« 『トゥ・ザ・ワンダー』 スタイルの極北 | Main | 田附勝「kuragari」展 »

September 09, 2013

『サイド・エフェクト』 新上流の不安

Sideeffects
Side Effects(film review)

映画監督をやめて絵描きになると宣言したスティーブン・ソダーバーグ監督(宮崎駿同様、「撤回します」と言いそうな気もするけど)の映画が2本かかっている。『マジック・マイク』と『サイド・エフェクト(原題:Side Effects)』。『マジック・マイク』はヒットしてるし楽しめそうな映画ではあるけれど、ミステリー好きとしては『サイド・エフェクト』に足が向いてしまう。日曜の午後、雨とあって新宿シネマカリテは小さな劇場だけど満席。

ソダーバーグ最後の映画になるかもしれない『サイド・エフェクト(副作用)』はニューヨークを舞台にした、薬害にまつわるサイコ・ミステリー。サイコといってもハラハラドキドキでなくソダーバーグらしいクールなサスペンスで、都市に暮らすアッパー・ミドル・クラスの男と女の冷え冷えした人間関係を背景に、怖さがじわっと身にしみてくる。

映画は建物のショットで始まり、建物のショットで終わる。冒頭はマンハッタンの北端、155丁目にある高級コンドミニアム。カメラは建物全体から装飾された壁と窓に静かに近づいてゆく。カメラが室内に入ると部屋から部屋へ血の跡がべっとりついているのは、ミステリー導入部の王道。ラストは逆に鉄格子のはまった窓から建物全体へ、さらに建物の周囲へとカメラが引いてゆく。建物は精神障害治療センター。カメラがさらに引くと、病院の彼方にマンハッタンの高層ビル群が小さく見えている。

病院の建物の入口には「ワーズ・サイキアトリック・センター」と書かれていた。ワーズ島はイースト・リバーの中洲の島で、マンハッタンとクイーンズとブロンクスに囲まれている。グーグルを見ると実際に精神障害治療センターや下水処理場があり他は公園になっている。住宅地域はなさそうで、地下鉄も通っていない。

ワーズ島はかつて個人所有の島だったが19世紀にニューヨーク市の所有になり、墓地や移民のための病院が置かれた。ワーズ島の南にあるルーズベルト島も同様に個人所有からNY市の所有になった島で、ここにも監獄や病院が置かれた。この島にはマンハッタンからロープウェーがあって、僕はこれに乗って島に行ったことがある。ルーズベルト島は今は住宅地として整備されているけれど、かつての監獄跡の建物も残っている。ワーズ島といいルーズベルト島といいイースト・リバーに浮かぶ島は、その歴史からニューヨークという都市内部のいわば隔離された場所だった痕跡をひきずっている。

精神科医のジョナサン(ジュード・ロウ)が、軽い交通事故を起こして病院に搬送されたエミリー(ルーニー・マーラ)を診察し担当医になる。エミリーは、金融マンの夫(チャニング・テイタム)がインサイダー取引で服役中に鬱病を発症していた。バンクスはエミリーの以前の担当医ヴィクトリア(キャサリン・ゼタ-ジョーンズ)と会い、彼女の示唆でアブリクサという新薬を処方する。新薬を処方することで、ジョナサンには製薬会社から報酬が出る。でも新薬には夢遊状態に陥る副作用があり、ある夜、エミリーは夢遊状態で夫を殺してしまう。

裁判で、エミリーの弁護士は薬害による無罪を主張し、処方したジョナサンの責任が問われる。病院から追い出され妻も家を出て窮地に追い込まれたジョナサンは、エミリーの交通事故が自ら仕組んだのではないかと調べ始める……。

ごひいきのキャサリン・ゼタ-ジョーンズはひっつめ髪に黒縁の大きな眼鏡をかけた女医役で、ふくよかな色気を押し隠している。ただの脇役のはずないよなあと思ってたら、どんどん影の主役めいてきて、最後はうーん、そうきたか。ロンドンから来た医者でイギリス英語のジュード・ロウは、ニューヨークの空気になじめない男のとまどいを漂わせる。どこまで病気でどこまで仕組んでいるのか分からないルーニー・マーラーも、ナイーブな女の陰りと魅力が素敵だ。

出てくるのは医者や金融ビジネスに従事する男と女。社会学者チャールズ・マレーが、旧来の富裕層でなく知的労働によって富を得る「新上流」と定義した階層に皆が属している。ここでは成功と失敗は紙一重。小さなスキャンダルひとつで現在の地位と富を失いかねない不安とあせりがミステリーの源になっている。ソダーバーグは彼らに対するクールな批評を、ひとひねりした復讐劇に仕立ててみせた。

最後のシーンで、病院に収監されたエミリーは「調子はどう?」という看護師の問いに「Better. Much better」と答える。字幕がどう訳したか記憶にないけど(「とてもいいわ」だったか「まあまあね」だったか)、いろんなふうに取れる複雑なニュアンスを持っている。エミリーの病が一段と深くなったのか、正気である彼女の絶望の表現なのか。どちらとも取れるけれど、そこからカメラは引いてマンハッタンの風景を無言で映し出す。


|

« 『トゥ・ザ・ワンダー』 スタイルの極北 | Main | 田附勝「kuragari」展 »

Comments

キャサリン・ゼタ-ジョーンズ、ごひいきだったのーsign03ふぅーーん。

Posted by: aya | September 11, 2013 at 07:52 PM

ふぅーーん、ですかcoldsweats01彼女がブレイクした『エントラップメント』以来のファンです。好きなのは『トラフィック』と『ターミナル』かな。

Posted by: | September 12, 2013 at 01:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/58158740

Listed below are links to weblogs that reference 『サイド・エフェクト』 新上流の不安:

