« 脱原発世界会議 | Main | 箱根の雪 »

January 19, 2012

『ヒミズ』 殴る張る映画

Photo
Himizu(film review)

才能あふれてるけど作品に出来不出来の落差が大きいアーティストって、よくいるよね。小説家でいえば村上龍なんかそうだけど、園子温もひょっとしたら同じタイプかもしれない。傑作『冷たい熱帯魚』を見た後、『恋の罪』『ヒミズ』という出来損ないの作品を立て続けに見て、そう思った。2本とも退屈しないし、部分的にはすごく面白い。でも見る者を虚構の宇宙に引きずりこむ全体の完成度は、明らかに欠けている。

『ヒミズ』で作品をドライブさせる力になっているのは暴力、とりわけコブシで殴る、平手で張る、といった人間のいちばん原始的な暴力だ。祐一(染谷将太)と景子(二階堂ふみ)がコブシで殴る殴られる、平手で頬を張る張られるたびに、物語がコトリと動いていく。園子温の映画はストーリー展開も描写も過剰さが命だけど、登場人物たちは実によく殴ったり張ったりしている。まるでコブシや平手でもって相手とコミュニケーションしているみたいだ。祐一と景子が五七五で言葉をつなげながら詰まった相手を張るゲームは、明らかにそのようなものとしてある。

映画の背景になっている東日本大震災。津波で家を失った人々が、人と人のつながりをなくして祐一のボート場の周りにホームレスとして暮らしている。祐一の家庭も景子の家庭も崩壊し、親子関係すら断絶しているなかで、スクリーンを見ている観客も共有する殴り殴られる痛さ、張り張られる痛さだけが唯一信じられる人と人のつながりだと園子温は言っているみたいだ。

ただ、コブシや平手の痛さの向こうに見えてくるはずの物語は、僕にはどうにも腑に落ちないものだった。家庭崩壊した祐一の「普通」願望→父親の帰還・祐一への暴力→父親への逆転した暴力と死→「おまけ人生」の「悪人」探しと殺意→景子の愛による再生という展開が、原作のマンガがどうなっているのか知らないけど、僕にはどうも突き刺さってこない。

冒頭、教室で教師が「みんなオンリーワン」とSMAPみたいなセリフを叫ぶのを祐一と景子は冷たく見ていた。最後に自首を決め(社会のルールに従うことを決め)た後、2人が土手を走りながら叫ぶ「頑張れ、住田!」は、暴力と死の地獄めぐりをした挙句にもう一度「普通」に回帰したということかもしれないけど、60年以上生きてきたすれっからしの人間には、その熱が映画として空回りしているようにしか感じられなかった。たとえそこに東日本大震災の映像がかぶってきても。

とはいえ東日本大震災を、多分製作の途中で急遽映画に取り入れたことは評価したい。映画はフィクションだけど、フィクションを通して現実と相渉る。一面の瓦礫のなかを登場人物がさまようショットは、ちゃんとフィクションとして成り立っていた、と思う。ドキュメンタリーを別にすれば、東日本大震災をフィクションに取り入れた最初の映画として記憶に残るだろう。

ヴェネツィア映画祭で新人俳優賞を取った主役の2人を囲んで、園子温組ともいうべき面々(おまけに吉高由里子や鈴木杏まで)が次々に出てくるのを見ているだけでも飽きない。キム・ギドク『魚と寝る女』にインスパイアされたような貸しボート場の風景も風俗映画の味わいがあっていいな。


|

« 脱原発世界会議 | Main | 箱根の雪 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/53767874

Listed below are links to weblogs that reference 『ヒミズ』 殴る張る映画:

» 『ヒミズ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ヒミズ」□監督・脚本 園 子温 □原作 古谷 実□キャスト 染谷将太、二階堂ふみ、渡辺 哲、吹越満、神楽坂恵、光石 研、       渡辺真起子、黒沢あすか、でんでん、村上 淳鑑賞日 1月14日(土 )■劇場 TOHOシネマズ川崎■cya...... [Read More]

Tracked on January 19, 2012 at 08:11 PM

» ヒミズ  [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてねlarr;please click 原作は「行け!稲中卓球部」で人気を獲得した漫画家・古谷実が、2001年から2003年にかけヤングマガジン誌上で連載し、ldquo;終わりなき日常rdquo;を生きる若者の閉塞感を容赦なく描ききった超問題作、 ふ...... [Read More]

Tracked on January 19, 2012 at 09:18 PM

» ヒミズ  監督/ 園 子温 [西京極 紫の館]
【出演】  染谷 将太  二階堂 ふみ  渡辺 哲  光石 研 【ストーリー】 15歳の少年・住田祐一は、実家の貸しボート屋に集まる、震災で家を失くした夜野さん、田村さんたちと平凡な日常を送っていた。住田のクラスメイトの茶沢景子は、大人びた雰囲気の住田が好きで...... [Read More]

Tracked on January 19, 2012 at 09:24 PM

» ヒミズ [LOVE Cinemas 調布]
『愛のむきだし』、『冷たい熱帯魚』、『恋の罪』と問題作を世に送り出している鬼才・園子温監督が古谷実原作の人気漫画を映画化。初の原作ものを送り出してきた。主演は『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』の染谷将太と『指輪をはめたい』の二階堂ふみ。2人はベネチア国際映画祭で最優秀新人賞の同時受賞という快挙を成し遂げた。共演にはでんでん、渡辺哲、窪塚洋介らが出演している。... [Read More]

Tracked on January 19, 2012 at 11:43 PM

» 『ヒミズ』 (2011) / 日本 [Nice One!! @goo]
監督・脚本: 園子温 原作: 古谷実 出演: 染谷将太 、二階堂ふみ 、渡辺哲 、吹越満 、神楽坂恵 、光石研 、渡辺真起子 、黒沢あすか 、でんでん 、村上淳 、窪塚洋介 、吉高由里子 、西島隆弘 、鈴木杏 試写会場: 東商ホール 公式サイトはこちら...... [Read More]

