« 『ツリー・オブ・ライフ』 Godとの対話 | Main | 谷川晃一のセーター »

August 27, 2011

『シャンハイ』 半分の満足

Shanghai
Shanghai(film review)

『シャンハイ(原題:Shanghai)』は、昔よく見たプログラム・ピクチャーの楽しみ(?)を思い出させてくれたなあ。

僕がよく見てたのは1960~70年代の東映任侠映画や大映の座頭市だけど、プログラム・ピクチャーは見る前からだいたいこんなもんだろう、と見当がついてる。ジャンルごとの定型的なストーリー。お約束のアクションとサスペンス。男らしい男と女らしい女の恋。

ストーリーがどう展開し、どういう結末になるのか、およそ分かっていながら、好きな役者が男らしい男(女らしい女)を演じて感情移入できれば満足できるし、前作とのわずかな差異をマニアックに喜んだりもできる。予想どおりの結末でも、それなりにカタルシスを得たりする。

プログラム・ピクチャーも時に類型に徹することでそれを突き抜けた『総長賭博』や『遊侠一匹』みたいな傑作が出るけれど、そんな映画にはおいそれとぶつからない。たいていは、やっぱりだめだったという半分ほどの不満と、好きな役者を見、多少のカタルシスを得た半分ほどの満足とを抱えて中途半端な気持ちで映画館を出ることになる。でも、また見にきてしまうんだろうな、と思いながら。

『シャンハイ』も、似たような気持ちで映画館を出た。

日米開戦前夜の上海。同僚で親友でもある米国諜報部員コナー(ジェフリー・ディーン・モーガン)に呼ばれて、ポール(ジョン・キューザック)がドイツからやってくる。その夜、コナーは殺される。彼が探っていたのは、日本軍とつながる上海裏組織のアンソニー(チョウ・ユンファ)。ポールはカジノでアンソニーの妻アンナ(コン・リー)に出会い、惹かれてゆく。コナーの愛人スミコ(菊池凜子)は麻薬中毒の娼婦で、現地日本軍を指揮する田中大佐(渡辺謙)の愛人でもあった……。

コン・リーを挟んだジョン・キューザックとチョウ・ユンファ、菊池凜子を挟んだ渡辺謙とジェフリー・ディーン・モーガン、ふたつの三角関係の愛が錯綜し、抗日レジスタンスや真珠湾攻撃をめぐる情報戦がからむ。スパイ・サスペンスの定型どおりの設定。うまくつくれば、面白い映画になるだろうな。

監督(ミカエル・ハフストローム)・脚本・撮影のスタッフになじみはないけど、好きな役者が出ているんで見る気になった。コン・リーはデビュー以来けっこう追っかけてるし、『グリフターズ』や『ハイ・フィデリティ』のジョン・キューザックも好きな役者だ。チョウ・ユンファは『男たちの挽歌』の記憶が鮮烈だし、渡辺謙もハリウッドで頑張ってる。

結果、映画の出来はいまいちでした。サスペンスなのに緩急に乏しく、平板な印象。映画としては不満だらけだけど、でも1940年代の「魔都」上海を再現した大がかりなセット(バンコクで撮影)と役者たちを見られたことに半分だけ満足して映画館を出た。

半分だけと言ったのは、サスペンスとしての出来が悪いので結果として役者も生きてないから。もともとジョン・キューザックは頼りなげな風貌が持ち味でヒーロー顔じゃないけど、それにしても花がない。コン・リーははっとするショットはいくつかあったけど、ファム・ファタールとしての魅力に欠ける。『2046』あたりから、さすがに年とったなあと感ずることが多い。渡辺謙も単純な敵役でなく、ジョン・キューザックと男と女の哀しさについて語り合うシーンもあるけど、『硫黄島からの手紙』に比べるとハリウッド描く日本軍将校の類型を出てない。チョウ・ユンファもいまひとつ印象に残らない。

いかにもの設定で、役者も揃っているのに、映画がつまらない。これ脚本と演出の責任でしょうね。などと言いつつ、ひいきの役者を見られただけで半分満足してしまうのが、ファンというものでしょう。


|

« 『ツリー・オブ・ライフ』 Godとの対話 | Main | 谷川晃一のセーター »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/52567212

Listed below are links to weblogs that reference 『シャンハイ』 半分の満足:

