« 『トラブル・イン・ハリウッド』 プロデューサーはつらいよ | Main | 羅双樹木綿布展 »

October 01, 2010

キース・ジャレットを聴く

Keith

キース・ジャレット・スタンダーズトリオを聴いた(9月29日、渋谷・オーチャード・ホール)。

あいにく席は1階の後方で、暗い空間のはるか彼方の舞台上に小さく、そこだけ照明を浴びたトリオが演奏するのをながめることになる。トリオの音量は大きくないから、この大きさの劇場、この位置ではやや不満。

音と空間のそんなミニチュア感に連想したのは、ガラス球のなかに美しいサンゴとヒトデを閉じ込めた置物だった。20年前、パリへ行ったとき娘に土産として買ってきたものだ。良く言えば、閉じ込められたサンゴとヒトデのように美しさの極みにある。悪く言えば、ジャズの荒々しいエネルギーは凍結されている。

スタンダーズトリオは結成されて30年近く、キース・ジャレット(p)、ゲイリー・ピーコック(b)、ジャック・ディジョネット(ds)の不動のメンバー。その音は円熟しきっている。ピアノの前に座ったキースが一拍置いてテーマを紡ぎ出しはじめる。それを聞いたゲイリーとジャックが、即座に曲にふさわしいバッキングを始める。1曲目の「ブロードウェー・ブルース」から、80年代以来変わらないスタンダーズの世界に引き込まれる。

その完成度の高さは、まるでMJQのようだなと思った。MJQも、ミルト・ジャクソンがどんなにソウルフルにスイングしても、全体としてジョン・ルイスのヨーロッパ的な音楽理念によってコントロールされていた。

僕の印象では、キースのピアノはかつてのようなフリーっぽさが影をひそめ、透明な音で伽藍をつくるように美の世界を築いてゆく。ゲイリーは、10年ほど前にこのトリオを聴いたときは体調のせいか弱々しい音で、このトリオもこれで聴きおさめかな、と思った記憶があるけれど、今回は張りのある音でびっくり。キースのピアノに見事に反応して盛り上げる。ジャックはこのトリオのときはいつもそうだけど、抑えたドラミングで2人を支える。

「いつか王子様が」もよかったけど、アンコールでやったモンクの「ストレート・ノー・チェイサー」で、この1曲だけほとばしるエネルギーが美しく結晶して冷たいガラス球を破ったような気がした。


|

« 『トラブル・イン・ハリウッド』 プロデューサーはつらいよ | Main | 羅双樹木綿布展 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/49617247

Listed below are links to weblogs that reference キース・ジャレットを聴く:

« 『トラブル・イン・ハリウッド』 プロデューサーはつらいよ | Main | 羅双樹木綿布展 »