« エネルギー政策で政府に物を言う | Main | 金曜夜は国会で »

July 19, 2012

『苦役列車』 おかしみの相乗?

Photo
Kueki Ressha(film review)

西村賢太の小説『苦役列車』から滲み出るおかしみの元は文体にあると思う。戦前の私小説をモデルにした古めかしい文体を、地の文にも会話にも採用している。例えばこんなふうに。

「斯くして、最も手っ取り早い日銭の稼ぎ先を失った貫多は、たちまち次の日より困窮状態に追い込まれる次第と相成った。/飲み食いの方の不如意は無論、買淫どころか煙草銭にさえ事欠く有様となってしまった」

「『畜生。山だしの専門学校生の分際で、いっぱし若者気取りの青春を謳歌しやがって。当然の日常茶飯事ででもあるみてえに、さかりのついた雌学生にさんざロハでブチ込みやがって』」

戦前の古い小説みたいな空気と、身勝手で臆病で嫉妬むきだしのセリフばかり吐く主人公の、時代から取り残された生き方とが妙に親和して、客観的に考えればこんな嫌な奴はいないのに、読んでるうちに親近感を覚えてしまう。

一方、山下敦弘の映画から滲み出るおかしみの元もその文体にある。『リンダ・リンダ・リンダ』でも『松ヶ根乱射事件』でも『天然コケッコー』でも、カットを短く刻まない長回し、風景や人を正面から捉えるカメラ・ポジション、セリフとセリフのあいだの絶妙の間。物語をあれこれ動かすより、ショットやセリフの面白さの積み重ねで映画をつくる。そんなスタイルに貫かれた画面のなかで、ペ・ドゥナや新井浩文や夏帆が生き生き動きまわっていた。

でも映画『苦役列車』は、西村賢太のおかしみと山下敦弘のおかしみが合体して相乗効果を上げたかと言われれば、面白いシーンはそれなりにあるんだけど、うーん、ちょっと残念だったね。

もちろん小説の文体のおかしみがそのまま映画の文体のおかしみに移しかえられる訳はない。そこで山下敦弘が考えたのは、メジャーな映画にふさわしく物語として再構成すること。そのため小説には存在しない康子(前田敦子)を登場させて、貫多(森山未來)と康子の青春ストーリーを脇の主題にしようとしたと思う。でもそんなふうに物語的要素を増やしたために、『マイ・バック・ページ』に続いて山下敦弘本来のスタイルはずいぶんと弱くなったなあ。

大手製作会社の映画の作り手として当然の変貌だろうけど、かつては川島雄三も加藤泰も深作欣二も5社体制のなかで個性あふれる作品をつくっていたわけだから、山下は自分のスタイルをこれからどうつくってゆくのか。彼の映画を見つづけたい。

その代わりに山下が力を入れたのは、舞台になる1980年代の東京、真っ盛りのバブルから取り残された場末の町や風俗街のリアリティ。代田橋や大泉、八王子、土浦あたりでロケし、さらにデジタルでなくスーパー16ミリのフィルムで撮影しているから粒子が荒れ、その効果は出てるけど、そのために映画全体がリアリズムになった。原作は実体験を基にした私小説ではあるけれど、必ずしも三人称のリアリズムではなく、むしろ貫多の目から見られた歪んだ一人称に近い。

当時のバブルの雰囲気は、貫多がバイト先で知り合う専門学校生の正二(高良健吾)とガールフレンドに象徴させている。それ以上に背景を描けば社会的視点が入ってきてしまうから、そうしなかったのはいかにも山下らしいけど。

最後、貫多がアパートのごみ溜めに上空から降ってくるのは、『マグノリア』で最後に蛙が降ってくるのを思い出した。でも、あのシュールな終わり方と違って、最後は大家に家賃を催促されておかしみのあるリアリズムで終わる。このラスト、好きだなあ。

|

« エネルギー政策で政府に物を言う | Main | 金曜夜は国会で »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/55223910

Listed below are links to weblogs that reference 『苦役列車』 おかしみの相乗?:

» 映画「苦役列車」原作を60%くらい薄めた作品 [soramove]
「苦役列車」★★★☆ 森山未來、高良健吾、前田敦子出演 山下敦弘監督、 113分、2012年7月14日公開 2012,日本,東映 (原題/原作:Les Neiges du Kilimandjaro ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 第144回芥川賞を受賞した西村賢太の 「苦役列車」の映画化 「原作を読んいるから主演の森... [Read More]

Tracked on July 19, 2012 at 01:18 PM

» 苦役列車 [LOVE Cinemas 調布]
第144回芥川賞を受賞した西村賢太の私小説を『マイ・バック・ページ』の山下敦弘監督が映画化。中卒で日雇い仕事でその日暮らし、金が入ると酒と風俗に全て消えて行くというどうしようもない青年の恋と友情を描いている。主演は『モテキ』の森山未來。共演に『軽蔑』の高良健吾、AKB48の前田敦子、マキタスポーツ、田口トモロヲが出演している。... [Read More]

Tracked on July 19, 2012 at 01:51 PM

» 『苦役列車』 [ラムの大通り]
----この映画、原作は芥川賞受賞だけど、 かなりエグイ内容だよね。 見るからに不潔そうなんだけど…。 「うん。でも作っちゃった。 この映画は、映画とは何かをあらゆる方向から 考えさせてくれる ぼくにとっては刺激的な作品だったね」 ----あらゆる方向からって? 「 そ...... [Read More]

Tracked on July 19, 2012 at 02:40 PM

» 映画「苦役列車」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「苦役列車」観に行ってきました。第144回芥川賞を受賞した西村賢太の同名私小説を実写映画化した作品。映画のタイトルに反して、作中に列車の類は一切出てきません(苦笑)... [Read More]

Tracked on July 19, 2012 at 11:39 PM

» 苦役列車 [あーうぃ だにぇっと]
苦役列車@東映第一試写室 [Read More]

Tracked on July 21, 2012 at 09:49 AM

» 『苦役列車』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「苦役列車」□監督 山下敦弘 □脚本 いまおかしんじ□原作 西村賢太 □キャスト 森山未來、高良健吾、前田敦子、田口トモロヲ、マキタスポーツ■鑑賞日 7月16日(月)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★ (5★満点、☆は0.5)<感想...... [Read More]

Tracked on July 23, 2012 at 12:16 PM

» 俺はわるくない/Trash ~『苦役列車』 [真紅のthinkingdays]
 19歳の北町貫多(森山未來)は、父親の犯した性犯罪のために一家離散、中卒 以来日雇い人足で生計を立てる孤独な青年。読書が唯一の趣味で、古書店でア ルバイトする女子大生・康子(前田敦子)に憧れを...... [Read More]

Tracked on July 24, 2012 at 11:23 AM

» 苦役列車(2012-097) [単館系]
苦役列車 渋谷TOEI 1980年代後半。19歳の北町貫多(森山未來)は日雇い労働で得た金を酒に使い果たし、 家賃も払えない生活を送っていた。 他人を避けながら孤独に暮らす貫多だったが、職場で専門学校生...... [Read More]

Tracked on July 25, 2012 at 11:24 PM

» 苦役列車 [映画的・絵画的・音楽的]
 『苦役列車』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)本作は、私小説作家・西村賢太氏の芥川賞受賞作(2010年)を映画化したものです。  19歳の主人公・北町貫多(森山未來)は、父親が性犯罪を犯したことから故郷にいられなくなり、東京に出てきて日雇い労働者として働いてい...... [Read More]

Tracked on July 26, 2012 at 04:37 AM

« エネルギー政策で政府に物を言う | Main | 金曜夜は国会で »