« 緑濃い大原野 | Main | わが家の節電 »

June 12, 2011

『マイ・バック・ページ』 「後ろめたさ」に寄り添って

Mybackpage
My Back Page(film review)

原作ものの映画の場合、監督と脚本家が原作からなにを取り出すのか。それでもって映画の八割方は決まってしまう。

1971年、赤衛軍を名乗る新左翼の武闘派が自衛隊朝霞駐屯地に侵入して自衛官を殺した。以前から赤衛軍リーダーKを取材していた『朝日ジャーナル』記者・川本三郎は潜伏するKに会って記事にしようとしたが、預かった自衛官の腕章を処分したという証拠隠滅の罪で逮捕された。

『マイ・バック・ページ』の原作は、裁判で有罪となって新聞社を辞め、文芸・映画評論家となった川本が事件から17年後に当時を回想したノンフィクションだ。

僕が読んだのは十数年前だからきちんと覚えていないけど、ここからは可能性としていろんなものを取り出すことができる。ジャーナリストの仕事と倫理をめぐるマスコミ内部の対立を軸にした討論劇にもなりうるし、武装闘争を主張して過激化していった新左翼の青春群像劇にも(原作にはないが)なりうる。その両者をからめながら、川本やKが好んだ70年代ニューシネマやロックをもっと前面に出したノスタルジックな「70年代もの」にもなりうる。

そういった要素はもちろん映画を構成するものとして生かされているけれど、監督の山下敦弘と脚本の向井康介の関心はそういういかにも映画的なドラマづくりには向いてないみたいだ。そうではなく、川本(映画では沢田)が時代と自分に対して抱く屈託という、あまり映画的とは思えない「後ろめたさ」に向いている。

映画の冒頭とラストシーンにはさみこまれる本筋と関係ないエピソードによって、そのことがはっきりする。沢田(妻夫木聡)は、週刊誌の潜入ルポで正体を明かさずにチンピラと知り合いになる。沢田とチンピラは親しくなるが、それは沢田からすれば取材であり、沢田を友達と信ずるチンピラをだましている偽の関係にすぎない。沢田はあらゆる事態を「見る」だけで「参加しない(できない)」ジャーナリストという職業に「後ろめたさ」を抱いている。

その関係は、映画の本筋となるK(映画では梅山。松山ケンイチ)との間ではひっくり返る。梅山はエセ革命家として沢田に近づき、ウソ八百を並べて沢田を欺き、記事を書かせようとする。先輩記者は梅山を怪しむが、沢田はあくまで梅山を信じようとする。そのきっかけになるのが沢田のアパートでCCR(クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル)の「雨をみたかい」を一緒に口ずさんだり、宮沢賢治について話したりすることだ。沢田のなかでジャーナリストの冷静な目より世代的共感が勝ってしまう。むろん特ダネ意識もあったろう。

結果として、沢田は梅山に騙される。沢田は取材源の秘匿を貫いて逮捕され、梅山が殺人を犯したことを知って警察に通報した新聞社からも解雇されるのだが、一方、逮捕された梅山は沢田との関係をべらべらしゃべってしまう。沢田が預かった腕章を焼いたのは梅山が「左翼」としての思想犯にとどまらず殺人を犯したことを知って動揺したのか、あるいは沢田なりに性急に時代に「参加する」意思表示だったのか、映画では判然としない。いずれにしても沢田は騙され、ババを引かされた。

ジャーナリストとしての沢田は甘いし、ドジでもある。それは沢田がジャーナリストという職業に抱いている「後ろめたさ」と裏腹の関係にある。「後ろめたさ」があるからこそ、認識が曇り行動が性急になる。監督と脚本家は、そんな沢田の「後ろめたさ」を抱きしめるように寄り添っている。

沢田が名画座に入って川島雄三の名作『洲崎パラダイス』を見るシーンがある。劇中で新珠三千代が頼りない恋人の三橋達也に、「あんた、これからどうすんのよ」となじるように言う。そのぐじぐじした気分が、沢田が抱える「後ろめたさ」に重なってくる。

