« 小さな花 | Main | 『裏切りのサーカス』 小説と映画の相似 »

April 30, 2012

柳家小三治を聞きに

1204294w
enjoying rakkugo, traditional comic storytelling

落語はCDやテープで聞くことが多いので、生で聞くのは一昨年の快楽亭ブラック以来。柳家小三治を聞くのは20年ぶりくらいだろうか。でも小三治の評判のまくらを活字化した『まくら』『もひとつ ま・く・ら』(講談社文庫)は、『志ん朝の落語』(ちくま文庫)とともに風呂の友。ぬるい湯に長時間つかりながら楽しむ。

小三治は病気をしてから高座に上る回数が少なくなり、チケットがなかなか手に入らないと聞いている。だから地元でやることを知ってさっそく申し込んだ。1300席もあるホールを満員にするんだからすごい。

今日は『まくら』に収められているような長いまくらはなし。現代人にはわからない噺の中味、「四神剣」の解説や舞台になる料亭が日本橋のどこにあるかをまくらにして、「百川(ももかわ)」。田舎訛りまるだしの百兵衛と、見栄っ張りの河岸の若衆が江戸弁でのこっけいなやりとりが絶品。

仲入り後は「転宅」。浜町河岸、見越しの松に黒塀の粋な家屋に住む元義太夫師匠のお妾さん。そのしたたかな色っぽさとドジな泥棒のやりとりに笑う。

|

« 小さな花 | Main | 『裏切りのサーカス』 小説と映画の相似 »

Comments

御無沙汰しています。小三治、いいですね。
私も4月25日に、福岡での独演会に行きました。落語は全く詳しくないんですが、小三冶に関してだけは別です。幸い福岡では春と秋の年2回、まだ定期的に独演会が開かれています。ここ数年、必ず行くようにしています。
 昨年の春・秋の独演会は、もちろん気持ちの上でもですが、身体的にも辛そうでしたが、今回は体力気力も充実しているようで一安心しました。
 収容4百人強の小さいホールですが、知人(北九州市で小三冶独演会をかって開催した人)の世話で、毎回最前列の席で見ています。真ん中の席だと2、3メートルの位置から細かい顔の動きとかが見てとれて、最高の贅沢です。
 いつまでも元気でいて欲しいですね。

Posted by: TO | May 03, 2012 at 11:27 AM

ご無沙汰しています。お体のほうはいかがでしょう。

私も落語はそんなに深く知っているわけではないのですが、小三治はいいですね。小さなホール、それも最前列で聞けるとは何と贅沢な。私が聞いたのは大きなホールで、しかも中段でしたから、顔の細かな表情までは分かりませんでした。師匠も、「こんなに広いと後ろの人の顔が見えません」と言ってました。

晩年の志ん朝を何度か聞こうと思いつつ、聞きそびれてしまいました。こんなこと言ってはナンですが、演者もわれわれもいつまで元気か分からないので、聞けるときに聞いて後悔のないようにしたいですね。もっとも、大宮で夏にも独演会があるのを知り、その場で電話を入れましたが、完売です、と言われてしまいました。

Posted by: 雄 | May 03, 2012 at 04:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/54585842

Listed below are links to weblogs that reference 柳家小三治を聞きに:

« 小さな花 | Main | 『裏切りのサーカス』 小説と映画の相似 »