« 大島渚監督を悼む | Main | 溶ける雪だるま »

January 19, 2013

『LOOPER/ルーパー』 カントリーSF

Looper
Looper(film review)

『LOOPER/ルーパー(原題:LOOPER)』はタイム・トラベルもののSFアクション。このジャンルのヒット作はなんといっても『ターミネーター』だけど、『LOOPER/ルーパー』も、未来から来た殺し屋が未来の指導者になるはずの子供を抹殺しようとする『ターミネーター』の設定を多分ヒントに、さらにひとひねりした設定になってる。そのひねり具合が面白い。

未来(2074年)ではタイム・マシンは非合法化され、犯罪組織のみがマシンを持っている。犯罪組織は証拠を残さず抹殺したい人間をタイム・マシンで現在(2044年)に送り込む。現在にはルーパーと呼ばれる殺し屋がいて、転送された人間を即座に射殺する。ある日、ルーパーのジョー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)に転送されてきたのは30年後の自分、オールド・ジョー(ブルース・ウィリス)だった。オールド・ジョーはジョーの隙をついて逃亡し、ジョーは30年後の自分を追うことになる。オールド・ジョーが逃げたのは、ある子供を殺すためだった……。

これが長編3作目の若手、ライアン・ジョンソン監督は脚本も書いている。追う者と追われる者が同一人物というアイディアを思いついたとき、しめたと思ったんじゃないかな。そこで鍵を握るのが現在と未来のジョーのキャスティング。ジョンソン監督は前作でジョセフ・ゴードン=レヴィットを使っていて、脚本を書くとき、現在のジョーはゴードン=レヴィットに宛て書きしたらしい。その上でオールド・ジョーにブルース・ウィリスを選んだ。

最初、ジョセフ・ゴードン=レヴィットとブルース・ウィリスは似てないじゃないかと思った。多少似てるのは目元くらいで、ジョセフは八の字眉、ブルースはいつも眉間に皺寄せてるし、顔の輪郭も違う。黒い髪をリーゼントふうになでつけたジョセフと、見事に光ってるブルースも対照的だ。でも映画の中ごろで、ジョーの5年後、10年後、20年後が描かれると、特殊メイクで見事にジョセフがブルースになっていく。最初に2人が顔を合わせたとき似てなかったのは計算づくだったのか。

面白かったのは、2044年の現在があまりSFぽくないこと。舞台になるカンザス・シティの町を、例えば『ブレードランナー』みたいにSF的につくりこんでない。車輪のないスクーターが出てくるけど、これもチープな感じ。町が2013年の今とあまり変わらず、でも貧困者が路上にたくさんいて、スクールバスを住まいにしていたりする。未来(2074)の犯罪組織の本部は上海に置かれているし、ルーパーとして大金を稼いだオールド・ジョーも上海で中国人の妻と暮らしている。この設定の背後には、中国が世界の中心になり、アメリカは貧しくなっているという苦い認識があるんだろう。

もうひとつ、へえと思ったのは、中西部のカンザス・シティという都市だけでなく郊外の農業地帯が出てくること。マシンで抹殺すべき人間が送りこまれてくる場所は決まってサトウキビ畑の脇にある。オールド・ジョーが目指すサラ(エミリー・ブラント。ちなみに『ターミネーター』のヒロインもサラだった)の家も農場を営んでいる。ラスト、現在と未来のジョーが対決する場面を含め、重要なシーンがどれもサトウキビ畑を舞台にしている。

これまで、タイム・トラベルものはほとんどといっていいくらい都市を舞台にしていた。それを農村地帯にしたことで、ある種のどかで、あまりSFぽくないテイストの映画になっている。だからこの映画を見て思い浮かべたのは『ターミネーター』や『マトリックス』ではなく、『フィールド・オブ・ドリームス』だった。あの映画はとうもろこし畑だったけど、やはり中西部。予算の問題もあるかもしれないけれど、監督が意識して選んだことだろう。今も昔も未来も変わらないであろう田園地帯の風景に、「現在」のカンザス・シティと「未来」の上海が組み合わされて、一風変わったテイストのSFになっていた。


|

« 大島渚監督を悼む | Main | 溶ける雪だるま »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/56576558

Listed below are links to weblogs that reference 『LOOPER/ルーパー』 カントリーSF:

» 『LOOPER/ルーパー』ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ブルース・ウィリス [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容、重要なプロット、結末に触れています。物語・2044年。未来(2074年)から転送されてくるターゲットを始末する殺し屋のジョーの前に、30年後の自分自身が送られてきたことから始まるスリリングな... [Read More]

Tracked on January 20, 2013 at 01:12 AM

» LOOPER ルーパー / LOOPER [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 今年のトロント映画祭でオープニング上映! ジョセフ・ゴードン=レヴィットとブルース・ウィリスが同一人物ということでも話題 未来からタイムマシンで送られて来るターゲットとなる未来の犯罪者を抹殺...... [Read More]

Tracked on January 20, 2013 at 10:37 AM

» 未来からの刺客~『LOOPER/ルーパー』 [真紅のthinkingdays]
 LOOPER  2044年、アメリカ。そこから30年後の未来ではタイムマシンが開発され、消 したい人物を過去へ 「転送」 する犯罪に悪用されていた。殺人を請け負うの は、「ルーパー」 と呼...... [Read More]

Tracked on January 20, 2013 at 09:52 PM

» ルーパー [映画的・絵画的・音楽的]
 『LOOPER/ルーパー』を渋谷東急で見ました。 (1)評判のSF物ということで映画館に足を運びました。  物語の主人公・ジョー(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)は、30年後の「未来」(2074年)からタイムマシンで送り込まれてくる人物を銃で殺す作業をする「ルーパー」...... [Read More]

Tracked on February 04, 2013 at 10:06 PM

» 映画:「LOOPER/ルーパー」~劇場で [David the smart ass]
タイムトラベルものというだけで見に行きました。 感想は、悪くないです。公式サイトや劇場で見た予告などに、マトリックス以来の衝撃作のようなフレーズを見かけますが、それはどうでしょうか? そんな大...... [Read More]

Tracked on February 05, 2013 at 10:38 AM

» LOOPER タイムパラドックスをこんな風に使うなんて! [労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜]
【=9】 東京では成人式並みに積雪すると言われていたが、たいしたことなかった、よかったよ〜。 ところで今住んでいる部屋には、歩いて行こうと思えば行ける距離に、波乗りが出来るビーチがあり、そして歩いて行けるところにシネコンがある。 駅前にはフィットネスクラ...... [Read More]

Tracked on February 07, 2013 at 11:33 AM

« 大島渚監督を悼む | Main | 溶ける雪だるま »