« シネパトスから官邸前へ | Main | 草間彌生とルイ・ヴィトン »

September 10, 2012

『プンサンケ』 犬の哀しみ

Photo
Poongsan(film review)

『プンサンケ(英題:Poongsan)』は漢字で書くと「豊山犬」、北朝鮮原産の狩猟犬のこと。北朝鮮製の煙草の銘柄でもあり、この映画の名無しの主人公はいつもプンサンケを吸っているので、「プンサンケ」と呼ばれる。豊山犬は一度噛んだら離さないと言われ、それが主人公のキャラクターの暗示にもなっている。

プンサンケ(ユン・ゲサン)は38度線をはさんで韓国と北朝鮮を行き来し、依頼人の望む物や人を届ける闇の配達人。単身バイクに乗り、国境の非武装地帯を突破し、ソウルとピョンヤンを3時間で結ぶ。……なんてこと、どう考えたって不可能。

でも製作・脚本がキム・ギドクと聞けば、なるほどと思う。キム・ギドクの映画はありえない設定や非現実的な物語であることが多く、しかしキム・ギドク独特の強烈な映像と心理描写で見る者を強引に納得させてしまう。その結果の現実とも幻想ともつかない奇妙なリアリティが彼の映画の魅力だ(今日、新作『ピエタ』がヴェネツィア映画祭金獅子賞を取ったというニュースが流れた)。

監督のチョン・ジュホンは『絶対の愛』『ブレス』でキム・ギドクの助監督を務めた男。同様にギドクの助監督だったチャン・フンの『映画は映画だ』もギドクの製作・原案だった。『プンサンケ』と『映画は映画だ』に共通しているのは、ギドクのテイストを残しつつアクション映画として楽しめるエンタテインメントを志向していること。

脱北した北朝鮮高官から情報を引き出すため、韓国情報部の男たちがピョンヤンに住む高官の愛人・イノク(キム・ギュリ)をソウルに連れてくるようプンサンケに依頼する。プンサンケは誰に対しても一言も発しない。イノクを連れ出したプンサンケは、わざと監視兵に発見させたり、裸の全身に泥を塗って湿地に隠れたり、水中で失神させたり、手荒な方法で国境を突破する。プンサンケとイノクは無言のうちに惹かれあうようになる。

韓国情報部の男たちは、プンサンケを利用したあげく抹殺しようとする。亡命した高官を暗殺するため韓国へ潜入している北朝鮮情報部の男たちも、プンサンケを捕えて拷問にかける。プンサンケはどちらの側からも、「お前は北の男か南の男か」と問われる。イノクの死を知ったプンサンケの復讐とは……。

キム・ギドク自身の映画ならアクションではなく愛の物語になっただろう。でも『プンサンケ』では2人の感情が通いあうのは、国境を抜けたあと「プンサンケ」を吸って一服したり、プンサンケがイノクにカメラを向けたりといったシーンで示されるだけで、あっさり処理されている。プンサンケが一言もしゃべらないのも、過去を明かさない正体不明の男であるための設定なのは分かるけど、イノクとの愛に関してはもっと濃密であってほしかった。

そこが十分に描かれていないから、その後のプンサンケと両国情報部がからむ激しいアクションも気が抜けたように感じられる。南北情報部の男たちが、タランティーノ映画のように互いに銃をつきつけあうのも今更といった感じ。

北でなく南でもなく、無名の心だけに反応する闇の配達人の哀しみというプンサンケの造型にメッセージは感じるけど、ラブ・ストーリーとしてもアクション映画としても中途半端になってしまったのが残念だなあ。とはいえ、それなりに楽しめます。

|

« シネパトスから官邸前へ | Main | 草間彌生とルイ・ヴィトン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『プンサンケ』 犬の哀しみ:

« シネパトスから官邸前へ | Main | 草間彌生とルイ・ヴィトン »