« 安田南 キュートな歌と笑顔 | Main | 『白いリボン』 静かなる不穏 »

December 07, 2010

『マチェーテ』 豪華B級映画

Machete

『マチェーテ(原題:Machete)』(ロバート・ロドリゲス監督)は、2007年の映画『グラインドハウス(原題:Grindhouse)』のエセ予告編(本編のない予告編のみ)から発展して、本編としてつくられてしまったB級(もどき)映画だ。

「グラインドハウス」とは1960~70年代のアメリカで、B級映画2~3本立てで上映されていた映画館のこと。映画『グラインドハウス』は、「グラインドハウス」で育ったクエンティン・タランティーノがその劇場の雰囲気を再現しようとつくったもので、「マチェーテ」「ナチ親衛隊の狼女」「ドント」「感謝祭」という4本の予告編と、『プラネット・テラー』(ロバート・ロドリゲス監督)、『デス・プルーフ』(クエンティン・タランティーノ監督)の2本の本編で構成されている。

ただ日本で『グラインドハウス』として予告編4本と本編2本が一緒に上映されたのは1週間だけで、その後、『プラネット・テラー』と『デス・プルーフ』はそれぞれ独立した映画として公開された。僕も残念ながら『グラインドハウス』としては見ていない。

「グラインドハウス」というのはもともと、ボードビルや腰をくらねせるグラインドダンス、ストリップなんかを上演する劇場をこう呼んでいたらしい(wikipedia)。1930年代から、ニューヨークのタイムズ・スクエアやロスのハリウッド・ブルヴァードといった歓楽街に集中していたという。ところが1960年代に入るとケーブルTVが普及したせいで、これらの劇場は閉鎖を余儀なくされ、代わりにポルノやホラー、カンフーといった低予算のB級映画が上映されるようになった。

そのため60~70年代には、「グラインドハウス」向けの低予算映画がたくさんつくられるようになった。いちばん知られているのはロジャー・コーマンのプロダクションで、『ラスト・ショー』の監督、ピーター・ボグダノヴィッチはじめ、何人かの監督はここから出てきた。クエンティン・タランティーノが少年のころ「グラインドハウス」に入り浸っていたのも有名な話だ。

映画の全盛時代、僕はタランティーノやロドリゲスより上の世代だけど、毎週、東映チャンバラを見たくて映画館に入り浸っていたのと同じで、安普請の劇場、チープなポスター、小便くさい館内、次週のお色気映画のポスターに胸騒ぎ、満員の館内にあふれる熱気なんかは日米共通だったろう。

『マチェーテ』はそんないきさつでつくられただけに、B級映画の匂いがふんぷんとしてる。クレジット・タイトルではわざとフィルムに傷をつけ、ぼつぼつというノイズまでつくって、いかにも使い回したフィルムといった感じを出している。最後には続編「殺しのマチェーテ」の予告もある。

設定もストーリーも、B級映画ふう。元メキシコの連邦捜査官だったが首になり、テキサスに密入国しているマチェーテ(ダニー・トレホ)が、不法移民嫌いの議員(ロバート・デ・ニーロ)の暗殺を依頼される。ところがそれが罠で……と、定石どおりの展開。メキシコの麻薬王(スティーブン・セガール)、革命派の女闘士(ミシェル・ロドリゲス)、自警団の団長(ドン・ジョンソン)、移民局の捜査官(ジェシカ・アルバ)といった面々が絡む。

いかにもチープな映画の主役といった怪異な風貌のトレホに、デ・ニーロはじめ豪華な役者や美女を配したのが「豪華B級」たる所以。マチェーテ(大刀)使いの主人公が銃を持った敵役をばったばったと切りまくり、首や腕がすぽんすぽん飛ぶ。もっとも残酷描写ではなく、コミックを見ている感じ。金髪美女の裸のシーンが必然性もなく挿入される。「人間の腸は身長の10倍以上ある」といったセリフの後に、露出した腸を使って脱出するシーンなんかもあり、笑ってしまう。

「グラインドハウス」にオマージュを捧げながら、お楽しみがたっぷりつまっている映画。もっとも、今やそういう映画に夢中になったウブな映画少年から遠く隔たり、こっちもスレている。マチェーテがあまりに強すぎるものだから、ばったばったのシーンが続いても次第にハラハラしなくなる。最後の大立ち回りではちょっと退屈してしまった。やはりアクションの爽快さはハラハラドキドキあってのもの、だね。


|

« 安田南 キュートな歌と笑顔 | Main | 『白いリボン』 静かなる不穏 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/50207660

Listed below are links to weblogs that reference 『マチェーテ』 豪華B級映画:

» マチェーテ [LOVE Cinemas 調布]
クエンティン・タランティーノとロバート・ロドリゲスが監督した『グラインドハウス』内に登場する偽の映画予告編を本当に長編映画として制作。ナタのようなナイフの使い手マチェーテと宿敵たちとの苛烈な闘いを描いたバイオレンスアクションだ。主演はダニー・トレホ。共演にジェシカ・アルバ、ロバート・デ・ニーロ、スティーヴン・セガール、ミシェル・ロドリゲスといった豪華な俳優が揃う。 ... [Read More]

Tracked on December 07, 2010 at 04:14 PM

» マチェーテ/ダニー・トレホ、ロバート・デ・ニーロ [カノンな日々]
ロバート・ロドリゲスとクエンティン・タランティーノがB級映画の金字塔『グラインドハウス』へのオマージュとして制作した『プラネット・テラー in グラインドハウス』『デス・プ ... [Read More]

Tracked on December 07, 2010 at 09:36 PM

» 『マチェーテ』〜B級番長見参!〜 [Swing des Spoutniks]
『マチェーテ』公式サイト監督:ロバート・ロドリゲス イーサン・マニキス出演:ダニー・トレホ ロバート・デ・ニーロ リンジー・ローハン ジェシカ・アルバ スティーヴン・ ... [Read More]

Tracked on December 07, 2010 at 10:57 PM

» マチェーテ/Machete [我想一個人映画美的女人blog]
ヤツの名は、マチェーテ泣く子も黙るその形相、メールはしない!でもやれば出来る子!! タランティーノと組んだロバート・ロドリゲスのB級映画へのオマージュ映画「グライ... [Read More]

Tracked on December 08, 2010 at 09:25 AM

» 『マチェーテ』(2010)/アメリカ [NiceOne!!]
原題:MACHETE監督:ロバート・ロドリゲス、イーサン・マニキス製作:クエンティン・タランティーノ出演:ダニー・トレホ、ロバート・デ・ニーロ、リンジー・ローハン、ジェシカ・ア... [Read More]

Tracked on December 09, 2010 at 06:20 AM

» 『マチェーテ』(肉食系女たちがカッコいい!) [ラムの大通り]
※ちょっとネタバレ部分も。 あっと驚きたい人は、 本篇をご覧になってからお読みになることを、 おススメいたします。 (原題:Machete) ----おおっ。 これって確か [Read More]

Tracked on December 09, 2010 at 10:10 PM

» マチェーテ [映画的・絵画的・音楽的]
 『マチェーテ』を渋谷東急で見てきました。  評判が高いにもかかわらず、ごく僅かの映画館でしか公開されなかったので見逃してしまったところ、11月下旬からこの劇場で1日1回だけ上映される...... [Read More]

Tracked on December 15, 2010 at 06:03 AM

« 安田南 キュートな歌と笑顔 | Main | 『白いリボン』 静かなる不穏 »