« 金曜夜はやっぱり国会前 | Main | 鎌倉の墓参 »

August 29, 2012

『プロメテウス』 リドリー・スコットの叙事詩

Prometheus
Prometheus(film review)

『プロメテウス(原題:Prometheus)』はリドリー・スコット版『2001年 宇宙の旅』であり、同時にシリーズ第5作『エイリアン・ライジング』なんですね。

2本の映画の背後に見えるのは古代ギリシャ。『2001:A Space Odyssey』はタイトルの通り、宇宙船ディスカバリー号の受難と漂白が叙事詩「オデュッセイア」になぞらえられていた。人類発生以前、類人猿の地球に未知の生命体からのメッセージであるモノリスが立っている。2001年、そのモノリスが指さす木星へとディスカバリー号が向かい、旅の途中、未知の生命体によって宇宙船の中央制御コンピューターが狂いはじめる。

一方、プロメテウスはギリシャ神話の神。かつて神々と人間が争った時、神々が人間から奪った天上の火を人間に与えたとされる。人間は神々の子孫だが、人間が悪さばかりしているので、神々は人間と人間に火を与えたプロメテウスを罰した。そんなストーリーがこの映画の背景になっている、と思う。そのギリシャの神々は、映画『プロメテウス』では太陽系の外にある星LV223の「エンジニア(人間を設計した技術者といった意味か)」として現れる。

映画『プロメテウス』も人類発生以前の地球から始まる。古代の地球にやって来たエンジニアが自らの肉体を砕いて自分のDNAを濁流に拡散させる。濁流は海につながり、そこから人類が誕生する。アイスランドで撮影したらしいけど、荒涼とした大地と天地創造を思わせる滝の風景に、冒頭からリドリー・スコットの映像感覚が冴える。エンジニアがギリシャ彫刻を思わせる大理石のような肌を持っているのも、映画がギリシャを指向していることの表れだろう(ギリシャ神話にプラスしてキリスト教のいろんな要素が重なっているようだけど、それはさておき)。

クレジットが終わってプロメテウス号の内部の場面になると、無人の宇宙船内の静寂。これは『2001年 宇宙の旅』だけでなく、もう1本のスペースものの傑作『惑星ソラリス』の冒頭を思わせる。ただひとり、アンドロイドのデヴィッド(マイケル・ファスビンダー)が動いている。アンドロイドのデヴィッドは端正な顔立ち(デビッドがひとりで見ている映画『アラビアのロレンス』のロレンスそっくり)で、機械にもかかわらず幼児のような無垢と悪意を同居させている。ファスビンダーは、デヴィッドの口調は『2001年 宇宙の旅』のコンピューターHALの声を参考にしたと言っている。

プロメテウス号は巨大企業ウェイランド社のもので、科学者のエリザベス(ノオミ・ラパス)やウェイランド社のヴィッカーズ(シャーリーズ・セロン)が乗り組み、エンジニアの星を目指している。実はプロメテウスにはウェイランド社のオーナーで年老いたピーター(ガイ・ピアース)も密かに乗っている。デヴィッドやヴィッカーズは、オーナーの意図に沿って動いているらしい。ピーターの目的はエンジニアと会って不老不死を手に入れることのようだ。不老不死を求める話はギリシャのみならずいろんな神話に登場して、ここでもまた映画は神話的な背景を覗かせる。

プロメテウス号がエンジニアの星に着いてからの展開は、リドリー・スコットの『エイリアン』第1作のリメイクと言ってもいいくらい、その構造はほとんど同じだ。人工的な建造物があり、中に入っていった隊員がエンジニアやエイリアンと遭遇する。第1作でのエイリアンや宇宙船のデザインはスイスのアーチスト、H.R.ギーガーの手になるもので、以後、今にいたるまでこの種のヴィジュアルに大きな影響を与えているけれど、『プロメテウス』もそのデザインを踏襲している。鋼鉄のメカニカルな感触と巨大化した性器のような奇怪な形態。そこにはいつも粘液がまとわりついている。

第1作はホラー映画のスタイルを取って、エイリアンの出現は見る者を恐怖におとしいれた。でも『プロメテウス』ではそんな脅かしの映像やショットのつなぎはあまり使われない。古代文明を思わせるドームや、エンジニアの宇宙船操縦室や、エイリアンの薄気味悪い映像から、恐怖を味わうというより、リドリー独特の美的感覚を楽しむ映画だろう。その意味でもこれはエイリアン・シリーズというより、『2001年 宇宙の旅』に近い。もっとも、リドリーの映画はスタンリー・キューブリックの映画みたいに、隠された意味をあれこれ詮索しても始まらない。巨匠になったリドリーの美しい叙事詩に酔っていれば、それでいいんだと思う。

映画の最後、どのようにエイリアンが誕生したかが明かされる。だから『プロメテウス』は『エイリアン・ライジング』でもあるわけだ。当然、続編があるんだろう。


|

« 金曜夜はやっぱり国会前 | Main | 鎌倉の墓参 »

Comments

こんにちは。
これは時間がなくてまとめ記事にしてしまいました・・・。

>『2001年 宇宙の旅』のコンピューターHAL
そうですそうです。私もそれを連想しました。
デイヴィッドの嫉妬って、HALを思い出させますよね。
ロボットにも心はあるんだという主張です。
続編があったら観に行きたいと思います。エイリアン本体は怖そうだからパスかもだけど(笑)

