ウィンズロウのミステリー『犬の力』なんかを読むと、南米コロンビアからメキシコ経由でアメリカに持ち込まれる麻薬ルートの主要なひとつであることがわかる。

名はなくただカウンセラーと呼ばれる弁護士(マイケル・ファスビンダー)が、クライアントである麻薬業者ライナー(ハビエル・バルデム)の手引きで、自らも麻薬取引に手を染めようとしている。カウンセラーは恋人のローラ(ペネロペ・クルス)に婚約指輪を贈り、ライナーは愛人のマルキナ(キャメロン・ディアス)にぞっこん惚れこんでいる。男たちの女への愛が、やがて彼らの破滅を招きよせることになる。カウンセラーはブローカーのウェストレー(ブラッド・ピット)に取引の仲介を頼んでいる。

ファスビンダー、バルデム、クルス、ディアス、ピットの登場人物が交わす会話が、いかにもマッカーシーらしい。彼らが「もう選択の余地はない」とか「お腹がすいた」と話すなにげない会話、あるいは目の前の具体的なセックスや死について語り合う会話が、表の意味だけでなくメタ・レベルの哲学問答としての意味も持たされているようなのだ。だからまるで「ハムレット」か「マクベス」のセリフのように感じられる。

しかもそんな隠喩に満ちた会話が交わされる場面には、金とセックスと暴力があふれている。白いシーツのなかでのファスビンダーとクルスのラブシーンは強烈だし、開脚したディアスがフェラーリのフロントグラスに腰を押しつけてバルデムに見せつけるシーンはショッキング(バルデム曰く「あいつは車とセックスしたんだ」)。殺し屋が砂漠の道に鋼鉄のワイアを張り、バイクで突っ走ってきた運び屋の首がヘルメットごと一瞬で吹っ飛ぶシーンには驚く。

国境を越えて麻薬を運ぶ汚水処理車のなかに隠されたドラム缶には、麻薬だけでなく腐敗した死体が意味もなく隠されている(「やつらのジョークだよ」)。バルデムは猛獣のチータを愛玩用に飼っていて、砂漠に放したチータがウサギを狩るのを愛人のディアスが双眼鏡で見ているシーンなんか、この映画全体の比喩でもあるみたいだ。

カウンセラーが金を出した麻薬取引の途中で、何者かによって麻薬が強奪される。麻薬組織はカウンセラーが仕組んだものと考え、カウンセラーばかりかライナーとウェストレーの命も狙いにかかる。実は仕組んだのは……。

マッカーシーの脚本は話の筋をていねいに説明しないから、どうなっているのかわからないところもある。並みのハリウッド映画のようにクライマックスに向けてサスペンスを盛り上げることもしない。でも見る者は多義的な会話と暴力とセックスが織りなすリズムに巻き込まれて最後まで一気に導かれてしまう。

砂漠の風景が、リアルでありながらリアルを越えた彼岸の風景のように感じられる。まるで金と暴力と性にまみれた夢幻劇を見ているような。久しぶりにリドリー・スコットらしさを堪能できた快作だった。チータのタトゥーを入れ、アルマーニに身をつつむキャメロン・ディアスがいいな。


|

« 特定秘密保護法案に反対です。 | Main | 山下洋輔NYトリオ結成25年コンサート »

Comments

『悪の法則』記事
http://blog.goo.ne.jp/rose_chocolat/e/14aa13bc7965758ae82e07b6f9066701

これが1位とは!
素敵です。
やはりこれって、雄弁な作品だと思うんですよね。流れるような言葉少ない会話の中にも主張は溢れていたと思いました。

Posted by: rose_chocolat | January 02, 2014 11:06 AM

これを1位にする人は多分いないだろうなと思いつつ選びました。wikipediaを見るとアメリカでの評判も大多数のつまらないという声と少数の支持らしいですね。

脚本を書いたマッカーシーの小説が好きなせいもありますが、こういう異色の映画が出てくるのがアメリカのすごさだと思いました。うまく言葉にできないもどかしさはあるのですが、誰も過酷な世界に生きている気配が満ち満ちてましたね。

