« 雪の朝 | Main | 『J・エドガー』 「強い男」の神話 »

January 26, 2012

『アニマル・キングダム』 無表情の内側

Animal_kingdom
Animal Kingdom(film review)

主人公の少年、17歳のジョシュア(ジェームズ・フレッシュビル)はまるで東映任侠映画の男たちみたいに最初から最後まで感情を表に出さず、言葉も少ない。演じているのが新人だから鶴田浩二や高倉健みたいにはいかないけれど、それでも能面のような無表情のうちにさまざまな思いが渦巻いているのは見てとれる。デヴィッド・ミショッド監督は、ジョシュアが抱くその感情を仁侠映画のようにカタルシスに向かって高め、爆発させるのではなく、見る者にいろんな解釈の余地を与えるエンディングを選んだ。

1980年代オーストラリアのメルボルン。母がドラッグの過剰摂取で死んだジョシュアは、祖母のジャニーン(ジャッキー・ウィーバー)の家に引き取られる。ジャニーンの家には3人の息子がいて、彼らは強盗やドラッグのディーラーをやっている犯罪者一家だった。なかで「ポープ(教皇)」と呼ばれる長男アンドリュー(ベン・メンデルソーン)は家族にも恐れられている。

ポープを演ずるベン・メンデルソーンが、一見してそれらしい悪でなく人の良さそうなのがいいし、息子たちを背後であやつるゴッドマザー役、ジャッキー・ウィーバーの慈愛と冷酷がくるくる入れ替わるのが凄い。

同居するジョシュアは犯罪に巻き込まれてしまう。一家と、ポープを追う警察とが殺し合いになる。一家をつぶしたいレッキー巡査部長(ガイ・ピアース)はジョシュアを証人として保護隔離するが、ジョシュアが裏切ったと考えたポープは彼のガールフレンドを殺し、さらに……。

内通や裏切りによって2転3転するプロットは、タランティーノふう。無表情なジョシュアがどちらの側に立って、何に衝き動かされて行動しているのかは、最後までうかがい知れない。

ラストシーン。復讐を果たしたジョシュアは祖母のジャニーンと抱きあうのだが、これは本当の結末になっていない、と思う。ジョシュアを殺そうとしたのは誰でもない祖母に他ならないのを観客は知っている。だから本当の対立とその解消は先延ばしされている。もしこの映画に続編がつくられるとしたら、どうなるのか。『ゴッドファーザーpartⅡ』のようにジョシュアは犯罪者一家の新たなポープとして君臨するのか、自分を殺そうとしたことを知るときジョシュアはジャニーンを許すのか、許さないのか。

見る者にカタルシスを与えずそんなことを想像させる『アニマル・キングダム』は、今ふうな犯罪映画を目論んだのか、それとも単に長編第1作である監督の腕が足りなかったのか。そのどちらでもある、というあたりが正解かな。

|

« 雪の朝 | Main | 『J・エドガー』 「強い男」の神話 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/53824797

Listed below are links to weblogs that reference 『アニマル・キングダム』 無表情の内側:

» アニマル・キングダム /ANIMAL KINGDOM [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click タランティーノが、「トイ・ストーリー」「ソーシャル・ネットワーク」に続き おととしのベストムービー第3位にした、実在の犯罪一家をモデルにして生まれたクライム・サスペンス。 2010年のオーストラリア...... [Read More]

Tracked on January 26, 2012 at 11:16 PM

» アニマル・キングダム [映画的・絵画的・音楽的]
 『アニマル・キングダム』をTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)予告編で見て、何かとても凄まじい映画だなと思っていたのですが、実際にも想像以上の凄さにあっけにとられてしまいました。タランティーノ監督が、一昨年(2010年)の映画の第3位に上げているの頷けま...... [Read More]

Tracked on February 02, 2012 at 05:44 AM

» アニマル・キングダム/Animal Kingdom/王国は続いていくのだろうか… [LOVE Cinemas 調布]
実際にあった犯罪者一家をモデルにしたクライムドラマ。母親の死によって犯罪者一家の中で生きていくしかなくなった青年がその良心と生活の間の葛藤に悩む姿を描いている。主演に新人のジェームズ・フレッシュヴィル、共演に第83回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされたジャッキー・ウィーバー、ガイ・ピアースベン・メンデルソーンら演技派が揃う。監督は『メタルヘッド』の脚本家デヴィッド・ミショッド。... [Read More]

Tracked on February 03, 2012 at 12:05 AM

» アニマル・キングダム そんな家族でも依存するしかない・・・のか・・・  [労組書記長社労士のブログ]
【=5 -0-】 日劇、有楽座、スカラ座・みゆき座、シャンテ、み〜んなTOHOシネマズになっているのね、この5館で一体的に映画興行をしているというのは、非常に使い勝手がいいのではないだろうか、TOHOシネマズファンにとっては。 大阪でも、梅田と難波は、ぜひそうやって...... [Read More]

Tracked on February 03, 2012 at 11:10 AM

» アニマル・キングダム/Animal Kingdom [LOVE Cinemas 調布]
実際にあった犯罪者一家をモデルにしたクライムドラマ。母親の死によって犯罪者一家の中で生きていくしかなくなった青年がその良心と生活の間の葛藤に悩む姿を描いている。主演に新人のジェームズ・フレッシュヴィル、共演に第83回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされたジャッキー・ウィーバー、ガイ・ピアースベン・メンデルソーンら演技派が揃う。監督は『メタルヘッド』の脚本家デヴィッド・ミショッド。... [Read More]

Tracked on February 03, 2012 at 03:48 PM

» アニマル・キングダム [だらだら無気力ブログ!]
コディ家も警察も、どっちも屑だな。 [Read More]

Tracked on February 03, 2012 at 08:41 PM

» 日比谷シャンテ 『アニマル・キングダム』 (2012.1.21公開) [理性と感情の狭間で]
日比谷シャンテで『アニマル・キングダム』観てきました。レディースデーだったけど男女比半々くらいで、結構混んでいました あらすじ オーストラリアのメルボルン。ヘロインの過剰摂取で母を亡くした少年ジョシュア(ジェームズ・フレッシュヴィル)は、長年音信不通だった祖母(ジャッキー・ウィーヴァー)に引き取られる。しかし、祖母の息子たち(ジョシュアの叔父たち;ベン・メンデルソーン、サリヴァン・ステイプルトン、ルーク・フォード)は... [Read More]

Tracked on February 04, 2012 at 12:19 AM

» アニマル・キングダム [映画、言いたい放題!]
ブログネタ:洋画と邦画、よく観るのは? 参加中 脚本ゼミのメンバーで作る、 月1回映画を観る会で、 私が選んだ作品です。 この映画は私が参考にする映画レビューサイトで 興味を持ちました。 洋画と邦画だったら、 洋画を選ぶことが多い気がしますね。 邦画は... [Read More]

Tracked on February 04, 2012 at 03:18 PM

« 雪の朝 | Main | 『J・エドガー』 「強い男」の神話 »