« コシヒカリの稲刈り | Main | 『みんなで一緒に暮らしたら』 75歳の恋愛映画 »

November 14, 2012

『危険なメソッド』 ダークな世界をクールに

Dangerous_method
A Dangerous Method(film review)

20世紀が生んだ独創的な思想のひとつに精神分析がある。夢判断からその人の精神世界を分析してみせたフロイトと、それを発展させ個人的・集団的無意識世界を探求したユング。小生、2人の本をちょっと覗いた程度の知識しかないけど、人間の心の奥底を探ろうとした当時は新奇な学問が、まだ20世紀を象徴する自動車や近代建築やファッションのない世界から生まれてきたことに、『危険なメソッド』を見て改めて気づいた。

フロイト(ヴィゴ・モーテンセン)とユング(マイケル・ファスベンダー)、2人の巨人の師弟関係と決別。ユングの患者であり、ユングの愛人となり、ユングと別れてフロイトの患者ともなり、後に自らも精神分析医となったザビーナ(キーラ・ナイトレイ)。ザビーナを間に挟んだユングとフロイトの葛藤。また、ユングと妻とザビーナ3人の間の葛藤。そんなドラマがチューリッヒとウィーンの優雅な町を舞台に繰り広げられる。

撮りようによってはどろどろの映画になるだろう。でもデヴィッド・クローネンバーグ監督は、ショッキングな内容をいつもの静謐かつクールな語り口で物語る。しかもクローネンバーグ好みの小道具やシーンがそこここに出てくる。

ザビーナのトラウマが父親から受けた折檻と性的興奮にあることを突きとめたユングが、医師と患者の関係を踏み超えてその関係を再現するショット。ユングが妻を被験者に言語連想の実験をするときの、被験者の汗だか脈拍だかを測る嘘発見器ふう実験器具に寄せる偏愛的な視線。レマン湖に浮かぶヨットのなかでユングとザビーナが寄り添い横になっているのを俯瞰する素晴らしいショット。

もともと『危険なメソッド』は、脚本家・劇作家であるクリストファー・ハンプトンの舞台劇をクリストファーが自ら脚本化しもの。『ザ・トーキング・キュア(談話療法)』という原作の舞台は、フロイト、ユング、ザビーナの3人を中心に大量の心理的・思想的言語が飛び交う言葉の劇だったんじゃないかな。そういう言葉の世界、僕たちもテキストを通してしか知らなかったダークな世界を、美しい風景とヨーロッパの古都、20世紀初頭の、まだ前世紀の雰囲気が残る優雅な世界のなかに置いて映像化してみせるのがクローネンバーグの狙いだったんだろう。


|

« コシヒカリの稲刈り | Main | 『みんなで一緒に暮らしたら』 75歳の恋愛映画 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/56082802

Listed below are links to weblogs that reference 『危険なメソッド』 ダークな世界をクールに:

» 危険なメソッド/キーラ・ナイトレイ [カノンな日々]
デヴィッド・クローネンバーグ監督がクリストファー・ハンプトンの戯曲を映画化した伝記ドラマです。精神分析学者であるジークムント・フロイトとカール・グスタフ・ユングの師弟 ... [Read More]

Tracked on November 14, 2012 at 11:19 AM

» 危険なメソッド /A Dangerous Method/ ア・デンジャラス・メソッド [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click トロント、ロンドン、ヴェベチア映画祭などで上映されて話題になったクローネンバーグの最新作 ちょうどいいタイミングでやってて今回観れると思わなかったので嬉しい クローネンバーグお得意の?精神分析...... [Read More]

Tracked on November 14, 2012 at 11:56 PM

» フロイトとユング、その妻と愛人~『危険なメソッド』 [真紅のthinkingdays]
 A DANGEROUS METHOD  1904年。カール・ユング(マイケル・ファスベンダー)の勤務する病院に、錯乱 した女性患者が運び込まれた。彼女の名はザビーナ(キーラ・ナイトレイ)。ユン グは...... [Read More]

Tracked on November 15, 2012 at 11:27 PM

» 「危険なメソッド」イタくて、スキャンダラスな史実。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
[デヴィッド・クローネンバーグ] ブログ村キーワード  ジークムント・フロイトとカール・グスタフ・ユング、精神医学の世界じゃ非常に名の知れたこのお2人。そんなに…って言うか、全然そちらの分野に詳しくない吾輩でも名前ぐらいは知っているこの2人と、1人の女性のスキャンダラスな関係を描いた舞台劇を、何とあのデヴィッド・クローネンバーグ監督が映画化。「危険なメソッド」(ブロードメディア・スタジオ)。はい、「鍵泥棒…」なんかより、はるかにあぶないメソッドでございました(^^;。    190... [Read More]

Tracked on December 07, 2012 at 09:12 PM

» フロイトとユングと1人の女性 [笑う社会人の生活]
6日のことですが、映画「危険なメソッド」を鑑賞しました。 精神科医ユングとフロイトの出会い、交流、確執・・・ その間に大きな影響を与えた 女性ザビーナ ここまで、本格的にフロイトやユングを描いた作品は なかったと思うし 興味深く見れました。 ザビーナの存在...... [Read More]

Tracked on December 07, 2012 at 11:30 PM

« コシヒカリの稲刈り | Main | 『みんなで一緒に暮らしたら』 75歳の恋愛映画 »