« 浦和ご近所探索 寒天工房 | Main | 須田一政のB面 »

February 20, 2011

『ザ・タウン』 ボストン犯罪映画

The_town
The town(film review)

アメリカ映画で犯罪ものといえばニューヨークやロス、サンフランシスコといった大都市を舞台にしたものが多いのは当然だけど、この10年ほど、ボストンを舞台にした犯罪映画も目立つ。

記憶に残るのは『ミスティック・リバー』や『ディパーテッド』、『ザ・タウン(原題:The town)』で監督・脚本・主演を務めるベン・アフレックの前作『ゴーン・ベイビー・ゴーン』あたりだろうか。『ミスティック・リバー』と『ゴーン・ベイビー・ゴーン』は共にデニス・ルヘインのミステリーを原作にしていた。

ボストンといえば、ハーヴァード大学を中心に建国初期の富裕層が住む古都というイメージが強いけど、19世紀のアイルランド飢饉でアイルランド人が大量に移住して多くは肉体労働者となり、20世紀に入ってからはアフリカ系はじめエスニックが流入して、貧富の差の激しい都市、つまりは犯罪の多い都市としても知られている。このところの「ボストン犯罪映画」の背景にはそういう社会状況もあるのだろう。

この映画の舞台はボストン北部でアイルランド系住民が多数住むチャールズタウン。街そのものが映画の主役といってもいいかもしれない。時代は多分1990年代との設定だろう。

ダグ(ベン・アフレック)、ジェム(ジェレミー・レナー)ら4人の銀行ギャング団は、チャールズタウンで犯罪を「家業」とする家に生まれ育った幼な馴染。4人が襲った銀行の支店長クレア(レベッカ・ホール)が同じチャールズタウンに住んでいることが分かり、様子を見ようとダグが彼女に接近する。やがてクレアはダグが強盗と知らないまま、ダグとクレアは互いに心を通わせるようになる。同時に、次の大がかりな強盗計画が進行している。

クレアがチャールズタウンに住んでいるという設定は、「ジェントリフィケーション」と呼ばれる現象を背景にしている。1990年代から2000年代にかけて、ニューヨークなどの大都市では古い町やスラムが再開発されて次々に高級コンドミニアムが建てられた。ボストンも同様だったろう。高級コンドミニアムに入ってきたのは若く金回りのいいヤッピーたちで、この映画でもダグたちは新住民のヤッピーを「トゥーニーズ」と呼んで敵対意識を持っている。クレアもそんな「トゥーニーズ」のひとり。

チャールズタウンにはダグたちアイリッシュ・ギャングだけでなくアフリカ系ギャングもいて、互いに敵対している。この映画でアフリカ系は「プロジェクト」と呼ばれる貧困層向け公共アパートに住んでいて、クレアが通勤途中でアフリカ系にいやがらせされたことから、ダグたちは「プロジェクト」に殴りこみをかける。

(以下、ネタバレです)『ザ・タウン』はそんな地域の変化と住民同士の対立を背景にした、愛と友情の相克の物語だ。もっとも原作(チャック・ホーガン『強盗こそ、わが宿命』)がそうなっているのだろうが、友の死、恋人との別れ、タウンからの脱出といった筋書きのなかで、その相克が突き詰められるわけではない。

最近は女性読者も多いとはいえハードボイルドはもともと男のエンタテインメントだから、男が心地よく読んだり見たりできる設定や筋書きのものが多い。僕もハードボイルドが好きだけど、映画や小説を楽しみながらも時にその男性中心主義に不満を覚えることもある。

この映画にも良くも悪くもそんな甘さがある。ラストシーン。タウンを脱出したダグにとって、ジェムは死んだが友情が壊れたわけでなく、恋人とは別れたが互いの愛は続いていて、いつか会うことができるかもしれない。そんな結末は快いけれど、あまりにも主人公の男に都合よくはないか。

もちろん強盗シーン、古い町並みを舞台にしたカー・チェイスなどはたっぷり楽しめる。逆に言えば、人間ドラマもアクションもと盛りだくさんすぎたところが、『ミスティック・リバー』や『ディパーテッド』の満足度に及ばなかった理由かも。


|

« 浦和ご近所探索 寒天工房 | Main | 須田一政のB面 »

Comments

sun一瞬、ポスターをみて
ホラー映画だとばかり思いましたが、
違うようですね。。。。

男の尼さんが白塗りして、銃もって、
ギャク映画とも間違いそう。
ベン・アフレックって、ただの美男俳優かと思ってたら、知性派らしくて、へぇーですよね。
監督なんかしたりしてcoldsweats01
なかなか可愛い顔してるよネ、笑。

Posted by: aya | February 22, 2011 at 10:36 AM

ポスターは銀行を襲撃するために尼さんのマスクをかぶってるんです。なるほど、ホラーに見えるかも。

ベン・アフレックは『グッド・ウィル・ハンティング』でマット・デイモンと2人で共同脚本を書いてます。2人とも才色(?)兼備というか。監督としてはハードボイルドが好みで、演出は正統派かな。

Posted by: 雄 | February 22, 2011 at 09:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/50896272

Listed below are links to weblogs that reference 『ザ・タウン』 ボストン犯罪映画:

