« 秩父宮のナイター | Main | 43年ぶりの帰国 »

September 29, 2013

地下鉄巡礼団の1日

1309291w
A Subway Pilgrim Brothers

50年来の友人Iは多才多芸な男で、ちゃんとした企業に勤めながら組織のなかで面白がる術を知っており、仕事だか遊びだか分からないようなことをやったり、リモージュ・コレクションの趣味が高じてサイドビジネスを始めたりしてきた。退職した今も自分の会社を切り盛りして忙しく飛び回っている。

その趣味のひとつが「地下鉄巡礼団」というもので、東京じゅうの地下鉄駅を巡り、駅の階段を参道に見立ててエスカレーターなど使わずにそこを登って近所の神社へお参りする。何のためにとか、どこが面白いの? とか思う方も多かろう。たとえば定年後の散歩趣味ならその後の宴会がつきものだけど、Iは酒を飲まない(この日もお茶とケーキで打ち上げ)。純粋な好奇心と面白がりが彼を駆り立てている。僕はその臨時団員で、なにかあるときだけ声がかかる。

今日は韓国のテレビ局が取材に来るとかでお呼びがかかった。まずは銀座駅の階段を登って銀座の路地裏にある神社をいくつか巡る。ビルの谷間に幅1mほどの公道があり、その途中にビルが建っていて、通行人はほとんどいないけど公道だから通り抜け自由にしなければならず、ドアを開けるとなんと喫茶店のなか、そこを通り抜けてまた公道に出ると稲荷がある。稲荷は商売繁盛の神さんだから夜のお姉さんたちがよく通うそうで、油揚げが供えられていた。かつてのオフィスが近かったので銀座はずいぶん歩いたつもりだけど、ここは知らなかった。広い通りに出たら蕎麦屋のよし田の前だった。銀座の路地裏は面白い。

そこから飯田橋駅へ移動し、大江戸線の地下鉄最長の階段を上がって牛天神へ。取材はロンドン・ニューヨーク・東京・ソウルという4都の地下鉄を特集する番組のためらしいが、Iの数寄者の面白がりがうまく伝わったろうか。


|

« 秩父宮のナイター | Main | 43年ぶりの帰国 »

Comments

 御無沙汰しています。この銀座の公道は、以前「ブラタモリ」で見たことがあります。面白いですね。

Posted by: TO | October 01, 2013 at 11:44 AM

「ブラタモリ」でやってたんですか。町歩きは面白いですね。ところで綿布展は7日夕方にうかがうつもりです。

Posted by: | October 01, 2013 at 10:43 PM

お待ちしてます。久しぶりにお会いできるのを楽しみにしています。

Posted by: TO | October 03, 2013 at 08:44 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/58289184

Listed below are links to weblogs that reference 地下鉄巡礼団の1日:

« 秩父宮のナイター | Main | 43年ぶりの帰国 »