» 『サイド・エフェクト』 [ラムの大通り]
(原題:Side Effects) ----この映画って、スティーヴン・ソダーバーグ監督、 最後の劇場映画と言われているんだって? 彼、まだ若くなかった? 「そうだね。 『セックスと嘘とビデオテープ』で カンヌ国際映画祭パルムドールを史上最年少で受賞したのが26歳のとき...... [Read More]

Tracked on September 09, 2013 at 04:11 PM

» サイド・エフェクト [あーうぃ だにぇっと]
サイド・エフェクト@よみうりホール [Read More]

Tracked on September 09, 2013 at 04:15 PM

» スティーブン・ソダーバーグ監督『サイド・エフェクト(Side Effects)』 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容、台詞に触れています。スティーブン・ソダーバーグ監督 (復帰の期待も込めて、一応)最後の劇場公開監督作『サイド・エフェクト(Side Effects)』薬の副作用が招いた殺人事件と、その事件に... [Read More]

Tracked on September 09, 2013 at 05:01 PM

» サイド・エフェクト [to Heart]
原題 SIDE EFFECTS 上映時間 106分 映倫 R15+ 脚本 スコット・Z・バーンズ 監督 スティーヴン・ソダーバーグ 音楽 トーマス・ニューマン 出演 ジュード・ロウ/ルーニー・マーラ/キャサリン・ゼタ=ジョーンズ/チャニング・テイタム うつ病の女性に処方した新薬の副...... [Read More]

Tracked on September 09, 2013 at 05:42 PM

» サイド・エフェクト [★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★]
【SIDE EFFECTS】 2013/09/06公開 アメリカ R15+分監督:スティーヴン・ソダーバーグ出演:ジュード・ロウ、ルーニー・マーラ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、チャニング・テイタム 事件に潜む、もう一つのldquo;副作用(サイド・エフェクト)rdquo; [Story]...... [Read More]

Tracked on September 09, 2013 at 06:20 PM

» サイド・エフェクト [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★【4点】(F) 前半ダレるが蓋を開ければ上質サスペンスだった [Read More]

Tracked on September 09, 2013 at 09:10 PM

» サイド・エフェクト/THE SIDE EFFECTS [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 26歳で撮った「セックスと嘘とビデオテープ」でデビュー、 「エリン・ブロコビッチ」「オーシャンズ11」など多彩な作品、 先日「マジック・マイク」が日本では公開になったばかりのスティーブヴン・ソダ...... [Read More]

Tracked on September 10, 2013 at 12:59 AM

» サイド・エフェクト [風に吹かれて]
報い 公式サイト http://www.side-effects.jp監督: スティーヴン・ソダーバーグ28歳のエミリー(ルーニー・マーラ)の夫マーティン(チャニング・テイタム)は、インサイダー取引の [Read More]

Tracked on September 10, 2013 at 03:42 PM

» 『サイド・エフェクト』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「サイド・エフェクト」□監督 スティーヴン・ソダーバーグ □脚本 スコット・Z・バーンズ□キャスト ジュード・ロウ、ルーニー・マーラ、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、       チャニング・テイタム、ヴィネッサ・ショウ■鑑賞日 ...... [Read More]

Tracked on September 16, 2013 at 07:45 AM

» 『サイド・エフェクト』 シンプル・イズ・ベスト [映画のブログ]
 上手い! 本当に上手いと思う。  まず題名が上手い。  当初予定されていた『The Bitter Pill』も、とても上手い題だ。「The Bitter Pill」は「嫌なこと」を意味するが、「苦い錠剤」という意味もかけている。この題なら、抗うつ薬を巡る医師と患者の物語にピッタリだ。  そんな優れた題を捨てて、最終的に付けたのが『サイド・エフェクト』。「Side Effects」とは...... [Read More]

Tracked on September 19, 2013 at 11:04 PM

» 効果・効能・副作用~『サイド・エフェクト』 [真紅のthinkingdays]
 SIDE EFFECTS  ロンドン出身ながら、NYで精神科医として働くジョナサン・バンクス(ジュー ド・ロウ)は、エミリー・テイラー(ルーニー・マーラ)の担当医となる。やり手の 証券マンだった夫マーティン(チャニング・テイタム)がインサイダー取引の罪 で収監された後、彼女はうつを発症し、夫の出所直後に自殺を図ったのだ。 エミリーの元担当医であ...... [Read More]

Tracked on September 27, 2013 at 07:39 AM

» 薬と嘘と殺人事件 [笑う社会人の生活]
9日のことですが、映画「サイド・エフェクト」を鑑賞しました。 新薬の副作用によって夢遊病となり夫を殺害してしまった女性 薬を与えた主治医の精神科医はその悲劇の裏側に隠された真実を暴こうとするが・・・ 久々に正統派サスペンス、ミステリを見たなぁと 鬱、新薬...... [Read More]

Tracked on September 29, 2013 at 06:10 PM

» 「サイド・エフェクト」 [ここなつ映画レビュー]
完成された作品。見事、と言う他ない。監督スティーヴン・ソダバーグ、50歳にしてこの完成度。しかし、確かに魅惑の光は輝いてはいたけれど、その中には爆発的なエモーションは無かった、と言うべきか。完成し過ぎ、こなれ過ぎ、という感じ。 そう考えると、この作品を劇場公開最後の作品にするとスティーヴン•ソダバーグは表明しているが、それでいいのかもしれない。最も好きな映画監督の一人スティーヴン•ソダバーグの新作がもう観られないという事は悲しいけれど、このままただ完成された作品を淡々と作り続けられてもどう... [Read More]

Tracked on September 30, 2013 at 04:56 PM

« 『トゥ・ザ・ワンダー』 スタイルの極北 | Main | 田附勝「kuragari」展 »