« 鎌倉の墓参 | Main | シネパトスから官邸前へ »

September 06, 2012

『夢売るふたり』 黄金期日本映画のような

Photo
Dreams for Sale(film review)

誘われて、珍しく試写に行った。映画が始まって数分、オープニングの最後に『夢売るふたり』のタイトルが映し出されたとき、思わず「うーん、うまいなあ」とつぶやいてしまった。冒頭、キャストの名とともに、これから始まる物語を分からせるために過去が簡潔に説明され、未来が予感される。

夜明けの築地市場。貫也(阿部サダヲ)が仕入れをし、自転車で帰ってゆく。開店5周年の小料理屋。店は妻の里子(松たか子)と2人で切り盛りし繁盛しているが、不注意から火を出してしまう。燃え上がる店を茫然と見つめる夫と妻。

同時に、同じ朝を迎えている何人かのショットが挿入される。玲子(鈴木砂羽)が不倫相手の上司(香川照之)と路上でキスをして別れ、その直後に上司は車にはねられ、病院で手切れ金を渡される。独身OLの咲月(田中麗奈)があわただしい家族の食卓で空しい表情を見せている。ウェイトリフティング選手のひとみ(江原由夏)が練習に励んでいる。風俗嬢の紀代(安藤玉恵)が商売している。彼女らは、これから貫也の結婚詐欺にきっかけを与え、あるいは引っかかる女たちだ。

オープニングでこれだけの処理をしておいて、さて貫也と里子が結婚詐欺を企むことになる道筋がじっくり描かれる。店の客だった玲子と一夜をすごした貫也が思わぬことから玲子の手切れ金を受け取るのだが、帰宅すると里子に浮気がばれてしまう。熱湯のような風呂に貫也をつけて追及する松たか子の怖いこと! 里子はその出来事をヒントに、店の再建資金をかせぐために結婚詐欺を思いつく。その第一号が、2人が新たに勤め始めた店の客である咲月。黒縁の眼鏡をかけた田中麗奈が、結婚願望にあせるキャリア・ウーマンを演ずる。

玲子、咲月の女性2人との絡みで、騙される女たちの微妙な心理や、騙す貫也の本気とも演技ともつかないそぶり、裏で糸を引く里子の計算と、夫への愛と嫉妬をていねいに描いたことで、見る者はぐいぐい映画に引き込まれてゆく。だからその後の女たちとの物語が、短い描写の積み重ねでも納得がいく。何人もの女を登場させたせいで上映時間は2時間を超えるけど、飽きることはなかった。

偶然に出会った風俗嬢の紀代と、絡んでくる暴力夫(伊勢谷友介)。結婚とは縁遠いウェイトリフティング選手。ハローワークの担当者で小さな息子のいるシングル・マザーの滝子(木村多江)。騙す男と騙される女、騙す夫に嫉妬する妻の三者三様の心理が複雑に絡んでドラマを緊迫させてゆく。

里子が貫也にアドバイスする形で、騙すには自分をそのままさらけだせばいいのよという独白が、貫也が女たちを騙しているシーンにかぶさる。その通り、貫也は自分の情けなさや思いをそのまま女たちにつぶやき、それにほだされて女たちは騙される。でも貫也や貫也を操る里子もまた、さらけだされた思いに傷つき、嫉妬する。嘘が真を引き出してしまう。借りているうらぶれた飲み屋で、里子と貫也は騙しているはずの嘘から真が噴き出すのを意識したぎこちない会話を交わす。

騙しにかかった滝子に本気になったのではないか。そう疑った里子が、帰ってこない貫也を追って滝子のアパートを訪ねるシーンが素晴らしい。町工場と木造アパートが並ぶ下町を、雨の中、赤い傘をさした里子がゆく。カメラはそれを俯瞰で捉えている。雨に濡れて揺れる赤い傘は里子の心そのもののようだ。傘といい、包丁といい、小道具の扱いも行き届いている。まるで良き時代の日本映画の繊細な心理劇、例えば成瀬巳喜男の映画を見ているような気分になる。

結末は、罪を犯す存在であるにしても結局は人間を信頼しているらしい西川美和らしい収め方。『蛇いちご』や『ディア・ドクター』もそうだったけど、映画がベタなリアリズムじゃないと感じられるのは、そんな姿勢の故だろうか。その意味でも、彼女の映画は戦後的なヒューマニズムに裏打ちされた黄金時代の日本映画に似たテイストを持っているように思う。

西川美和は原案・脚本・監督を一人でこなすスタイルにこだわり、資金的にもメジャーな製作会社と組もうとしていない。でも、こういう映画こそ日本映画の真ん中にあってほしい。作家性の強いこじんまりした映画だけでなく、エンタテインメント性と作家性を両立させたスケールの大きな映画をつくってほしい。彼女は物語の面白さや謎をちりばめるエンタテインメント性を、師匠の是枝裕和よりずっと持ち合わせていることだし。西川とともに今後の日本映画を背負ってほしい一人、山下敦弘が、東映と組んで『マイ・バック・ページ』『苦役列車』と苦闘しつつもそれなりのレベルの映画をつくっているように……。

松たか子も阿部サダヲも素晴らしい。特に松たか子は主演女優賞もの。女の優しさと怖さと色気を堪能させてくれた。

|

« 鎌倉の墓参 | Main | シネパトスから官邸前へ »

