« 青い実 | Main | ゴーヤの収穫 »

August 01, 2011

『ラスト・ターゲット』 英国製マカロニ・ノワール

Theamerican
The American(film review)

この映画の監督、アントン・コービンの名前は、ミュージシャンのポートレートを撮る写真家としてかすかに名前を覚えていた。マイルス・デイビスの上半身の目と爪が異様に白いポートレートや、U2「ヨシュア・ツリー」のジャケット写真なんかが記憶にある。そのアントン・コービンが映画を撮っているとは知らなかった。wikipediaを見ると、写真家として活動するだけでなくミュージック・ビデオを撮ったり、映画にも進出して、第1作『コントロール』はカンヌで賞を取っている。

だからだろうか、『ラスト・ターゲット(原題:The American)』には写真家らしいショットがいくつもある。イタリアの山岳地帯を切り裂くように走る車を真横にカメラを据えて撮った遠景。その道路と車を上から俯瞰するショット。山の上にそびえる中世風の城砦都市に流れる霧の風景。町の石造りの家々をこれも真上から俯瞰したショット。そんな「ムービー」というより「スチール」感覚のショットがいかにも写真家の映画だなあ。

『コントロール』は夭折したミュージシャンの伝記映画らしいから、まだそれまでのコービンの仕事と関連するけれど、この映画は音楽とまったく無関係な英国ミステリー『暗闇の蝶』の映画化。

老年を迎えつつあるアメリカ人暗殺者ジャック(ジョージ・クルーニー)が何者かに命を狙われ、イタリア南部山岳地帯の城塞都市、カステル・デル・モンテに身を隠す。異邦人のジャックは英語を話す神父(パオロ・ボナチェッリ)と知り合い、娼婦のクララ(ヴィオランテ・プラシド)となじみになる以外は誰ともつきあわず、口もきかない。引退前の最後の仕事として狙撃用のライフル製作を引き受けるのだが、身辺に怪しい影が見え隠れしはじめる……。

派手なアクションはなく、今ふうなテンポの速いストーリー展開もなく、1960~70年代の地味だけど陰影あるノワール映画の雰囲気。僕は見ていてアラン・ドロンが寡黙な殺し屋に扮した『サムライ』(ジャン・ピエール・メルビル監督)を思い出した。でも、それは連想の方向がちょっと違ってたみたい。

映画の中ほど、町のバーのシーン。店のテレビに『ウエスタン』(セルジオ・レオーネ監督)が映っている。それを見て、ああそうか、ジャックはマカロニ・ウェスタンの主人公に重ねられているんだな、と思った。リアリズムが底に流れるメルビルのノワールでなく、アメリカ産西部劇のヒーローを、いっそうキャラを立ててリアリズムというより神話の主人公に近いマカロニ・ウェスタンのクリント・イーストウッドやチャールズ・ブロンソン。

人気のない小さな町にやってきた流れ者。部屋で孤独に銃を手づくりするジャック。その背には蝶のタトゥーが彫られれている。娼婦クララとの逢瀬。やがてそれが愛に変わってゆく。神父との罪と贖罪をめぐる問答。そんないかにもの設定が、マカロニ・ウェスタンの様式美や荒唐無稽な設定と共通している。

もっとも、マカロニ・ウェスタンのどぎつい濃さはない。映画そのものも、暗殺者の造型も、良くも悪くも品がいい。ジョージ・クルーニーはいつもに増してクールで、だから死にゆく暗殺者の心象もあっさり目。映画のキー・イメージは「蝶」だけど、クルーニーの背のタトゥーも、ラストシーンで実際に飛ぶ蝶も、セルジオ・レオーネならもっと官能が匂いたつ映像につくりこむんじゃないかな。城塞都市の風景も、追われる主人公が閉じこもる孤独の心象というより、観光的な美しさに見える。少なめに入る音楽も素敵だけど、エンニオ・モリコーネの印象的なメロディがいやが上にもドラマを盛り上げたマカロニ・ウェスタンに比べると物足りない。

それはなぜ? と考えると、オランダ生まれでロンドンで活動しているアントン・コービンはじめ、脚本(ローワン・ジョフィ)、撮影(マーティン・ルーエ)など主なスタッフがイギリス人で、どことなしハリウッドと一線を画するイギリス映画のテイストがあるせいかもしれない。

もっとも、僕が物足りないと思ったそのテイストこそを、コービンは狙ったのかもしれない。まあ、マカロニ・ウェスタンやメルビルのノワールを楽しんだ経験のある者には、ちょっと欲求不満が残ったという話。とはいえ、今はこういう映画が少ないから、たっぷり楽しみました。


|

« 青い実 | Main | ゴーヤの収穫 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/52355656

Listed below are links to weblogs that reference 『ラスト・ターゲット』 英国製マカロニ・ノワール:

» ラスト・ターゲット/ジョージ・クルーニー [カノンな日々]
英国人作家マーティン・ブースの小説『暗闇の蝶』を原作に『コントロール』のアントン・コービン監督が映画化したという作品。といっても両者とも全く存じないのですが、お目当て ... [Read More]

Tracked on August 01, 2011 at 10:05 PM

» 『ラスト・ターゲット』 [ラムの大通り]
(原題:The American) ----ジョージ・クルーニーって久しぶりだよね。 「うん、しかも最近は 『フィクサー』『マイレージ、マイライフ』など 硬めの作品への出演が続いていた彼けど、 この映画でクルーニーが演じているのは殺し屋ジャック。 スウェーデンで何者からか...... [Read More]

Tracked on August 01, 2011 at 11:31 PM

» ラスト・ターゲット [LOVE Cinemas 調布]
マーティン・ブースの『暗闇の蝶』を映画化。ベテランの暗殺者が1人の女性を愛したことを機に裏家業からの引退を決意する。しかしそこには恐るべき罠が潜んでいた…。主演は『マイレージ、マイライフ』のジョージ・クルーニー。監督は『コントロール』のアントン・コルベイン。いつもと違って寡黙なジョージが実にクールな一作だ。... [Read More]

Tracked on August 02, 2011 at 01:42 AM

» ラスト・ターゲット [映画的・絵画的・音楽的]
 『ラスト・ターゲット』を吉祥寺バウス・シアターで見てきました。 (1)『マイレージ、マイライフ』や『ヤギと男と男と壁と』以来のジョージ・クルーニーを近くの映画館で見れるということもあって、出かけてきました。  冒頭いきなり、クルーニーと女性のセックスシ...... [Read More]

Tracked on August 02, 2011 at 05:54 AM

» 映画:ラスト・ターゲット [よしなしごと]
 ジョージ・クルーニー主演なのに、こんな単館系でいいの?ラスト・ターゲットを見てきました。最近単館系をたくさん見てるので、初めて行く劇場が多い。今回の作品もTOHOシネマズのららぽーと横浜まで遠征しました。いや~、バイクで行くとどこに止めるのかよくわからないし、中に入ってからも迷子状態です。... [Read More]

Tracked on August 08, 2011 at 12:07 AM

« 青い実 | Main | ゴーヤの収穫 »