» シャンハイ / SHANGHAI [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click ジョン・キューザックtimes;コン・リーtimes;チョウ・ユンファtimes;渡辺謙  ジェニファー・アニストンtimes;クライヴ・オーウェン主演の『すべてはその朝始まった』のミカエル・ハフスト...... [Read More]

Tracked on August 27, 2011 at 10:57 PM

» 映画「シャンハイ」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「シャンハイ」観に行ってきました。 1941年10月~12月の大東亜戦争(太平洋戦争)勃発前夜の上海(シャンハイ)を舞台に繰り広げられる、アメリカ・中国合作のサスペンス作品。 ハリウッド映画でしばしば登場する日本人俳優・渡辺謙が主演している映画でもあります。 渡辺謙が出演している映画を私が観るの... [Read More]

Tracked on August 28, 2011 at 02:21 AM

» 『シャンハイ』 [・*・ etoile ・*・]
'11.08.11 『シャンハイ』(試写会)@明治安田生命ホール yaplog!で当選。いつもありがとうございます! これは予告を見て気になってた。ジョン・キューザック好きだし☆ *ネタバレあり、ごめんなさい!辛口です(涙) 「日米開戦直前の上海。様々な国の租界地区が存在。表向きは干渉せず、裏では探り合いながら均衡を保っていた。米国諜報員のポールは友人が射殺された原因を探るうち…」という話。これは… スパイものだと思って見に行くと肩透かしかも。もちろん主人公が諜報員なのだから、そういう話なんだ... [Read More]

Tracked on August 28, 2011 at 05:19 AM

» 『シャンハイ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト「シャンハイ」□監督 ミカエル・ハフストローム□脚本 ホセイン・アミニ□キャスト ジョン・キューザック、コン・リー、チョウ・ユンファ、渡辺 謙、菊地凛子、デビッド・モース■鑑賞日 8月21日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★...... [Read More]

Tracked on August 28, 2011 at 10:32 AM

» 映画「シャンハイ」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「シャンハイ」観に行ってきました。1941年10月~12月の大東亜戦争(太平洋戦争)勃発前夜の上海(シャンハイ)を舞台に繰り広げられる、アメリカ・中国合作のサスペン... [Read More]

Tracked on August 29, 2011 at 12:30 AM

» 「シャンハイ」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 太平洋戦争直前の1941年。列強犇めき合う上海を舞台に、ある殺人事件の裏に隠された巨大な陰謀に挑むアメリカ人諜報部員の姿を描く。    構想10年、制作費約50000000ドル、ジョン・キューザック、チョウ・ユンファ、そして渡辺謙氏と、日米中のビッグスター揃い踏... [Read More]

Tracked on August 29, 2011 at 07:07 PM

» シャンハイ [映画的・絵画的・音楽的]
 『シャンハイ』を渋谷シネパレスで見てきました。 (1)終戦記念日の後で、時期的にはある意味でふさわしいのではないかと思い、映画館に出かけてきました。  映画は太平洋戦争直前(1941年)の上海を舞台としています。  物語は、米国情報部に所属する諜報員ソームズ...... [Read More]

Tracked on September 04, 2011 at 08:06 AM

» 「シャンハイ」 底が知れない街 [はらやんの映画徒然草]
太平洋戦争開戦前夜の上海、そこは「魔都」と称されることが多いように、欧米列強と日 [Read More]

Tracked on September 04, 2011 at 10:20 PM

» シャンハイ 戦史ものでありスパイものであり恋愛ものであり・・・上海租界さながらに複雑〜 [労組書記長社労士のブログ]
 今日は先日購入した製本機(なんと40万円もするねんで!)を使って、明後日のうちの労組の一つ上のローカルセンターとしての位置づけの労組連合会の、定期大会の議案書を作った。 86ページの冊子、コツがわからず10冊くらい失敗したけど、コツがわかってからは印刷屋さ...... [Read More]

Tracked on September 05, 2011 at 01:02 PM

» ■映画『シャンハイ』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
太平洋戦争勃発前夜の上海を舞台に、アメリカ人スパイのジョン・キューザック、日本軍人の渡辺謙、上海の裏社会のドン、チョウ・ユンファと、その妻、コン・リー、そして謎の日本人女性、菊地凛子が交錯する映画、『シャンハイ』。 いやー、チョウ・ユンファ、やっぱりカッコい... [Read More]

Tracked on September 08, 2011 at 10:14 AM

« 『ツリー・オブ・ライフ』 Godとの対話 | Main | 谷川晃一のセーター »