« ボケと海棠 | Main | 『キリング・フィールズ 失踪地帯』 湿地の死体 »

April 18, 2012

『ドライヴ』 日本映画の匂い?

Drive
Drive(film review)

『ドライヴ(原題:Drive)』の寡黙な一匹狼の主人公を見ながら、ありえない感想が頭をよぎった。これってまさか『遊侠一匹 沓掛時次郎』のアメリカ版リメイクじゃないよなあ。

『遊侠一匹』は長谷川伸の原作を加藤泰監督が中村錦之助主演で映画化した股旅ものの傑作だ。流れ者。寡黙で、しかし武器を取ったら凄みのある使い手。殺して(死なせて)しまった男の、子連れの妻へのひたむきな愛。抑制と爆発。闇の豊かな情感。物語の設定も主人公の造型も映画の雰囲気も、2本の映画はとてもよく似てる、と思った。

クエンティン・タランティーノが日本の任侠・ヤクザ映画に入れ込んだのは有名な話だけど、デンマーク出身のニコラス・ウィンディング・レフン監督が股旅映画まで見ているとは思えない。もう少しあるうる可能性としては、この主人公の造型にはジャン・ピエール=メルヴィル監督のフィルム・ノワールの影があり、メルヴィルにはアラン・ドロンが寡黙な暗殺者に扮した『サムライ(Lu Samourai)』があることから分かるように日本映画への興味があり、それが間接的に『ドライヴ』に流れ込んで、どこか日本映画と共通の匂いをもつ作品になったという仮説。ほとんど冗談だけど。

昼は映画のスタント・ドライバー。夜は強盗の逃亡を請け負う闇のドライバー。主人公が名前を持たず単に「ドライバー」(ライアン・ゴズリング)と呼ばれるのは、ダシール・ハメットの名無し探偵「コンティネンタル・オプ」以来のハードボイルドの伝統を背負っているということだろうか。

主人公の「ドライバー」が映画のスタント・ドライバーで、その腕に投資するマフィアが元映画プロデューサーという設定からも窺われるように、この映画にはさまざまな映画的記憶が散りばめられている。そもそも犯罪者の逃亡を請け負うドライバーという設定自体、1970年代にライアン・オニールが主演した『ザ・ドライバー』とまったく同じだし、ウィンドーの外に広がる夜の都会の艶やかな風景は、ロサンゼルスとニューヨークの差はあれ『タクシー・ドライバー』のテイストによく似てる。VFXを使わない(ように見える)カーチェイスはスティーブ・マックイーンの『ブリット』以来のカーチェイス映画へのオマージュだろう。

それまでクールで抑制の効いた優男の主人公が、エレベーターで彼を狙う男を殺すところからいきなりサディスティックな暴力男に豹変するのは、リアリズムの観点からは納得がいかないけど、わざとB級映画のテイストにしてるのかもしれない。「ドライバー」がいつもサソリの刺繍の入ったブルゾンを着ているのも、マフィアを演ずる怪優ロン・パールマンの起用もそう。

いろんな意味で映画好きの心をくすぐる小粋な映画でしたね。こういう面白い小品にぶつかるのが、映画を見る楽しみのひとつ。だから、ハズレ覚悟でいろんな映画に手を出してしまう。ヒロインのキャリー・マリガンのくしゃっとした笑顔がかわいい。


|

« ボケと海棠 | Main | 『キリング・フィールズ 失踪地帯』 湿地の死体 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/54449484

Listed below are links to weblogs that reference 『ドライヴ』 日本映画の匂い?:

» 『ドライヴ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ドライヴ」□監督 ニコラス・ウィンディング・レフン □脚本 ホセイン・アミニ □原作 ジェームズ・サリス■鑑賞日 3月31日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> これはちょっぴり予告編に騙さ...... [Read More]

Tracked on April 18, 2012 at 12:11 PM

» ドライヴ / DRIVE [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 今月は、春のジュード祭りとライアン・ゴズリング祭り開催中 二人の出演作が2本も公開。ってことで 31日に公開になる本作、一足早く Twitter映画鑑賞記録サイトcocoさんのご招待試写にて鑑賞。 昼は車の...... [Read More]

