« 地震学者の提案 | Main | 浜岡原発を止める署名 »

April 23, 2011

『SOMEWHERE』 メローな空虚

Somewhere
SOMEWHERE(film review)

「俺は空っぽの男だ」。ハリウッドの人気役者・ジョニー(スティーヴン・ドーフ)が電話口で別れた妻につぶやくシーンがある。

国際的な賞をもらい、次回作も決まって役者として充実しているように見えるジョニーだけれど、私生活は「シャトー・マーモント」(セレブが泊まるので有名なLAのホテル。監督のソフィア・コッポラは父のフランシス・F・コッポラとここに滞在したことがある)でひとり暮らし。パーティーと酒と女とフェラーリの日々を送っている。

冒頭、ジョニーがフェラーリを駆って目的もなく周回道路を回る長いシーンがある。カメラは周回道路の左右を切ったフレームで手前に据えられ、独特のエンジン音を響かせたフェラーリが画面から出たり入ったりしながら道路を回るのをじっと見ている。観客はいったい何をやっているのかととまどい、物語が進むにつれジョニーが心の内に抱えこんだ空虚に気づくことになるのだが、カメラはそんなジョニーを冷たく突き放すわけでなく、かといって寄り添うわけでもなく、温かな傍観者といった視線を守っている。

ホテルの自室になじみのポールダンサー(双子のブロンド美女)を呼んで踊らせる。テラスのジョニーを見た女性客は、自分から胸を開いて誘いをかける。女には不自由しない。ベッドでは共演の女優の下着に手をかけながら途中で眠り込んでしまう。

そんなところへ、娘のクレア(エル・ファニング)がやってくる。母親は何かの事情があって娘をジョニーに押しつけ姿をくらましてしまう。11歳になったクレアとの日々が、ジョニーの心に少しずつ変化をもたらす。

大筋はそんな展開なんだけど、ジョニーの空虚とメランコリーがこれみよがしに強調されることはない。ジョニーの行動と言葉だけを追って内面描写をしない。『ロスト・イン・トランスレーション』でもそうだったけど、そのあたりがソフィア・コッポラの品の良さなんだろうな。

音楽も必要以上に鳴らないけれど、さりげなく新らしめの曲やプレスリーの「テディ・ベア」、ブライアン・フュリーの「煙が目にしみる」なんかの懐かしい曲が効果的に挿入される。

結果として、映画全体に透明で、メローな空虚感とでもいった空気が漂っている。ハリウッドのセレブが金にまみれた生活に倦み、戻ってきた娘と送る日々に充実を覚える。その父と娘との戯れは見ていて快い。だけど、それだけ。娘との日々に喜びを覚えるといっても、それは父親として自然の感情ではあっても、それ以上でもそれ以下でもない。その快い空っぽの空気に、僕はまったく乗れなかった。僕は古いタイプの映画好きだから、ソフィアなりのスタイルでジョニーの心の内にもっと踏みこんでくれないと。

(以下、ネタバレです)ラスト、ホテルを引き払ったジョニーはフェラーリに乗って娘のいる夏のキャンプ地へ向かうのだが、途中、フェラーリを道端に乗り捨てて「どこか(somewhere)」に向かって歩き出す。でもなあ、エンドロールが終わるころには思い直してまたフェラーリに乗ったんじゃないの? などと思ってしまった。

僕がプールつきの高級ホテルにもフェラーリにも縁がないせいか、それとも地震と原発事故のニュースに頭がいっぱいの身には遠い世界に感じられたからなのか、それは分からない。しばらくして見ると、ぜんぜん別の印象を持つかもしれないけれど、ヴェネツィア映画祭金獅子賞で期待したせいもあり、正直がっかりした。しかしエル・ファニングは姉貴にも増してかわいいいなあ。

|

« 地震学者の提案 | Main | 浜岡原発を止める署名 »

