« 『ペーパーボーイ 真夏の引力』 過剰な風土 | Main | 3つの写真展巡り »

August 09, 2013

新古書店の売れ筋

1308081w

ときどき覗く新古書店(ブック・オフでなく個人営業店)のウィンドーにこんなビラが貼られていた。買取価格が高いのは、

百田尚樹「永遠の0」 300円
      「風の中のマリア」 200円
池井戸潤「オレたちバブル入行組」 200円
      「オレたち花のバブル組」 200円
東野圭吾「真夏の方程式」 200円

80~100円で買い取る著者は、上記3人と湊かなえ、山手樹一郎、エラリー・クイーン、司馬遼太郎

新古書店はたいていアイドル写真集やDVD、CDも扱っているから、客層が普通の本屋や古書店に比べて若い。

百田尚樹は新作「海賊と呼ばれた男」が本屋大賞を受賞したためか。池井戸潤のはTVドラマ「半沢直樹」の原作本。東野圭吾のは映画化され公開中。湊かなえも旬の書き手(って、僕は東野以外読んだことがないけど)。エラリー・クイーンはミステリーの王道。司馬遼太郎は世代を超えて読まれてるんだろう。よく分からないのが山手樹一郎。僕らの世代でも山手樹一郎は読んでない。「桃太郎侍」でもあるまいし、なにか僕の知らないきっかけがあるのか、それとも店の特殊事情か(「常連客から山手樹一郎を集めてほしいと頼まれたとか)。

 

|

« 『ペーパーボーイ 真夏の引力』 過剰な風土 | Main | 3つの写真展巡り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/57951142

Listed below are links to weblogs that reference 新古書店の売れ筋:

« 『ペーパーボーイ 真夏の引力』 過剰な風土 | Main | 3つの写真展巡り »