« ムクゲ咲く | Main | 展覧会ふたつ »

June 23, 2013

嶋津健一トリオを聞く

1306231w
Shimazu Kenichi Trio live

久しぶりに嶋津健一トリオを聞く(6月22日、赤坂・Relaxin')。

この日は友人のU夫妻を誘って。Uは高校の同級生で、僕にジャズを教えてくれた”恩人”。高校2年のとき、Uの家に遊びに行ったらオスカー・ピーターソンの「ナイト・トレイン」を聞かせてくれた。それがきっかけで、フォーク少年だった僕はジャズにのめりこむことになった。彼ともうひとりの友人と、授業を抜け出して日暮里のゆうやけ段々(当時はそんな名前はなかったけど)にあったジャズ喫茶「シャルマン」に行ったこともある。Uに教えられて有楽町のジャズ喫茶「ママ」に出入りするようにもなった。

嶋津健一はここ数年「コンポーザーズⅠ・Ⅱ」という2枚のアルバムを出していて、Ⅰではミシェル・ルグラン、Ⅱではジョニー・マンデル、2人の作曲家の曲と自作の曲を半分ずつ演奏している。今夜はジョニー・マンデルの曲から入る。自作の曲を織りまぜながら、ウェイン・ショーター、アントニオ・カルロス・ジョビン、チック・コリア(「私にはめずらしく」とMCしていたが)といったプレイヤーの曲を、ミディアム・テンポやバラードで。後半はリクエストに応えてスタンダードも何曲か。

なかでもジョビンの「ポートレート・イン・ブラック・アンド・ホワイト」は絶品でした。嶋津の得意なバラードで入り、たっぷりソロを聞かせた後、ボサノバに変わる。ライブが終わった後、ジョビンが良かったと伝えたら、あと数曲ジョビンの隠れた名曲を探しだして「コンポーザーズⅢ」をつくろうかな、との答え。期待してしまう。

バックで悠然とした林正男(b)、若くてキレのよい今村健太郎(ds)のサポートも、いつもながらすばらしい。


|

« ムクゲ咲く | Main | 展覧会ふたつ »

Comments

楽しいライブでしたね。家内も十分に楽しんでいました。ジョビンの曲もまったく知らなかったのだが、素材の良さとともに嶋津トリオの上手さが際立っていた。お互いジャズとも長い付き合いだね。

Posted by: 正 | June 26, 2013 at 10:58 PM

ベース2台とやるダブルベース・トリオもいいですよ。今度機会があれば誘います。

Posted by: | June 27, 2013 at 09:53 PM

日暮里のシャルマンは今でも営業していますよ(水、金、土の19時~)今は2階だけ営業しています。

Posted by: コリドラス | December 13, 2013 at 05:08 PM

ありがとうございます。今はバーになっているようですね。前を通ったことはあるんですが、今度のぞいてみます。

Posted by: | December 14, 2013 at 12:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/57649397

Listed below are links to weblogs that reference 嶋津健一トリオを聞く:

« ムクゲ咲く | Main | 展覧会ふたつ »