Comments

空っぽの人生、自分にもそのまま
跳ね返ってくる内容に
戸惑ってしまいました。
人生うまくいっているのかなぁと
映画館から帰るときは
ため息の連続でした。

Posted by: シムウナ | April 24, 2011 at 09:55 PM

LAという町がまた、この映画の空っぽな空気にぴったりの舞台装置なんですね。ポスターも秀逸だと思いました。

シムウナさんにそういうことを考えさせたことからも、ソフィア・コッポラの力が分かりますね。

Posted by: 雄 | April 25, 2011 at 11:45 AM

行動と言葉だけを追って内面描写をしない、というのは本当にそうでしたね。それを品、だというのにはああそういうことかと目から鱗が2、3枚...
ぼくは単純にテクニックと受け止めて、うまいよなーと感じてましたが、ああそういう現れなのだなーと改めて納得しました。
もしかしたらそのへんが、男性陣には不評な理由につながるのかもしれません。よくわからないのですけどね(笑

Posted by: kiku | April 25, 2011 at 11:57 PM

言葉と行動だけ追うのはハードボイルドの手法ではありますが、ソフィアの場合は違うような気がして、言葉を捜しているうちに「品」という言葉に行き当たりました。ハードボイルドが言葉と行動だけ追う裏にはマッチョな心性が隠れていると思いますが、ソフィアの映画の裏には何があるのかよく読めなかったのが、乗れなかった理由かもしれません。つまりは僕が古いんだと思います。

Posted by: 雄 | April 26, 2011 at 11:28 PM

まだ見てませんが、彼女っていつも
私小説ですよね。

ribbon「マリーアントワネット」の時も
だってソフィアは王女様だもん、そりゃ
感情移入し易いだろうと思いました。
世界一セレブな知的お嬢様の遊びの世界ってどんなかなーという好奇心を
満足させてもらえばそれでいいんです。

Posted by: aya | April 27, 2011 at 08:57 AM

あははhappy01、そう言っては実も蓋もない気もしますが、でもそれが正解かもしれないですね。セレブなホテル生活など露骨に私小説です。

Posted by: 雄 | April 27, 2011 at 12:18 PM

私小説ってコトバは、変かな。

彼女の映画って、いつも「主人公は私(ソフィア・コッポラ)よheart01」って感じ。
女優さんは、彼女の引き立て役みたい。

私に関するものがたりにしか興味ない人なんだろうけど、いかにも頭のいいジコチュー女子っぽくて
彼女のセレブ趣味を見せつける映画に、ミーハー的に浸るのは悪くないです。

Posted by: aya | April 27, 2011 at 04:08 PM

監督自身の「主人公は私よ」って映画はほかにもありますけど、トラウマみたいのを延々見せつけられるよりはソフィアのセレブ趣味のほうがましかも。僕もこういう空っぽの空気は嫌いじゃないですhappy01。今回は乗れなかったけど。

Posted by: 雄 | April 28, 2011 at 11:31 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/51471158

Listed below are links to weblogs that reference 『SOMEWHERE』 メローな空虚:

» 『SOMEWHERE』 (2010) / アメリカ [Nice One!!]
楽天ブログ「Nice One!!」2011年4月9日日記のコピー記事です。 TBはこちらにお願いします。 Somewhere (trailer HD) 原題: SOMEWHERE 監督: ソフィア・コッポラ 出演: スティーブン・ドーフ 、エル・ファニング 、クリス・ポンティアス 、ベニチオ・デル・...... [Read More]

Tracked on April 23, 2011 at 04:04 PM

» SOMEWHERE [LOVE Cinemas 調布]
典型的なセレブの生活を送る映画スターの下に、前妻との間にできた思春期の娘がやってくる。娘との瑞々しい交流を描きつつも、彼は己の心の空白に気付くのだった…。『マリー・アントワネット』のソフィア・コッポラが送る最新作は2010年のヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞作品だ。主演は『パブリック・エネミーズ』のスティーヴン・ドーフ、共演にエル・ファニング。... [Read More]

