« 紅葉の万座(2) 八ツ場ダム予定地 | Main | 「酒井抱一と江戸琳派の全貌」展 »

October 19, 2011

『アクシデント』 事故多発区域

Photo
Accident(film review)

『アクシデント(原題:意外─日本語の「事故」の意)』の冒頭と最後に、赤い三角形のなかに黒い丸を描いた交通標識が2度出てくる。調べると、「事故多発区域あり」(JAF「世界の道路標識」)。どちらのシーンも車が人をはねて死者が出た事故現場だけれど、実は両方とも事故に見せかけた完全犯罪の暗殺だった。

事故を装った暗殺を請け負うブレイン(ルイス・クー)ら4人の暗殺チームが引き受けた仕事が実はブレインその人の事故死を狙って仕組まれた暗殺計画で、それを察知したブレインが逆に事故を装った暗殺を仕掛けて……と、二重三重にはりめぐらされた暗殺者同士の暗闘が香港の路上を舞台に展開される。

世界的に評価の高い香港ノワールのつくり手、ジョニー・トーが自分のプロダクション「銀河映像」で製作に回り、彼の助監督も務めたソイ・チェンの監督作品。同じ「銀河映像」でトー製作、トーの脚本を書くヤウ・ナイホイが監督した『天使の眼 野獣の街』はトーのテイストを受け継ぎながら小気味いいエンタテインメントに仕上がっていたけど、この映画はジョニー・トーのスタイルをさらに押し進めようとする感じ。寡黙でクールな語りと凝った映像はトーの映画かと錯覚するくらいだ。ただあまりに説明しないため、これは何なのかよく分からないショットもある。

映画の出だしはブレインら暗殺チームの鮮やかな仕事ぶりがテンポよく描かれる。女(ミシェル・イェ)が車をエンコさせて渋滞を引き起こし、おやじ(フォン・ツイファン)の運転するトラックが道をふさいでターゲットの車を脇道に誘い込む。太っちょ(トー映画の常連、ラム・シュー)がビルの上から宣伝の垂れ幕を落下させてターゲットの車の視界をふさぎ、ターゲットが幕を引きちぎろうとすると支柱が壊れてビルのガラスが粉々になりターゲットの脳天に降り注ぐ。通行人を装ったリーダーのブレイン(作戦を立案するチームの頭脳)がターゲットの死を確認する。

本格ミステリーのトリックみたいな、ありえない設定だけど、それをいけしゃあしゃあと、しかも香港の雑踏にロケして見る者に映画的リアリティを感じさせてしまうあたり、香港ノワールの面目躍如といったところだ。

映画はこのまま暗殺チームの鮮やかな仕事ぶりとチームワークを追って展開するのかと思うと、別の方向に動きだす。ブレインはアジトで他のメンバーが話しているのを盗聴している。彼はメンバーを信用していない。おやじはメンバーに嘘をつく。誰か裏切り者がいるのか、チームに不穏な空気が漂っている。

その不穏な空気のまま、次の仕事が動き出す。雨の夜、路上を走るトラム(路面電車)の電流を使ってターゲットを感電死させる計画。看板が林立する狭い街路すれすれに走る2階建てトラム、そこに降り注ぐ夜の雨という舞台設定が素晴らしい。

夜と雨だけでなく、昼の光も印象に残る。ブレインは自分を狙う男(リッチー・レン)の部屋の真下の部屋を借り、男の部屋を盗聴にかかる。内装の剥がれた室内。天井には、階上の部屋に忍び込んで調べた家具の位置がチョークで書かれている。窓に引かれたカーテンを通して逆光が入ってくる。暗殺者一味の影がカーテンに映る。

そんな情感あふれる映像のなかに差し挟まれるユーモア。階上のベッドのあえぎ声が、盗聴機の緑のランプの点滅によって無音で示される。にやりとするシーン。

最後には、この映画がつくられた2009年に実際にあった皆既日食まで暗殺計画に取り込まれている。光からしばしの闇へ、そして甦った光が事故(暗殺計画)を演出する。

ブレインを演ずるルイス・クーのクールさを、フォン・ツイファンの曲者のおやじと、人の良さそうな太っちょラム・シューが際立たせている。ミシェル・イェの女があっけなく殺されてしまうけど、トー組の映画はいつも男と女の話に興味を示さないから当然といえば当然か。

|

« 紅葉の万座(2) 八ツ場ダム予定地 | Main | 「酒井抱一と江戸琳派の全貌」展 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/53030395

Listed below are links to weblogs that reference 『アクシデント』 事故多発区域:

» アクシデント [LOVE Cinemas 調布]
『エグザイル/絆』、『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』のジョニー・トーが製作を務めたノワールサスペンス。事故を装い、証拠を一切残さない暗殺請負人のチームがとある事件をきっかけに崩壊してゆくさまを描く。主演は『コネクテッド』のルイス・クー。共演にジョニー・トー作品ではお馴染みのラム・シューらが出演している。監督は『軍鶏 Shamo』のソイ・チェン。... [Read More]

Tracked on October 28, 2011 at 03:08 PM

» アクシデント/ルイス・クー、リッチー・レン [カノンな日々]
「香港アクション列伝BIG4」の第三弾は香港ノワール・フィルムの旗手ジョニー・トーの製作により『軍鶏 Shamo』(観てるけど未レビュー)のソイ・チェンが監督を務めたアクション・ク ... [Read More]

Tracked on October 28, 2011 at 06:39 PM

» アクシデント [だらだら無気力ブログ!]
ラム・シューの出番が少ないのがちょっと不満。 [Read More]

Tracked on October 29, 2011 at 01:01 AM

» アクシデント(2009)◎●意外 東京新宿武蔵野館にて [銅版画制作の日々]
 それは偶然だったと言い切れるか? 評価:+5点rarr;65点 東京最後の夜は、映画鑑賞することにしました。友人とJR新宿駅にて別れ、その足で新宿駅東口を出ました。新宿3丁目に新宿武蔵野館という映画館があります。 migさんからこの映画館のことをちら...... [Read More]

Tracked on October 29, 2011 at 11:07 PM

» アクシデント 意外 [まてぃの徒然映画+雑記]
ジョニー・トー杜[王其]峰製作、ソイ・チェン鄭保瑞監督のサスペンス・スリラー。 ルイス・クー古天楽率いる暗殺グループは、事故に見せかけて標的を仕留めることを専門にしている。ある依頼主から自分の老いた父親を殺害する依頼を受けた。古天楽たちは綿密な計画を立...... [Read More]

Tracked on October 30, 2011 at 12:21 AM

» 演出された事故〜『アクシデント』 [真紅のthinkingdays]
 ACCIDENT  意外  香港。ブレイン(ルイス・クー)は、事故を演出し、偶然に見せかけてターゲッ トを葬る暗殺集団のリーダー。ある日、バスの暴走により仲間の一人(ラム・シ ュー)...... [Read More]

Tracked on November 07, 2011 at 01:11 PM

« 紅葉の万座(2) 八ツ場ダム予定地 | Main | 「酒井抱一と江戸琳派の全貌」展 »