« 京都・大雲院から法観寺へ | Main | 箱根・姥子の湯 »

September 19, 2010

『彼女が消えた浜辺』 男と女と戒律と

About_elly

中東イスラム圏に「名誉殺人」と呼ばれる風習がある。wikipediaによれば、「女性の婚前・婚外交渉を女性本人のみならず『家族全員の名誉を汚す』ものと見なし、この行為を行った女性の父親や男兄弟が家族の名誉を守るために女性を殺害する」ことを指す。

『彼女が消えた浜辺(英題:About Elly)』はイラン映画だけど、イランのイスラム刑法にはこんな規定もあるという。「自らの妻が他人の男と姦通しているところを目撃し、妻が〔不義密通を積極的に〕受け容れていたことが分かった場合には、夫はその時点で彼らを殺害することができる。妻が〔姦通を〕強制されていた場合は、夫は男の方だけを殺害することができる」(ブログ「I am what I am」より)。

「名誉殺人」は必ずしもイスラム教に基づくものでなく、イスラム以前の極端に男権主義的な古い風習らしいけど、バングラデシュ、パキスタンからイラン、イラク、エジプト、モロッコまでイスラム圏に多く起こっている。この映画は「名誉殺人」ではないけれど、似た状況を引き起こしかねない微妙な問題を扱って、それがドラマの核になっている(以下、ネタばれです)。

大学時代の友人である3組の夫婦と子どもたちが、テヘランからカスピ海沿岸へ避暑に出かける。アミールとセピデー(ゴルシフテェ・ファルハディ)ら3組の家族以外に、同行者が2人いる。ひとりはドイツで離婚して帰国し、結婚相手を捜しているアーマド。もうひとりは、セピデーの子どもが通う保育園の先生であるエリ(タラネ・アリシュスティ)。

ヴァカンスの浮かれた気分の中で、皆はアーマドと美しく控え目なエリを近づけようとする。貸別荘を管理するおばさんには、アーマドとエリは新婚だと嘘をつく。アーマドはエリを一目で好きになり、エリもまんざらではなさそうだ。

登場人物はみな、豊かな暮らしをしている上・中流階級のようだ。3組のカップルは法律関係の職についているらしい。乗っている車はBMWやプジョー。エリは村上隆デザインの派手なルイ・ヴィトンのバッグを持っている。

今は厳格なイスラム政権になっているが(先日見た『ペルシャ猫を誰も知らない』も、それが映画の背景になっていた)、都市に住む上・中流階級には、ホメイニのイスラム革命よりそれ以前の親西欧的な近代化に親近感を持つ人が多いと聞く。だからイスラム戒律の厳格化に複雑な感情を持ち、そんな気分が、2人を近づけようとするカップルの言動の下地になっているのかもしれない。

ヴァカンスの2日目、海辺で遊んでいたセピデーの子どもが波にさらわれる。皆で子どもを助けあげて気づくと、エリの姿が見えない。エリも子どもを助けようとして溺れたのか、それとも黙ってテヘランに帰ってしまったのか(エリは1泊で帰るつもりのことろを皆に引き留められていた)。

夜になってもエリの行方は分からない。溺れたのなら、生存は絶望的だ。カップルたちはパニックに陥り、嘘をついたり取りつくろいながら(一緒に見た映画友だちのMittyさんは「そんなことしてる場合じゃないでしょ」と突っ込みを入れてた)テヘランのエリの家族に連絡を取ろうとする。

やがて、エリの兄と称する男がやってくる。でもエリに兄弟はいず、男はエリの婚約者らしい。それが分かって、カップルたちは更にうろたえる。婚約者がいるのを知りながらエリをアーマドに取り持ったのなら、彼らのひとりが口走るように「僕たちは殺されるかもしれない」のだから。

男は、管理人からアーマドとエリは新婚だと聞かされて怒っている。この場をどう切り抜けて、自分の生活を守るのか。3組の古い仲間は、夫と妻が言い争い、男同士、女同士もぎくしゃくしてくる。このあたりの心理サスペンスは、見る者をはらはらさせる。

海辺の壊れかけた別荘を舞台に、こうした出来事が進行する間じゅう、カスピ海の波音が画面に響いている。音楽はほとんど入らない。そのことが一層、この映画を印象的にする。この作品、僕には波音の映画として記憶されることになるだろう。

実はエリに婚約者がいるのを知っていたのはセピデーだけだった。エリは、その婚約者がどうしても好きになれないとセピデーに語っていた。だから、セピデーはエリをヴァカンスに誘い、アーマドに紹介しようとした。男と女の、どこにでもある話にすぎない。ハリウッド映画なら、行方をくらましたエリをめぐってコメディに仕立てるかもしれない。それがこの国では生き死にの話になる。

ラスト近く、男はセピデーと2人きりになり、彼女を問いつめる。自分という婚約者がいることを知っていたのか、と。セピデーたちがそれを知っていたのなら、男は「名誉殺人」的な立場に置かれることになり、この場にいる3組のカップルに復讐し、「殺す」ことを選ばざるをえなくなるかもしれない。知らなかったのなら、男がエリに裏切られたという、男と女2人だけの問題になる。セピデーが苦しむのは、どちらの答えを選んでもエリを裏切ることになるからだ。

結局、セピデーは「自分は知らなかった」と嘘をつき、自分たちの生活を守ることを選ぶ。それは結局、エリの婚約者をイスラムの戒律に縛られることからも守ったことになるのだと思う。

脚本・監督はアスガー・ファバルディ。イランではこの映画、大ヒットしたという。いつの時代、どんな場所にもある男と女のお話に、イスラム圏の戒律が絡むことによって起こるドラマ。それがリアルに感じられたのだろう。


|

« 京都・大雲院から法観寺へ | Main | 箱根・姥子の湯 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/49485390

