« 雪の朝 | Main | 『ザ・タウン』 ボストン犯罪映画 »

February 19, 2011

浦和ご近所探索 寒天工房

1102191w
a shop of agar

浦和駅と北浦和駅の間、商店街からはずれたJRガード近くに「あんみつ・みつ豆材料卸」と看板が出ている店が気になっていた。入ってみると水嶋商店(浦和区東仲町)は寒天と餡の製造販売の店。

1102192w

テングサを大釜で煮て濾過し、右の器に入れて冷やすと、固まって寒天ができあがる。浦和で寒天をつくっているのはここだけだそうだ。


1102193w

こちらは餡の材料の小豆や、みつ豆の材料のえんどう豆を煮る釜。

1102194w

豆腐2丁分くらいに切った寒天を1センチ角に搾り出してあんみつやみつ豆に。あんみつ3人分600円。できたてのぷりんぷりんの寒天に適度な甘さの餡がいけます。安くてうまい地元商店の鑑のような店。

|

« 雪の朝 | Main | 『ザ・タウン』 ボストン犯罪映画 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/50914389

Listed below are links to weblogs that reference 浦和ご近所探索 寒天工房:

« 雪の朝 | Main | 『ザ・タウン』 ボストン犯罪映画 »