« 『悲しみのミルク』 歌とじゃがいもの生命力 | Main | 地震学者の提案 »

April 16, 2011

万座温泉にひたる

1104155w
trip to Manza Spa

2月からかかっていた仕事に一区切りついたので、群馬県の万座温泉に行ってきた。3月11日以降は、テレビの音を消してつけっぱなしにし、地震や原発事故のニュースを横目で見ながらパソコンに向かう日々。時には大きな余震で部屋から逃げだすこともあった。

万座温泉は火山である草津白根山の中腹、1800メートルの高地にある。江戸時代から湯治場として知られていた。滞在したのは、いちばん古い日進館。

この写真は露天「極楽の湯」。周りには2メートル近い根雪が残っている。冷たい風に顔を吹かれながら熱い湯につかり、雪景色をながめていると文字通り「極楽」気分になれる。

1104152w

万座でいちばん古い「苦湯」。胃腸病などによく効くから、今も湯治客が多い。

「自粛」空気が蔓延しているからガラガラかと思ったら、スキー・シーズンとGWの谷間の平日なのに、けっこう客がいる。滞在客への割引、きれいな部屋、地産地消の食事、都心からの直行バスといった形で、湯治システムを今ふうにしているのが効いているのかも。

11041510w

硫黄泉で、乳白色の湯がとろりと肌にやさしい。ほかに「姥湯」「滝湯」など9種類の湯があるけれど、「万天の湯」は節電で閉められていた。

1104154w

露天「極楽の湯」の入り口は本館から少し歩いたところにある。

1104158w

深夜の「極楽の湯」。これがまたいい。湯気の影が根雪にゆらめいている。

1104156w

「苦湯」源泉の湯畑。硫化水素が噴き出て立ち入り禁止になっており、そばまで行けない。以前、危険だからと旅館に営業停止命令が出たこともあるが、「苦湯」ファンが署名を集めて営業を続けられたという。

|

« 『悲しみのミルク』 歌とじゃがいもの生命力 | Main | 地震学者の提案 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/51404914

Listed below are links to weblogs that reference 万座温泉にひたる:

« 『悲しみのミルク』 歌とじゃがいもの生命力 | Main | 地震学者の提案 »