« うっすらと初雪 | Main | 雪の朝 »

February 10, 2011

『冷たい熱帯魚』 シオンの過剰

Photo
Coldfish(film review)

浴室で死体をばらばらにし、「ボディを透明にする」(登場人物は死体を誰にも分からないよう処理することをこう呼ぶ)シーン。連続殺人鬼の村田(でんでん)と、その愛人・愛子(黒沢あすか)、ずるずると犯罪に引き込まれた主人公・社本(吹越満)の三人が血みどろになり、切り刻んだ肉や内臓にまみれる。そんな凄惨な映像が延々と続く。

その場面を見ながら、これに似た映像をどこかで見たことがあるな、と既視感を持った。映画を見終わった後で思い当たったのは、映画でなく小説だった。桐野夏生の『out』(映画では遥か昔に見た『青春の殺人者』もあったけど)。

『out』の主人公の女性たちが殺してしまった男を風呂場でばらばらにするシーン。桐野は死体を切り刻み、ビニール袋に入れて家庭ゴミとして処理するまでを、読む者に映像を喚起させる文体でたっぷりと細密描写してみせた。それが映像の記憶として脳内に残っていたらしい。

小説も映画も、何年か前に現実に起きた犯罪から発想されているのは共通している。浴室と死体処理という日常と非日常の奇妙な取り合わせが、二人の作家の想像力を刺激したんだろう。小説『out』は桐野のミステリー・ジャンルでの傑作になったけど、園子温(その・しおん)監督の映画『冷たい熱帯魚(英題:Coldfish)』もそれに匹敵する衝撃的な作品になった。

『out』にも『冷たい熱帯魚』にも共通する浴室での死体処理場面だけど、桐野とは違ってここがいかにも園子温と思わせることが二つある。

ひとつは、この血みどろの浴室での死体処理が一度ならず、二度までも繰り返されること。僕はこういう画面を見てもなんともないほうだけど(せいぜい今晩はレバーを食べたくないな、程度で)、これだけしつこく、どぎつくやられると、さすがに辟易してくる。その過剰さが、いかにも彼らしい。

この映画はヴェネツィアはじめ10を超える海外映画祭に出品されているけれど、欧米人観客の反応はおよそ想像がつく。そんな海外映画祭への次々の出品は、どうだ、これに賞を与えられるか、という挑発のようにも見える。

もうひとつは、この死体処理がキリスト教の教会を思わせる建物のなかで行われていること。死体を運び込む古びた日本家屋の屋根には十字架がかけられ、イルミネーションがつけられている。ここは殺人鬼・村田の父親の家で、父はどうやら異端のキリスト教祭司だったらしい。死体とともに家に入った村田は、「子供のころ、ここに閉じ込められた」とつぶやくから、父親へのねじれた愛と近親憎悪に満ちた空間なのだろう(このモチーフは『愛のむきだし』にもあった)。

死体を浴室に運んだ村田は愛子に「蝋燭をつけろ」と命ずる。愛子は、マリア像の周りに並べられた蝋燭にバーナーで乱暴に火をつける。マリア像と蝋燭への点火は村田にとってこの死体処理が宗教儀式に近いもので、しかもそれを冒涜する意思に貫かれていることを暗示する。

園子温は前々作『愛のむきだし』でも、登場人物が十字架をかついで歩く「キリスト受難」ふうな映像を挿入していた。僕はこの監督の映画を『愛のむきだし』『ちゃんと伝える』しか見ていないので断定はできないけど、園子温の映画には反キリスト(反宗教)の気配を感ずる。そこもまた挑発的だ。それが監督(名前も秘密結社シオン修道会を連想させる)のどういう個人的体験に根ざしているのか知らないが……。

この映画は、熱帯魚店を営む社本が心ならずも犯罪に巻き込まれ、その結果、家族が破滅していく物語だけど、本当の主役は村田だろう。でんでん演ずる村田は映画のなかで三度、豹変する。