Tracked on January 20, 2012 at 12:33 AM

» ヒミズ [心のままに映画の風景]
中学3年生の住田祐一(染谷将太)は、同級生の茶沢景子(二階堂ふみ)に好意を抱かれ、何かと積極的にアプローチされる。 貸ボート屋を営む敷地内には、震災で家を失くした人たちが暮していたが、ある日、...... [Read More]

Tracked on January 20, 2012 at 03:27 PM

» 『ヒミズ』 [ラムの大通り]
----この映画、観る前からかなり期待していた映画だよね。 「うん。でも最初は違ったんだ。 このニュースに触れたのは まだ、園子音監督の前作『恋の罪』が 東電OL殺人事件をモチーフにしたと話題になっていた頃。 いまじゃや、“東電”のトの字も出ないけどね。 ところが...... [Read More]

Tracked on January 21, 2012 at 05:50 PM

» ヒミズ [食はすべての源なり。]
ヒミズ ★★★☆☆(★3つ) 「生きろ」と、君が言った。 主演の二人染谷将太、二階堂ふみが 第68回ヴェネチア映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人賞) 「普通万歳」をモットーに生きる住田祐一は、衝動的に父親を殺してしまったことから、 残りの人生を「オマケ人生」と名付け、悪党を殺そうと決めた。 住田も同級生、茶沢景子も親から「お前なんかいらない。死んでほしい」と言われ続けた15歳。 絶望の果てに彼らがみつけたものとは・・・? すっごい、すっごい楽しみにしていた作品!!! ですが、... [Read More]

Tracked on January 22, 2012 at 08:00 PM

» 映画「ヒミズ」 [ペガサス・ブログ版]
久しぶりの映画鑑賞.作品は「ヒミズ」. 冒頭からいきなりの津波被災地の映像に圧倒される.まだこれだけ生々しい時期に,劇映画のロケとしてよく使ったものだと思う.テレビでは何度も見たような風景だが,やはり映画のスクリーンでは現実感が違う. 全編いたるところに暴力がはめ込まれている.親が子に振るう暴力,「プロ」が人々に振るう暴力.このような暴力にさらされている人は多くはないとは言え,しかし決して少なくもなく,今もこの社会のどこかで呻きあえいでいるのだろう. 2時間9分におよぶ長編だが,最後までスクリーンに... [Read More]

Tracked on January 22, 2012 at 11:54 PM

» 俺にはわかる〜『ヒミズ』 [真紅のthinkingdays]
 15歳、中学三年生の住田(染谷将太)は、震災で家を失った大人たちが集う、 湖の畔の貸しボート屋で暮らしていた。住田のクラスメイト・茶沢(二階堂ふみ) は、「普通最高!」と叫ぶ住田を神格化し、憧...... [Read More]

Tracked on January 23, 2012 at 10:33 AM

» No.298 ヒミズ [気ままな映画生活]
「行け!稲中卓球部」の古谷実が、若者の心の暗部を浮き彫りにしたコミック「ヒミズ」を、「冷たい熱帯魚」「恋の罪」の鬼才・園子温監督が実写映画化。ごく普通に生きることを願 ... [Read More]

Tracked on January 23, 2012 at 04:31 PM

» ヒミズ [A Day In The Life]
劇場にて鑑賞 こちらには来ないとあきらめていた映画だったが、ネットで観ると 近くの劇場でやっていた。 ずっと観たかった映画である。 解説 『恋の罪』などの鬼才園子温が監督を務め、古谷実原作の人気漫画を 映画化した衝撃作。 ごく平凡な15歳の少年と少女... [Read More]

Tracked on January 29, 2012 at 10:42 AM

» 映画「ヒミズ」住田ガンバレ!住田ガンバレ!住田ガンバレ! [soramove]
「ヒミズ」★★★★ 染谷将太、二階堂ふみ、窪塚洋介、 吹越満、でんでん、黒沢あすか出演 園子温監督、 129分、 2012年1月14日公開 日本,ギャガ (原題:古谷実「ヒミズ」 ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← ... [Read More]

Tracked on January 31, 2012 at 07:47 AM

» ヒミズ ひみつやないよ、ヒミズだよ。もぐらのことなんだって。 [労組書記長社労士のブログ]
【=4 -0-】 特に注目していなかったけど友人からのお奨めだったし、主人公の2人がヴェネチア国際映画祭では最優秀新人俳優賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞のW受賞したというのも話題だったので、観ようかなと思いだした。 今日、東京に中途半端な時間に到着して...... [Read More]

Tracked on February 03, 2012 at 10:48 AM

» ヒミズ2011/12/26試写会(2012-004) [単館系]
12/26 ヒミズ試写 一ツ橋ホール 古谷実による漫画で商業誌連載第四弾目の作品である。 今までのギャグマンガ路線から一線を画した作品で、人間のより暗い部分を見せる作品に仕上がっている。 全4巻。 2...... [Read More]

Tracked on February 03, 2012 at 10:02 PM

» ヒミズ [映画的・絵画的・音楽的]
 『ヒミズ』を吉祥寺バウスシアターで見ました。 (1)本作は、昨年、『冷たい熱帯魚』と『恋の罪』で鮮烈な印象を残した園子温監督の作品ですから、やはり大いなる期待を持って映画館に出向きました。  園監督は、このところ随分と短いインターバルで衝撃作を次々に公開...... [Read More]

Tracked on February 08, 2012 at 04:39 AM

« 脱原発世界会議 | Main | 箱根の雪 »