Tracked on April 18, 2012 at 08:24 PM

» 『ドライヴ』 (2011) / アメリカ [Nice One!! @goo]
原題: DRIVE 監督: ニコラス・ウィンディング・レフン 出演: ライアン・ゴズリング 、キャリー・マリガン 、ブライアン・クランストン 、クリスティーナ・ヘンドリックス 、ロン・パールマン 試写会場: なかのZEROホール [2012年3月31日公開] 公式サイ...... [Read More]

Tracked on April 18, 2012 at 09:59 PM

» ドライヴ/Drive [LOVE Cinemas 調布]
表の顔はスタントマン、裏の顔は逃がし屋という凄腕ドライバーが、偶然知り合った女性を愛してしまったが故に思わぬトラブルに巻き込まれてゆく姿を描いたクライムアクション。主演は『ブルーバレンタイン』のライアン・ゴズリング。共演は『SHAME』のキャリー・マリガンが出演している。監督は本作で第64回カンヌ国際映画祭監督賞を受賞したニコラス・ウィンディング・レフン。... [Read More]

Tracked on April 19, 2012 at 12:05 AM

» 『ドライブ』 [Rabiovsky計画]
『ドライブ』公式サイト イオンモール広島府中 監督:ニコラス・ウィンディング・レフン 出演:ライアン・ゴズリング、キャリー・マリガン、ブライアン・クランストン ... [Read More]

Tracked on April 19, 2012 at 01:44 AM

» 『ドライヴ』 [ラムの大通り]
(原題:Drive) 「たまに使う言葉を使わせてもらうけど、 これはほんとうの“拾いもの”。 いまのアメリカ映画にこんなアクションが作れるとは…!? 途中で、もしかしてこれオリジナルは韓国映画?なんて考えが 頭をよぎったほど…」 ----それはまた過激な言い方だニャあ...... [Read More]

Tracked on April 19, 2012 at 09:51 PM

» リアル・ヒーロー~『ドライヴ』 [真紅のthinkingdays]
 DRIVE  A real human being and a real hero  「10万の通りを持つ街」、ロサンゼルス。自動車修理工場で働く謎めいた男 (ライアン・ゴズリング)は、抜群のドライビング・テクニッ...... [Read More]

Tracked on April 20, 2012 at 09:25 AM

» 映画:ドライブ Drive  L.A.を舞台に 旬のゴズリングがキメる、非常にクールなフィルムノワール。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
旬の男、ライアン・ゴズリングが主演の フィルムノワール。 L.A.を舞台に、タイトル通り Drive することに才能がある主人公を演じる。 プロットとしてはたいしたことがない犯罪もの(はっきり言って) のだが、全くそう感じさせない 非常にクールな描写。 ひとつひとつ...... [Read More]

Tracked on April 21, 2012 at 09:23 PM

» 映画「ドライヴ」寡黙な男の最後の決心、まさにクール! [soramove]
「ドライヴ」★★★★ ライアン・ゴズリング、キャリー・マリガン、 ブライアン・クランストン、 クリスティナ・ヘンドリックス、ロン・パールマン、 オスカー・アイザック、アルバート・ブルックス出演 ニコラス・ウィンディング・レフン監督、 100分、2012年3月31日公開 2011,アメリカ,クロックワークス (原題:Drive) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブ... [Read More]

Tracked on April 22, 2012 at 10:41 AM

» 『ドライヴ』〜名もなき鬼蠍〜 [Swing des Spoutniks]
『ドライヴ』公式サイト監督:ニコラス・ウィンディング・レフン出演:ライアン・ゴズリング キャリー・マリガン ブライアン・クランストンほか【あらすじ】(goo映画より)天才 ... [Read More]

Tracked on April 30, 2012 at 07:37 PM

» ■映画『ドライヴ』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
デンマーク出身のニコラス・ウィンディング・レフン監督による映画『ドライヴ』。 第64回カンヌ国際映画祭監督賞を受賞した本作、なんとも不思議な味わいで、各国の映画通から熱狂的な支持を得ています。 ライアン・ゴズリング演じる寡黙で何を考えているのかわからないドライ... [Read More]

Tracked on April 30, 2012 at 11:04 PM

« ボケと海棠 | Main | 『キリング・フィールズ 失踪地帯』 湿地の死体 »