« 黄色い花 | Main | 『蜂蜜』 森の声 »

July 20, 2011

追悼・原田芳雄

1107206w
memory of Harada Yoshio, actor
(『竜馬暗殺』プログラムから)

つい先日、是枝裕和監督の新作『奇跡』でいつもと変わらぬ原田芳雄を見て、ガンと聞いてたけど元気そうだな、と思ったばかりだったから、この訃報には不意をつかれた。最後の公の場になったに『大鹿村騒動記』舞台挨拶の写真を見ると、車椅子の痩せ衰えた姿が痛々しい。

1941年、東京市下谷区生まれというから、戦後生まれの僕たちより一世代上になる。でも若いころ見たたくさんの映画のなかで、原田芳雄がスクリーンから発する熱すぎるほどの熱気には、まぎれもなく同時代、同世代の体臭が充満していた。同じころの映画でも『青春の殺人者』の水谷豊や『サード』の永島敏行になるともっとクールで、若い世代が出てきたな、という印象を受ける。

1107205w

原田芳雄をスクリーンで初めて見たのは『関東流れ者』だったか『八月の濡れた砂』だったか、はっきりしない。当時は東映一辺倒だったので、『復讐の歌が聞こえる』始め初期の日活作品は見ていない。最初に鮮烈に記憶に残ったのは『赤い鳥逃げた?』だったな。藤田敏八監督の、いま見れば気恥ずかしくなりそうな青春映画だけど、桃井かおりとつるんで破滅していく青年を、気だるく、投げやりな、例のセリフ回しでやっていた。

それからやっぱり『竜馬暗殺』だ。ぼさ髪で、革靴はいてドタドタ走り、現代青年のようにしゃべる竜馬は、時代劇というより現代劇の人物だった。石橋蓮司、松田優作の相方もよかったけど、当時の新左翼の内ゲバを背景にした黒木和夫監督の演出で、竜馬の死は歴史上の人物でなく同時代人の死になっていた。

『ツィゴイネルワイゼン』もいいけど、あと記憶に残っているのは『われに撃つ用意あり』(若松孝二監督)だ。佐々木譲原作のハードボイルドで、新宿のバーのマスターになる原田芳雄が不法移民にからんだ事件に巻き込まれてゆく。この映画には確か石橋蓮司や桃井かおりも出ていて、原田芳雄を思い出すとこの2人の顔がいつもセットで出てくる。時代に抗うエネルギーに満ちていた、あの時代を思い起こさせる面々、とでも言うか。

その後も『水のないプール』とか『無能の人』とか、1シーン出てくるだけでも良くも悪くも存在感をふりまいていた。それは最近でも変わらないけど、『ウルトラミラクルラブストーリー』でも『歩いても歩いても』でも、歳をとったこともあるだろうけど、映画に実にうまく溶け込んでいる。『奇跡』で、町内会の飲んだくれのオヤジも、とってもよかった。

もう原田芳雄の新作を見られないと思うと寂しい。

|

« 黄色い花 | Main | 『蜂蜜』 森の声 »

Comments

御無沙汰しています。原田芳雄が死にましたね。本当に寂しいですね。
 車椅子で登場した『大鹿村騒動記』の舞台挨拶のニュース映像を見て、公開日の16日に早速映画を観てきたばかりばかりでした。こんなに早く死ぬとは思いませんでしたね。
 私も若い頃、日活映画時代からの大ファンでした。ブルースを歌い始めた最初の頃のアルバム3枚もレコードで持っています。『Just Some Blues』というアルバムの後の、ダウンタウンブギウギバンドとのツアーも聴きに行きました。白の三つ揃いのスーツを着て、白のハットを被ってかっこいいステージでした。 でもその後、どの映画・テレビに出ても同じようなパターンの芝居にうんざりして、原田芳雄を見たくない時期が長く続いていました。
 ところが彼も年を取っきて、ここ数年、原田芳雄はやはりいいなあと思っていた矢先の死でした。残念。
 『歩いても歩いても』、『たみおのしあわせ』、『火の魚』(NHK広島制作ドラマ)、良かったですね。
 ところで雄さんの記事にある映画『赤い鳥逃げた?』の主題歌は安田南で、シングル盤のB面は原田芳雄の『愛情砂漠』という歌でした。多分これが最初に聞いた原田芳雄のレコードだと思います。懐かしいですね。

Posted by: T.O | July 22, 2011 at 04:43 PM

お久しぶりです。日活時代をご覧になっているとは、T.Oさん私よりディープな原田芳雄体験をお持ちですね。しかもライブまで。原田芳雄の歌は、私は正直のところやや敬遠気味でした。ちょっと鼻につくところがあって。原田芳雄は確か、別の映画でも主題歌を歌っていた記憶があります。『赤い鳥逃げた?』の安田南の歌はよかったですね。

NHKの『火の鳥』は私も見て、うまく歳をとったなあ、と思いました。もっと生きて、演じてほしかった。残念です。

Posted by: 雄 | July 23, 2011 at 01:41 PM

こんにちは。
原田芳雄の持ち歌のひとつ
「プカプカ」は、
モデルが安田南らしいです。
彼女ももう鬼籍。
時代の移りが早すぎます。

Posted by: えい | July 23, 2011 at 11:44 PM

原田芳雄の「プカプカ」を一度聴くと、俺は原田、あん娘は安田南以外のイメージは考えられなくなりますね。

昔、新宿の酒場で酔った三上寛が「プカプカ」を歌ったことがあって、「トランプ スタ スタ スタ」ってのがえらくよかった記憶があります。なんだか遠い昔の夢のようです。

Posted by: 雄 | July 24, 2011 at 05:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/52260624

Listed below are links to weblogs that reference 追悼・原田芳雄:

» 原田芳雄追悼(『大鹿村騒動記』公開中に…) [ラムの大通り]
「今夜はしっとりといくからね…」 -----そうか、原田芳雄が亡くなっちゃったんだよね。 「うん。実は『大鹿村騒動記』を観に行った時、 ある人から『これは、原田芳雄の最後の作品』と聞かされて、 えっ?と問い返したことが…。 その人の話によると、癌が再発したのだとか...... [Read More]

Tracked on July 23, 2011 at 11:42 PM

« 黄色い花 | Main | 『蜂蜜』 森の声 »