最初、彼はいかにも善人面で世話好きな男として登場する。やがて社本を詐欺に巻き込むなかで本性を現わし、社本を脅迫して殺人の共犯者に引きずり込む。社本の娘を自分の熱帯魚店の従業員にし、寮暮らしをさせて人質に取る。村田はさらに社本の妻(神楽坂恵)を抱き、社本には自分の愛人である愛子を抱くよう強要する。

それまで家族を守るために耐えていた社本が、彼のなかで何かが切れる。彼がいきなり村田に反撃をはじめたとき、村田は三度目の豹変をする。それまでの居丈高な態度が、一転して弱々しい態度を示すのだ。その伏線が、「子供のころ、ここに閉じ込められた」というセリフだ。

社本に反撃され死にかけた村田は、「社本クン、ちょっと痛いよ」(それまでは「社本」、映画の冒頭では「社本さん」と呼んでいたのに)、「お父さん、許して」と、いきなり幼児帰りしてつぶやく。村田が強者から弱者へ反転するその瞬間が、この映画の最高の見せ場だ。善人面から殺人鬼へ、そして最後に父親に虐待(?)された子供に戻る。そんな複雑な中年男を演じ、しかもブラックな笑いを取るでんでんが素晴らしい。

地方都市の一見平穏な日常が、ちょっとした裂け目から裏側のどろどろした闇を覗かせてゆくのはデヴィッド・リンチあたりが最も得意とするドラムづくりだけど、『冷たい熱帯魚』でもその手法が効果的。最初と最後に近く二度登場する、社本一家が食卓を囲む食事シーンは、これが反転されたホーム・ドラマであることを物語っている。

村田と悪党仲間の弁護士(渡辺哲)が身につけているバブリーなファッションや、タンクトップにホットパンツの従業員のコスチュームも、いかにも一昔まえのこの国の姿のようで笑える。そんな地方都市の日常のなかで、水槽にたゆたう大きな熱帯魚のぬるっとした感触が、やがて露わになってくる裏の闇を予感させる。熱帯魚が人間に変身したような気配で、黒沢あすかが色っぽく登場する。熱帯魚と黒沢あすかの怪しげな感触に不穏な気配を感ずるころには、見る者はもう園子温の術中にはまっている。

今年の映画は正月明けから『アンストッパブル』『ソーシャル・ネットワーク』『冷たい熱帯魚』と大当たり。こういう映画を続けて見られると本当にわくわくする。

|

« うっすらと初雪 | Main | 雪の朝 »

Comments

私も鑑賞中、「OUT」を思い出しましたよ。映画の方は観ていなくて、原作小説のお風呂の切断シーン、そのシオンならあちらも綿密に映像化するだろうなとボンヤリ考えてました。が、そうではなくて、映像化されるとは思いもよらなかったあのシーンが、そのシオンによってサラリと実現された、と思うべきでした。犬じゃなくて、魚に換えたところもさすがですよね。

Posted by: かえる | February 18, 2011 12:21 AM

僕も『out』の映画版は見ていません。これだけすごい小説を読まされ、しかもそれがイメージ喚起力にあふれたものだと、それ以上の映画ができるわけはないと思ってしまいます。確かにこの映画は、『out』のあのシーンの映像化と言ってもいいのかもしれません。シオンが意識していたのは間違いないでしょう。熱帯魚のぬめっとした感触に置き換えたのもいかにも映画的ですね。

Posted by: 雄 | February 19, 2011 02:10 PM

映画の映像をネットに利用する場合…

お問い合わせ内容。映画の映像をネットに利用する場合…

突然のご質問をお許し下さい。映画の好きなブロガーです。私はブログやHPで映画の話題を載せています。時代劇から邦画洋画の話題作、古い懐かしの名画・・・とうとうさまざまです。その中で、映画の紹介のために公式サイトに掲載された映像や、上映中の作品ならば、映画ブログやサイトの映像をコピーして、自分のサイトに掲載しています。恐らくブログを発行している方は皆共通している行為だろうと想像します。東映や松竹等の配給会社の提供する写真や映像は、映画宣伝のため提供されているもので、映画のファンであり、いい映画を広く知ってもらうための普及に利用しているという軽い意識で利用させていただいてます。その裏には、少しも商業行為で利益に関係のないHPであり、これは著作権に抵触しない・・・という勝手な思い込みがあります。しかしこの写真、画像のコピーは、無断掲載、著作権に抵触する行為になるのでしょうか・・・?