Comments

どうもです。
そうですね、西川監督の作品をもっと観てみたいです。3年に1本だともったいないですね。

観た直後と、改めて感想を起こしている時と、違う印象が残る作品でした。時間が経過してからの方がいろいろと思うところがあるのかもしれませんね。

Posted by: rose_chocolat | September 08, 2012 at 10:25 AM

西川美和や山下敦弘や内田けんじや園子温ががんがんメジャーな映画をつくるようになったら、当然出来不出来はあるでしょうが、日本映画ももっと面白くなると思うんですが……。メジャーな映画がTVの延長でしかなく、才能ある監督がマイナーな作品しかつくれないのは不幸ですね。

Posted by: 雄 | September 08, 2012 at 03:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/55572441

Listed below are links to weblogs that reference 『夢売るふたり』 黄金期日本映画のような:

» 夢売るふたり [あーうぃ だにぇっと]
夢売るふたり@よみうりホール [Read More]

Tracked on September 06, 2012 at 02:43 PM

» 『夢売るふたり』 (2012) / 日本 [Nice One!! @goo]
監督・脚本・原案: 西川美和 出演: 松たか子 、阿部サダヲ 、田中麗奈 、鈴木砂羽 、安藤玉恵 、江原由夏 、木村多江 、やべきょうすけ 、大堀こういち 、倉科カナ 、伊勢谷友介 、古舘寛治 、小林勝也 、香川照之 、笑福亭鶴瓶 試写会場: アスミッ...... [Read More]

Tracked on September 08, 2012 at 10:20 AM

» 『夢売るふたり』 [ラムの大通り]
※今日、ブログ9年目に突入しました。 ----この映画って西川美和監督の新作だよね。 松たか子、阿部サダヲ主演で 詐欺師夫婦を描いているんでしょ。 「そう。 いま、その演技力が最も買われているふたりが、 同じく、『蛇いちご』で衝撃のデビューを果たして以来、 これま...... [Read More]

Tracked on September 08, 2012 at 12:51 PM

» 女のプライド。『夢売るふたり』 [水曜日のシネマ日記]
結婚詐欺に手を染める夫婦を描いた作品です。 [Read More]

Tracked on September 09, 2012 at 07:06 PM

» 夢売るふたり(2012-115) [単館系]
夢売るふたり MOVIXさいたま 東京の片隅で小料理屋を営む貫也(阿部サダヲ)と妻の里子(松たか子)。 店は小さいながらも順風満帆だったが、火事で全てを失ってしまう。 ある日、貫也が常連客と一夜を...... [Read More]

Tracked on September 11, 2012 at 11:23 PM

» 『夢売るふたり』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「夢売るふたり」□監督・脚本・原案 西川美和□キャスト 松たか子、阿部サダヲ、田中麗奈、鈴木砂羽、木村多江、安藤玉恵、       江原由夏、やべきょうすけ、大堀こういち、倉科カナ、古舘寛治、       小林勝也、伊勢谷...... [Read More]

Tracked on September 12, 2012 at 08:31 AM

» 夢売るふたり [to Heart]
人間最大の謎は、男と女 製作年度 2012年 上映時間 137分 映倫 R15+ 脚本 監督 西川美和 出演 松たか子/阿部サダヲ/田中麗奈/鈴木砂羽/木村多江/伊勢谷友介/古舘寛治/小林勝也/香川照之/笑福亭鶴瓶 『ディア・ドクター』などで高評価を得た西川美和監督がメガホンを...... [Read More]

Tracked on September 12, 2012 at 10:33 PM

» 夫婦善哉~『夢売るふたり』 [真紅のthinkingdays]
 里子(松たか子)と貫也(阿部サダヲ)は、東京のある街で小料理屋を営む仲の 良い夫婦。しかし、火事で店は全焼し、二人は全てを失ってしまう。  『ゆれる』 『ディア・ドクター』 と、評価の高い...... [Read More]

Tracked on September 20, 2012 at 08:21 AM

» 夢売るふたり ★★★★☆ [センタのダイアリー]
久々に見応えのある映画だった。 セリフに説明を求めるのでなく、象徴的な映像から心象を描き、物語を紡ぎだしていく手法は見事で唸らされる。 映画ファンにはたまらない作品に仕上がっていると思う。 貫也は食材の鮮度にこだわりを持ち、気が付けば包丁を研いでいるほどの筋金入りの板前。 その板前にとって命の次に大事な包丁をまな板の上に放りっぱなしにしているのを里子は見てふたりのやっていることから貫也が離れつつあるのを気づいたに違いない。 獲物の女性の実家の工場で作業を手伝っている貫也... [Read More]

Tracked on September 27, 2012 at 05:23 AM

» 「夢売るふたり」感想(簡易版) [流浪の狂人ブログ ~旅路より~]
 「ディア・ドクター」の西川美和監督・脚本・原案。阿部サダヲ・松たか子主演。東京の片隅で、ふとしたきっかけから結婚詐欺をはじめた夫婦の悲喜を描く、クライム(?)ストーリー。... [Read More]

Tracked on September 28, 2012 at 07:16 PM

« 鎌倉の墓参 | Main | シネパトスから官邸前へ »