« 乳頭温泉巡り 鶴の湯から休暇村まで | Main | 『別離』 二組の家族 »

May 21, 2012

乳頭温泉巡り 白岩焼

12051712w
Shiraiwayaki pottery

乳頭温泉郷からの帰り、5時間ほど空いていたのでバスで角館へ回る。角館には何度か行っているけど、10年前に行ったとき、以前のきちんとした暮らしのある町の風情がなくなり東映映画村みたいになっているのを見てがっかりした。だから町歩きはそこそこに、白岩焼の窯元へ。

白岩焼は江戸時代に始められ、秋田藩主への献上品から日用雑器まで多様な陶器で繁栄したが、幕末から明治に衰退して途絶えた。復興したのは戦後で、訪れた和兵衛窯はかつての窯元の血縁が1992年に開窯した。

白岩焼の特徴は、肉厚の器と海鼠(なまこ)釉と呼ばれる深い青に灰白色の混じった釉薬。花瓶を求める。


|

« 乳頭温泉巡り 鶴の湯から休暇村まで | Main | 『別離』 二組の家族 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/54765584

Listed below are links to weblogs that reference 乳頭温泉巡り 白岩焼:

« 乳頭温泉巡り 鶴の湯から休暇村まで | Main | 『別離』 二組の家族 »