« 『ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』 | Main | 『アリラン』 再生の「アクション!」 »

March 11, 2012

3.11 4つの写真展

1203111w
photo exhibitions of Tsunami and the Fukushima accident

あれから1年の時間がすぎて、3.11についての写真展がいくつも開かれている。

石川直樹「やがてわたしがいる場所にも草が生い茂る」(2月29~3月6日。銀座ニコンサロン)。石川は津波の直後に八戸に入り、三陸海岸を宮古まで車を走らせた。僕も11月に訪れたことのある田老(宮古市)が主に撮影されている。まだ田老の被害が新聞・テレビで報道されていなかった時期の、救援や復興にまったく手がつけられていない風景。ただ見つめるしかない。

1203112w

笹岡啓子「Difference3.11」(~3月20日。銀座ニコンサロン)。三陸海岸と福島県阿武隈山地で撮影されている。瓦礫に埋もれた「異様な風景」と、目に見えない放射性物質を見ようとするように凝視される「なにもない風景」。

長倉洋海「子どもたちの元気便 ─震災からの出発」(~3月22日。新宿・コニカミノルタプラザ)。被災地に生きる子どもたちの笑顔が素晴らしい。

瀬戸正人「Cesium-Fukushima」(~3月11日。新宿・Place M)。こちらも見えないセシウムをあぶりだすように、ネガポジが反転された山林の風景。


|

« 『ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』 | Main | 『アリラン』 再生の「アクション!」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 3.11 4つの写真展:

« 『ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』 | Main | 『アリラン』 再生の「アクション!」 »