だからラストシーンが効いてくる。有罪になり服役した後、映画評論家になった沢田は町の居酒屋に入って、かつて正体を隠して取材したチンピラが居酒屋の主人になっているのに出会う。かつてのチンピラは、沢田が元ジャーナリストであることや事件のことを知らず、ひたすら再会を喜んで、「生きてるだけでいいじゃない」と言う。沢田は自分が何者であるかを告げず、つまりはチンピラを騙したまま、ただ涙を流す。監督と脚本家は、そんなぐじぐじした生を肯定する。

妻夫木聡の起用は、極端にいえばこの1シーンにかかっている。一方、泣き顔の妻夫木に対する松山ケンイチは、「お前は何者だ?」と問われたときの上目づかいの射るような眼光と、とがった唇の表情に凄みがある。この2つのショットのためにこの映画があり、2人の起用があったといえば言いすぎかな。

先日、山下敦弘が学生時代に撮った短編のDVDをレンタルしてきた。食事しながら見ていたら、ウンコがやたら登場するのには参った。そんな青臭い学生映画から、作家性が強く出た『松ケ根乱射事件』を経て、『リンダ・リンダ・リンダ』『天然コケッコー』やこの『マイ・バック・ページ』まで、題材の異なる映画を、でも一貫して柔らかな肌合いでつくっているのはすごい。やっぱり、いまいちばん気になる監督だなあ。


|

« 緑濃い大原野 | Main | わが家の節電 »

Comments

映画を見終わったすぐ後は、梅山のような人たらしの要素はあっても、どこか胡散臭い男を信じてしまうなんてちょっと浅はか?と思ってしまった私ですが、きっとそれは三十も半ばを過ぎた今の自分だから思ったことなんでしょうね。
自分自身の20代の頃を振り返ってみると、好きな作家や音楽の趣味が合う人ほど深い親近感を覚えてしまうものです。
そういえば同じような失敗あったかも…。

お庭のあじさいきれいですね。6月生まれなので大好きな花です。

Posted by: mitty | June 16, 2011 at 10:41 AM

20代というのは誰もこういう失敗の繰り返しなんでしょうね。私は沢田や梅山と同世代ですから、梅山みたいな男も知ってますし、沢田の「行き急ぐ」心情もよく分かります。それを過度にセンチメンタルにならず、かといって冷たく突き放すこともなく取り出した山下敦弘に改めて感心しました。

おや、私も6月生まれです。

Posted by: 雄 | June 16, 2011 at 01:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/51851896

Listed below are links to weblogs that reference 『マイ・バック・ページ』 「後ろめたさ」に寄り添って:

» マイ・バック・ページ [LOVE Cinemas 調布]
作家・評論家の川本三郎が自らの体験を綴った同名の回想録を映画化。1969年から72年と言う学生運動が終わりに近付いた時期を舞台に、雑誌記者と活動家の出会いから破滅までを描く。主演は『悪人』の妻夫木聡と『ノルウェイの森』の松山ケンイチ。共演に忽那汐里、中村蒼ほか若手ベテラン共に実力派が揃った。監督は『天然コケッコー』の山下敦弘。... [Read More]

Tracked on June 12, 2011 at 08:18 PM

» マイ・バック・ページ/妻夫木聡、松山ケンイチ [カノンな日々]
私の大好きな『リンダ リンダ リンダ』その他いろいろの山下敦弘監督が実話ベースの社会派作品を手がけたというだけでもちょっと驚きでしたけど、その主演が妻夫木くんに松山ケン ... [Read More]

Tracked on June 12, 2011 at 09:10 PM

» 『マイ・バック・ページ』〜あの頃日本はアカかった〜 [Swing des Spoutniks]
『マイ・バック・ページ』公式サイト監督:山下敦弘出演:妻夫木聡 松山ケンイチ 忽那汐里 石橋杏奈 韓英恵ほか【あらすじ】(goo映画より)東大安田講堂事件をきっかけに全共 ... [Read More]