Tracked on April 23, 2011 at 08:14 PM

» 『SOMEWHERE』 [ラムの大通り]
(原題:SOMEWHERE) ----これってソフィア・コッポラ』監督の映画だよね。 確かヴェネチア国際映画祭金獅子賞だったような…。 「うん。 実を言うと、 あまりノレた映画じゃなくって、 いったんはスルーしようかと思っていたんだけど、 今回の地震で思うところがあっ...... [Read More]

Tracked on April 23, 2011 at 09:11 PM

» 『SOMEWHERE』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
音楽がバツグンなのはいつものこと。ガス・ヴァン・サント作品でおなじみのハリス・サヴィデスの撮影もステキ。限りなく透明なパステルトーンの空気が心地よい。 ロサンゼルスのホテル“シャトー・マーモント”で暮らすハリウッドの映画スター、ジョニー・マルコ(スティーヴ・ドーフ)のもとを、ある日、前妻レイラと同居する11歳の娘クレオ(エル・ファニング)が訪れる。11年前にシネマライズで観た『ヴァージン・スーサイズ』予告の青空を今も忘れられない。あの時以来、ソフィア・コッポラの映画が大好きだ。『マリー・アント... [Read More]

Tracked on April 24, 2011 at 12:22 AM

» 隙間を埋める存在 [笑う学生の生活]
15日のことですが、映画「SOMEWHERE」を鑑賞しました。 ホテル シャトー・マーモントで暮らしている映画スター、ジョニー 孤独で空虚な生活な彼の前に 娘クレオが現れて・・・ ジョニーの孤独な日々、クレオと一緒な日々 淡々と、詩的に描かれていく 本当に ただそれだ...... [Read More]

Tracked on April 24, 2011 at 10:51 AM

» 『SOMEWHERE』〜跳ね馬から降りる男〜 [Swing des Spoutniks]
『SOMEWHERE』公式サイト監督:ソフィア・コッポラ出演:スティーブン・ドーフ エル・ファニング クリス・ポンティアス ベニチオ・デル・トロ ミシェル・モナハンほか 【 ... [Read More]

Tracked on April 24, 2011 at 11:34 AM

» No.252 SOMEWHERE [気ままな映画生活]
【ストーリー】 「ロスト・イン・トランスレーション」のソフィア・コッポラ監督が、父フランシス・フォード・コッポラとの思い出や、2児の母となった自らの経験を投影して製作。 ... [Read More]

Tracked on April 24, 2011 at 04:47 PM

» SOMEWHERE /サムウェア [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click ヴェネチア映画祭、金獅子賞受賞で箔がついた、ソフィア・コッポラの4年振りの新作 むむむ、感想から言っちゃうと そんなとるほどの話じゃない。 タラちゃんが審査委員長で今回ひいき目だという声もあがって...... [Read More]

Tracked on April 24, 2011 at 06:25 PM

» 【映画】SOMEWHERE [KINOMANIE]
2010年アメリカ 原題:SOMEWHERE 監督・脚本:ソフィア・コッポラ 出演:スティーヴン・ドーフ、エル・ファニング他 2011年4月9日 ワーナーマイカルシネマズ板橋 評価★★★★(4/5) ハリウッド・セレ...... [Read More]

Tracked on April 27, 2011 at 07:56 PM

» ■映画『SOMEWHERE』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
ソフィア・コッポラ監督の新作映画『SOMEWHERE』。 これは巨匠と言われる映画監督フランシス・フォード・コッポラの娘である彼女、映画業界の表と裏、光と影、華やかさの裏にある空虚さを知り尽くしている彼女だからこそ作れた作品だと思います。 派手なストーリー展開はな... [Read More]

Tracked on April 29, 2011 at 10:22 PM

« 地震学者の提案 | Main | 浜岡原発を止める署名 »