Posted by: rose_chocolat | September 01, 2012 at 04:58 PM

人間が冷凍睡眠し動くもののない宇宙船のなかで唯一目覚め、すべてをコントロールしている。デヴィッドは人間の形をし、動き回りますが、HALそのものですね。思えば、リドリー・スコットの『ブレードランナー』も、感情と心を持ってしまったレプリカントの話でした。

『エイリアン』(リドリーの第1作)はホラーのスタイルを取っているとはいえ、いかにも彼らしい映像とギーガーの斬新なデザインが素晴らしい作品でした。ホラー嫌い(?)のroseさんにもお勧めします(笑)。

Posted by: 雄 | September 02, 2012 at 06:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/55534285

Listed below are links to weblogs that reference 『プロメテウス』 リドリー・スコットの叙事詩:

» リドリー・スコット監督『プロメテウス』(Prometheus) [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容、シーンに触れています。リドリー・スコット監督による「エイリアン」前日譚(正確には別の時間軸へと続くと思われますが…)『プロメテウス』。出演は考古学者エリザベスに「ミレニアム」シリーズのノオミ... [Read More]

Tracked on August 29, 2012 at 07:42 PM

» プロメテウス (Prometheus) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 リドリー・スコット 主演 ノオミ・ラパス 2012年 アメリカ/イギリス映画 124分 SF 採点★★ 一時期ブームになりましたねぇ、“神々の指紋”。デニケンの焼き直しに過ぎない中身だったとは言え、「古代文明に超文明の痕跡がぁ!それはきっと宇宙人だぁ!“…... [Read More]

Tracked on August 29, 2012 at 08:06 PM

» 『プロメテウス(2D字幕版)』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「プロメテウス」□監督 リドリー・スコット □脚本 ジョン・スパイツ、デイモン・リンデロフ □キャスト ノオミ・ラパス、マイケル・ファスベンダー、ガイ・ピアース、イドリス・エルバ、ローガン・マーシャル=グリーン■鑑賞日 8月1...... [Read More]

Tracked on August 29, 2012 at 09:36 PM

» プロメテウス(3D字幕) / PROMETHEUS [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 人類はどこから来たのか? という、小学生の頃から考えてたような根本的な謎に迫るミステリーを   リドリー・スコットが監督 なんて言われて 決して「エイリアン」の前日譚とは謳ってませんが 確実にソ...... [Read More]

Tracked on August 29, 2012 at 10:39 PM

» 『プロメテウス』 [ラムの大通り]
※カンの鋭い人は注意。 ※ネタバレにはならないようにしましたが 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 (原題:Prometheus) ----これ、リドリー・スコット監督の映画だよね。 “人類誕生の瞬間”って、 ポスターに書いてあるけど 『エイ...... [Read More]

Tracked on August 29, 2012 at 10:58 PM

» 2012年8月 観賞記録 [Nice One!! @goo]
8月1日(水) 『ぼくたちのムッシュ・ラザール』 じわっとした終わり方などはいいですね。声高に主張するフランスの学校の先生の映画ばかり観てきたせいか、 こういう風に全てを観念的に教えてくれる人はとても新鮮に見える。 独自の教え方にこだわる先生は多いけど、あく...... [Read More]

Tracked on September 01, 2012 at 04:59 PM

» プロメテウス [だらだら無気力ブログ!]
あの有名な作品に繋がる一本だったのか・・・。 [Read More]

Tracked on September 02, 2012 at 02:27 PM

» プロメテウス [あーうぃ だにぇっと]
プロメテウス@TOHOシネマズ日劇 [Read More]

Tracked on September 06, 2012 at 03:41 PM

» 「プロメテウス」 [ひきばっちの映画でどうだ!!]
                            「プロメテウス」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 私の大好きなリドリー・スコット監督の作品なので、前々から楽しみにしていた本作。ようやく観ることができました。 3Dは苦手なので2Dでの鑑賞となりました。...... [Read More]

Tracked on September 08, 2012 at 07:59 AM

» これぞ ビジュアリストの本領 [笑う社会人の生活]
24日のことですが、映画「プロメテウス」を鑑賞しました。 IMAX 3Dにて見ました いや〜 久々に大画面で映画館で見るべき 圧倒的 迫力、映像美#8252; まさにIMAX映えするなぁと 3D効果も感じられて ストーリーとしてもミステリアスに謎を維持しつつ グイグイと最...... [Read More]

Tracked on September 19, 2012 at 08:26 AM

» 「プロメテウス」感想(簡易版) [流浪の狂人ブログ ~旅路より~]
 「エイリアン」のリドリー・スコット監督、「ミレニアム ドラゴンタトゥーの女」のノオミ・ラパス主演。人類誕生の鍵が眠るとされる惑星へと調査に訪れた宇宙船プロメテウス号と、そのクルー達に襲い掛かる惨劇を描くSFホラー。... [Read More]

Tracked on September 21, 2012 at 07:27 PM

« 金曜夜はやっぱり国会前 | Main | 鎌倉の墓参 »