「もらとりあむ」はTBが反映されたようですので、そちらのコメントは削らせていただきました。

Posted by: | January 02, 2014 06:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『悪の法則』 暴力と性の夢幻劇:

» 悪の法則〜カーセックスの本当の意味 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:The Counselor。コーマック・マッカーシー原作、リドリー・スコット監督、マイケル・ファスベンダー、キャメロン・ディアス、ペネロペ・クルス、ハビエル・バルデム ... [Read More]

Tracked on November 29, 2013 02:40 PM

» タイトルデザイン_38(MOMOCO) リドリー・スコット監督『悪の法則(The Counselor)』マイケル・ファスベンダー、ペネロペ・クルス、ハビエル・バルデム、キャメロン・ディアス、ブラッド・ピット [映画雑記・COLOR of CINEMA]
豪華なキャスト、コーマック・マッカーシー初の映画脚本ということで注目を集めたリドリー・スコット監督『悪の法則(The Counselor)』出演はマイケル・ファスベンダー、ペネロペ・クルス、ハビエル・... [Read More]

Tracked on November 29, 2013 07:54 PM

» 悪の法則/マイケル・ファスベンダー [カノンな日々]
鬼才リドリー・スコット監督がテキサスを舞台に危険な裏ビジネスに手を染めてしまった男たちと周囲の人物たちがたどる運命を描いた心理サスペンス・ドラマです。この豪華出演者た ... [Read More]

Tracked on November 29, 2013 10:11 PM

» 悪の法則 /THE COUNSELOR [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click これだけの豪華キャストだけど、話は地味で斬新さもなし。 ペネロペ、キャメロン、ハビエルにブラピ、そしてマイケル・ファスベンダー共演、 リドリー・スコット監督作のクライムサスペンスってことで今...... [Read More]

Tracked on November 30, 2013 12:26 AM

» 『悪の法則』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「悪の法則」 □監督 リドリー・スコット□脚本 コーマック・マッカーシー□キャスト マイケル・ファスベンダー、ペネロペ・クルス、キャメロン・ディアス、       ハビエル・バルデム、ブラッド・ピット■鑑賞日 11月17日(日)...... [Read More]

Tracked on December 01, 2013 03:23 PM

» 「悪の法則」 [Con Gas, Sin Hielo]
宝飾品と下水処理。 邦題を付けるの難しかっただろうなと推測する。ただ、インパクトはともあれ、「法則」という言葉は悪くないと思った。 それは物語自体が定番と言ってしまえばそれまでの展開であったから。欲に目がくらんだ一人の弁護士が陥る悲劇のパターン=法則...... [Read More]

Tracked on December 01, 2013 08:25 PM

» 悪の法則 [映画的・絵画的・音楽的]
 『悪の法則』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作に主役級の俳優が5人も揃って出演するというので興味を掻き立てられ(注1)、映画館に足を運びました。  映画の原題は「Counselor(弁護士)」で、映画の中でも単にカウンセラーと呼ばれる弁護士の男(マイケル・...... [Read More]

Tracked on December 02, 2013 09:08 PM

» カウンセラーの失敗~『悪の法則』 [真紅のthinkingdays]
 THE COUNSELOR  メキシコ国境の町、エル・パソ。若くして成功した弁護士(マイケル・ファスベン ダー)は、恋人ローラ(ペネロペ・クルス)との結婚を考えていた。自らを過信した 彼は、麻薬絡みの危ないビジネスに手を染める。  ↑ いつも感想の冒頭に置く 「あらすじ(のような覚書)」 は、基本的に自分 の記憶に基づいて書いている。しかし...... [Read More]

Tracked on December 03, 2013 09:56 PM

» 悪の法則 : 悪事に手を染めた覚悟無き弁護士の末路 [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 広島カープの大竹投手、FA宣言しちゃいました。彼は、ぬるま湯が性にあっていると思うのですが。監督は代わらないし、中日は強くなりそうだし、二度と優勝できないのかなぁ。ち [Read More]

Tracked on December 13, 2013 09:04 PM

« 特定秘密保護法案に反対です。 | Main | 山下洋輔NYトリオ結成25年コンサート »