私、現在、就職のためにWEBデザインを勉強しているものです。ホームページ製作練習のために、ある学校の講師の計らいで、映画のHPを「ドリームウィーバ」で製作して、面接先の会社にだけ閲覧できるようにあるサイトに掲載させてもらってます。しかしパスワードを付けて閲覧を限定、アドレスとバスワードを教えないと見れないように限定しています。こうした方法でも無断掲載、著作権に抵触する行為になるのでしょうか???

よろしければ、映像資料の個人のブログ・HPへの掲載が、著作権違反になるかどうか、参考見解をお答えいただけないでしょうか?

Posted by: 流石埜魚水 | March 05, 2011 08:44 AM

流石埜魚水さんのブログは時々、拝見しています。

映像のコピーは、なかなか難しい問題ですね。私は法律の専門家ではありませんので、以下は私が編集者として仕事をしてきた経験からの個人的意見です。

映画の映像(動画もありますが、ここではスチールとして話をします)には当然、著作権と(俳優の)肖像権があります。一方、日本の著作権法では、正当なものなら許可なしで引用することができると定められています。ですから、どこまでが正当な引用として認められるか、ということになるでしょう。とはいえ、どこまでと明確な線が引けないところが、問題の悩ましいところです。

その線は時代によっても異なります。また著作権法は文書の引用を前提にしていますから、映像を、それもネットで引用する場合にどう適用されるか、はっきりした基準はありません。

以前は、映画会社もスチールの使用に比較的寛大でした。上映中の映画も過去の映画も、その映画の宣伝になるなら比較的自由に使うことができました。でもこの20年ほど、どんどん厳しくなっています。それには、著作権だけでなく肖像権が厳しく言われるようになった事情も絡んでいます。現在、俳優の肖像権は映画会社でなく、俳優(所属事務所)が管理しているのが一般的でしょう。

以前私が映画関係の仕事をしたとき、スチールは現在上映中の作品に限りパブリシティのために使用を認めると言われたことがあります。過去の映画のスチールは、仮に映画会社の許可が出ても、肖像権はそちらの責任でクリアしてください、と言われます。

現在、映画の公式ホームページなどでは、スチールの下に著作権が存在するという(c)表記がされている場合があります。これは、無断でコピーすれば著作権侵害になりますよ、という意思表示でしょう。

では正当な引用はどんなものかというと、先ほど言いましたように明確な線はありません。著作権法では、その作品を紹介・論評するのに必要不可欠であること、量的に必要最小限であること、出所を明示することなどが求められています(wikipediaなど参照)。常識的に考えて、あまりに多い点数や、あまりに大きな画像(資料でなく鑑賞用と認められるもの)は正当な引用の範囲を超えていると判断されると思います。

今、多くのホームページやブログで映画のスチールがコピーされて使われています。そのことで著作権や肖像権を持っている側(映画会社や俳優の事務所)とトラブルになった話をあまり聞かないのは(私が知らないだけかもしれませんが)、ネット上での正当な引用の範囲について明確な基準がないこと、HPやブログの多くが個人的なもので商業目的でないことなどの理由で、実質的に野放し状態になっているためでしょう。いずれどこかで目に余る行為があれば、必ずトラブルになるに違いありません。著作権や肖像権は大事ですが、批評のための正当な引用の権利もきちんと守られる必要があります。いずれにしても、引用する側も著作権法の規定を確認した上で常識的な線を守ることが大事だと思います。

私もブログを始めたころはスチールを引用していました。でも最近の映画会社の姿勢を考えて、今はスチールでなくポスターやチラシを引用しています。もちろんポスターやチラシにも著作権はありますが、これらは公衆の目につくことを目的につくられ配布されたものですから、「公知の事実」として、より自由に引用できるはずだと考えます。