Tracked on June 12, 2011 at 10:04 PM

» 『マイ・バック・ページ』 [ラムの大通り]
※ネタバレ注:ラストに触れています。 ----これは、フォーンも一緒に観た映画。 えいが、とても観たがっていたし、 じゃあ、付き合ってみようかと…。 でも、ニャんだか複雑な顔してたね。 「うん。 これって、原作が川本三郎氏。 彼の実体験に基づいた話だよね。 観てい...... [Read More]

Tracked on June 12, 2011 at 10:19 PM

» 『マイ・バック・ページ』 [Rabiovsky計画]
『マイ・バック・ページ』公式サイト 監督:山下敦弘 出演:妻夫木聡、松山ケンイチ、忽那汐里、石橋杏奈 2011年/日本/141分 おはなし Yahoo!映画 全共闘運動が最も激しか ... [Read More]

Tracked on June 13, 2011 at 12:57 AM

» 「若さ」という熱病〜『マイ・バック・ページ』 [真紅のthinkingdays]
 東大を卒業し、念願のジャーナリストになるべく東都新聞に入社、雑誌記者と して働く沢田(妻夫木聡)。1971年、彼は梅山と名乗る学生運動の活動家(松山 ケンイチ)と接触し、ある事件に巻き込まれる。...... [Read More]

Tracked on June 14, 2011 at 07:47 PM

» 映画「マイ・バック・ページ」そんな時代もあったねと [soramove]
「マイ・バック・ページ」★★★☆ 妻夫木聡 、松山ケンイチ、 忽那汐里、石橋杏奈、中村蒼、韓英恵出演 山下敦弘監督、 141分 、2011年5月28日日公開2010,日本,アスミック・エース (原作:原題:マイ・バック・ページ - ある60年代の物語)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「映画の内容は詳しくは知らなかったが 妻夫木 聡と松山ケンイチの共演がどんなか 興味があ... [Read More]

Tracked on June 15, 2011 at 10:16 AM

» 『マイ・バック・ページ』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
私的な出来事がボクらの物語になる。 娯楽映画のサクセスストーリーならば、一生懸命がんばった主人公は最後に栄光を掴んで笑うのだけど。 1969年、新聞社で週刊誌記者として働く沢田雅巳(妻夫木聡)は、2年、梅山と名乗る左翼思想の学生(松山ケンイチ)と出会う。 映画評論、文芸、エッセイなどで活躍する川本三郎が、新聞社入社当時1969~72年のジャーナリスト時代を綴ったノンフィクションが原作。これは、今年の邦画の忘れ難い1本となるだろう。著者自らの経験である実話がベースのデリケートな題材を、その時... [Read More]

Tracked on June 17, 2011 at 06:55 AM

» 『マイ・バック・ページ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「マイ・バック・ページ」□監督 山下敦弘 □脚本 向井康介□原作 川本三郎 □キャスト 妻夫木 聡、松山ケンイチ、忽那汐里、中村 蒼、韓 英恵、長塚圭史、あがた森魚、三浦友和■鑑賞日 6月5日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★...... [Read More]

Tracked on June 17, 2011 at 12:32 PM

» マイ・バック・ページ [映画的・絵画的・音楽的]
 『マイ・バック・ページ』を吉祥寺バウスシアターで見ました。 (1)こうした40年ほども昔の、それも学生闘争という特殊な事柄を扱った映画なら、入りがかなり悪いのではと思っていたところ、日曜日に見たせいかもしれませんが、吉祥寺の映画館でもかなり観客が入ってい...... [Read More]

Tracked on June 18, 2011 at 06:41 AM

» ■映画『マイ・バック・ページ』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
妻夫木聡と松山ケンイチの競演が話題の山下敦弘監督の映画『マイ・バック・ページ』。 1969年から始まる映画というので、“LOVE & PEACE”で牧歌的でハッピーな青春物語かと思いきや、学生運動家とそれを取材するジャーナリストを描いたビターな物語でした。 あるシーンで、... [Read More]

Tracked on June 18, 2011 at 09:59 PM

« 緑濃い大原野 | Main | わが家の節電 »