» ザ・タウン [LOVE Cinemas 調布]
『ゴーン・ベイビー・ゴーン』で監督として高い評価を受けたベン・アフレックの送る第2作。強盗団のリーダーと人質となった女性の恋愛模様や、仲間との絆を描いたクライムアクションだ。主演は監督のベン・アフレック。共演に『それでも恋するバルセロナ』のレベッカ・ホール、『地球が静止する日』のジョン・ハム、『ハート・ロッカー』のジェレミー・レナーが出演。... [Read More]

Tracked on February 24, 2011 at 12:26 AM

» 『ザ・タウン』(2010)/アメリカ [NiceOne!!]
原題:THETOWN監督・出演: ベン・アフレック出演:ジョン・ハム、レベッカ・ホール、ブレイク・ライブリー、ジェレミー・レナー公式サイトはこちら。東京国際映画祭クロージング作... [Read More]

Tracked on February 24, 2011 at 12:33 AM

» 『ザ・タウン』(ベン・アフレック監督・主演) [ラムの大通り]
(原題:The Town) 「う〜む。 噂には聞いていたけど、ここまでオモシロい映画とは…」 ----えっ、珍しいニャ。 “オモシロい”という言葉を使うのって…。 「うん。とにかくよくできているんだ。 お話としては、犯罪の温床のような“町”に生まれ育った男が、 ある女性と知...... [Read More]

Tracked on February 24, 2011 at 12:39 AM

» 『ザ・タウン』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ザ・タウン」□監督・脚本 ベン・アフレック □脚本 ピーター・クレイグ、アーロン・ストッカード□原作 チャック・ホーガン □キャスト ベン・アフレック、レベッカ・ホール、ジョン・ハム、ブレイク・ライヴリー、ジェレミー・レナー、ピート・ポスルスウェイト■鑑賞日 2月12日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>   アメリカでも最も強盗が多発する街チャールズタウン。  ボストン・レッドソックスの松坂家族は大丈... [Read More]

Tracked on February 24, 2011 at 08:20 AM

» ザ・タウン/ THE TOWN [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね ←please click ベン・アフレック監督第二作目。東京国際映画祭クロージング作品。 ロンドンで、まだ〜むと「 [Read More]

Tracked on February 24, 2011 at 09:37 AM

» 「ザ・タウン」 THE TOWN [俺の明日はどっちだ]
・ 舞台は銀行強盗発生率が全米一高い街と言われるボストン、チャールズタウン。 そんな犯罪多発地帯で生まれ育ち、父親と同様に強盗を生業として暮らしていた男が、銀行強盗をきっかけに出会った女性と恋に落ち、やがて新しい自分に生まれ変わるべく、この「街」を出て行...... [Read More]

Tracked on February 25, 2011 at 06:24 PM

» 映画「ザ・タウン」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「ザ・タウン」観に行ってきました。 年間300件以上もの銀行強盗事件が発生するマサチューセッツ州ボストンのチャールズタウン(略称「タウン」)を舞台に繰り広げられるクライム・アクションドラマ。 作中では暴力が振るわれたり銃撃で頭を貫かれたりする描写やセックスシーンがあるためか、この作品はPG-12... [Read More]

Tracked on February 27, 2011 at 02:48 AM

» [遅ればせながら、映画『ザ・タウン』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆すまんね、今、風邪か花粉症かわからない状態で、体調が悪い。  本日は2本観る予定だったが、この『ザ・タウン』を観て、いったん外に出たら、もの凄い寒気に襲われ、帰宅を決めた。  だから、短信です。  でも、映画を観る前も体調は万全じゃなかったが、観ている...... [Read More]

Tracked on March 04, 2011 at 07:35 AM

» 映画:ザ・タウン The Town 意外にクラシカルな仕上がりにニンマリ。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
ベン・アフレックの監督第2作。 橋一つを隔てただけで、生活レベルが全く違う環境のもと、犯罪発生率が高い都市、ボストン・チャールズタウンが舞台。 チャールズタウンからアップタウンに銀行強盗を行う犯罪団のリーダーをアフレックが演じる。 彼に、強烈な個性がたく...... [Read More]

Tracked on March 05, 2011 at 07:49 AM

» ザ・タウン [映画的・絵画的・音楽的]
 『ザ・タウン』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)この映画の前に見た『ジーン・ワルツ』は、出産を扱っていることから当然のことながら、女性中心の作品になっていましたが、本作品は強盗団一味を描く犯罪物ですから、登場する主な女性はたったの二人です。  いずれも...... [Read More]

Tracked on March 09, 2011 at 07:58 PM

» 『ザ・タウン』 事件のたびに変わるのは? [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  『ザ・タウン』を観た翌々日、再び映画館に足を運んで『ザ・タウン』を観た。こんなことは初めてである。  1度目は大いに楽しんだ。2度目は脚本の妙に感心した。  本作では、後の...... [Read More]

Tracked on March 16, 2011 at 10:55 PM

» 映画:ザ・タウン [よしなしごと]
 銀行強盗の覆面が印象的な予告編。そしてこの作品に出演しているピート・ポスルスウェイトが今年2011年1月2日に死去され、本作が遺作となったザ・タウンを観てきました。 [Read More]

Tracked on March 19, 2011 at 12:29 PM

» 映画『ザ・タウン』を観て [KINTYRE’SDIARY]
11-13.ザ・タウン■原題:TheTown■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:125分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:2月13日、新宿ミラノ(歌舞伎町)■料金:1,800円スタッ... [Read More]

Tracked on March 21, 2011 at 01:38 PM

« 浦和ご近所探索 寒天工房 | Main | 須田一政のB面 »