なお映画の著作権は公開後70年ですので、それ以前の映画のスチールに著作権はありません(ただコピーする場合、そのスチールを所有しているところの所有権の問題はあります)。

HP製作練習についてはよく分かりませんが、パスワードを入れなければ閲覧できないのなら公開されているわけではありません。個人的な使用として許されるのではないでしょうか。

以上、参考になりましたでしょうか。

Posted by: 雄 | March 05, 2011 03:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『冷たい熱帯魚』 シオンの過剰:

» 冷たい熱帯魚 [LOVE Cinemas 調布]
『紀子の食卓』、『愛のむきだし』の鬼才・園子温監督が、“埼玉愛犬家殺人事件”をベースに人間の狂気と愛を描いた衝撃の問題作。主演は『掌の小説』の吹越満。共演にでんでん、黒沢あすか、神楽坂恵、渡辺哲。第67回ヴェネチア国際映画祭の上映では、6分間のスタンディングオベーションが起きたほど世界を震撼させた作品だ。... [Read More]

Tracked on February 13, 2011 08:03 PM

» 冷たい熱帯魚 / COLD FISH [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね ←please click 「愛のむきだし」から一転、暗〜い作品であるという事以外、知識なく観たけど、、、 受け取り方は観る人次第だけど、いやー立派な娯楽映画と受け取りました、...... [Read More]

Tracked on February 13, 2011 11:49 PM

» 『冷たい熱帯魚』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY]
私のおもいをジョークにしないでー。ユラユラswimmin 熱帯魚は淋しいの。 (映画のでなく、概ね、女優の役回りについての感想です。) 小さな熱帯魚屋を経営する社本信行(吹越満)とその妻の妙子(神楽坂恵)、娘の美津子(梶原ひかり)は、ひょんなことから巨大熱帯魚屋、アマゾンゴールドのオーナー村田幸雄(でんでん)と知り合う。 1993年の埼玉愛犬家殺人事件をはじめとするいくつかの猟奇殺人事件からインスパイア。でんでんでんでんでーん。怖いよ、怖いよ。でんでんが「しゃもとさん」って言いながら夢に登... [Read More]

Tracked on February 14, 2011 11:05 PM

» 映画レビュー 「冷たい熱帯魚」 [No Movie, No Life (映画・DVDレビュー)]
冷たい熱帯魚 【公式サイト】  【allcinema】 「埼玉愛犬家殺人事件」を元に創られた園子温監督の問題作。主演は吹越満、共演はでんでん。R-18指定で、それに見合った本気度がうかがえる作品だ。 ...... [Read More]

Tracked on February 15, 2011 01:42 AM

» 『冷たい熱帯魚』 [ラムの大通り]
----おっ。これはいま注目の作品だね。 「ヴェネチアが沸いた! 園子温、最高傑作にして金字塔的作品 誕生!」…。 いったい、どんな映画ニャの? 「ひとことで言えば、 猟奇連続殺人と、その男に魅入られた 熱帯魚屋を営む主人公・社本と家族の話」 ----へぇ〜っ。主演が...... [Read More]

Tracked on February 15, 2011 06:04 PM

» 『冷たい熱帯魚』〜ウルトラミラクルフィルムノワール〜 [Swing des Spoutniks]
『冷たい熱帯魚』公式サイト監督:園子温出演:吹越満 でんでん 黒沢あすか 神楽坂恵 梶原ひかりほか【あらすじ】(goo映画より)小さな熱帯魚屋を経営する社本信行は、ある夜 ... [Read More]

Tracked on February 15, 2011 08:49 PM

» 冷たい熱帯魚 [映画的・絵画的・音楽的]
 『冷たい熱帯魚』をテアトル新宿で見てきました。土曜日の午後だったせいでしょうが、ほとんど満席の状況でした。 (1)この映画を製作した園子温監督の作品としては、最近では、『愛のむきだし』と『ちゃんと伝える』を見ています。前者は、オーム真理教事件を題材の一...... [Read More]

Tracked on February 27, 2011 06:41 AM

« うっすらと初雪 | Main | 雪の朝 »