Listed below are links to weblogs that reference 『彼女が消えた浜辺』 男と女と戒律と:

» 彼女が消えた浜辺 [LOVE Cinemas 調布]
2009年ベルリン国際映画祭で銀熊賞(監督賞)を受賞した作品。リゾート地の浜辺にきた男女8人、そのうちの一人が突然失踪する。残された人間だちが繰り広げる人間模様を描いたヒューマンミステリーだ。監督は本作が日本で初公開作品となるアスガー・ファルハディ。メインキャストのゴルシフテ・ファラハニは『ワールド・オブ・ライズ』でディカプリオと共演している。... [Read More]

Tracked on September 19, 2010 at 04:59 PM

» 『彼女が消えた浜辺』 [ラムの大通り]
(原題:Darbareye Elly) ※『オカンの嫁入り』『君が踊る、夏』『おにいちゃんのハナビ』の核に触れる部分もあります。 それらを鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----これって、 「この夏の外国映画のベスト」と言っていた作品だよね。 ちょっと出し惜しみしすぎじゃニャい? 「ゴメンゴメン。 気がつくと、公開がもうそこまで迫ってて、 さすがにこれじゃまずいと…。 さて、いつもとは違ってこのストーリーから。 この映画、まだ、そんなに知れ渡っていそうにもな... [Read More]

Tracked on September 19, 2010 at 09:58 PM

» 映画「彼女が消えた浜辺」(監督:アスガー・ファルディ)を見た [飾釦]
■製作年:2009年/イラン映画 ■監督:アスガー・ファルディ ■主演:ゴルシフチェ・ファラハニー、タラネ・アリシェスティ、他 イラン映画を見るのははじめてだったのですが、こんなにも緻密で文学的、映画的な面白さも加味されているとは驚きでした。正直、その細部まで及ぶ演出力の高さは、もしかしたら日本の監督もかなわないくらい高いのでは?と考えさせられてしまうほど完成度が高い映画でした。ある意味、知的スリリングに満ち、飽きさせない展開で地味ながらも衝撃的な度合いは強い面白い作品でした。ボクは今年になって映... [Read More]

Tracked on September 20, 2010 at 10:47 AM

» 映画:「彼女が消えた海」 その国「独自」あるいは「普遍的に共通」な感性を発見できるのが醍醐味。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
「瞳の奥の秘密」(2010-08-05 )の時も書いた. 通常触れられない世界の映画をみると、ハリウッド映画や日本映画にない生活の「その国」独自な「感性」を発見できるのが面白い。 でいうと、今回は「イラン映画」 なのだけれど、普遍的にうなづける部分と、そうでない部分を発見するのが醍醐味! バカンスのはずが、事件発生で一転して鬱々たる日々に陥るグループ。 タイトル通り、1人の女性が忽然として消えてしまう。 彼女は死んだのか? それともただの失踪か? グループ各々のメンバーがおかれた状況や個性... [Read More]

Tracked on September 20, 2010 at 03:20 PM

» 彼女が消えた浜辺 [シネマ大好き]
ロースクールの同級生たちが、車に分乗してバカンスに繰り出した。アミールとセビデー(ゴルシフテェ・ファラファニー)、アヌチュールとナジー、ペイマンとショーレの3組の夫婦と子供たち、ドイツで離婚した男ア-マド、彼に引き合わせようとセラビーが連れてきたエリ(タ..... [Read More]

Tracked on September 25, 2010 at 10:39 PM

» 彼女が消えた浜辺 [映画の話でコーヒーブレイク]
アルゼンチン映画に続き、イラン映画です。 イラン映画で思い出すのは1997年製作の「運動靴と赤い金魚」。 アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされるも、受賞はなりませんでした。 私にとって謎の国イランの日常を垣間見、靴をめぐり幼い兄・妹の兄弟愛と親への気遣いに 涙しました。 これ、いい映画なんですよ〜。 久々に見てみたいなぁ〜とビデオ屋さんでレンタルしましたが、アマゾンで購入だと 何故か定価のほぼ2倍だとのこと! どういうこと?!     本作も勿論単館上映、ヒューマントラスト有楽町... [Read More]

Tracked on September 28, 2010 at 07:42 PM

» 彼女が消えた浜辺 [映画的・絵画的・音楽的]
 『ペルシャ猫を誰も知らない』を見たばかりであり、もう一つ公開されたイラン映画もと思って、『彼女が消えた浜辺』をヒューマントラストシネマ有楽町で見てきました。 (1)物語は、カスピ海沿岸のリゾート地で起きた出来事を巡って展開されます。  主人公の女性(セピデー)は、ロースクール時代の友人であるアーマドらに声をかけて、彼らの家族らとともに車でリゾート地に向かいます。その際に、離婚したアーマドに紹介しようとエリという女性も誘います。予約したはずのヴィラは満室で、やむを得ず、使われておらず放置されていた... [Read More]

Tracked on October 02, 2010 at 10:02 PM

» なぜ消えたのか? [笑う学生の生活]
30日のことですが、映画「彼女が消えた浜辺」を鑑賞しました。 浜辺にバカンスに来た仲間たち 子どもが海に溺れる事件が、そしてエリも姿を消していて・・・ イラン映画であります 心理サスペンス、ドラマですね 最初は 淡々とバカン...... [Read More]

Tracked on October 04, 2010 at 09:39 PM

» 『彼女が消えた浜辺』 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・何をどう書いてもネタバレになってしまう、まったく予備知識無し、プロットも読まずに観ることをオススメします。でも、ここ読むと「そういう話し」だと思ってみてしまう「この矛盾」。『彼女が消えた浜辺』。監... [Read More]

Tracked on October 04, 2010 at 10:37 PM

« 京都・大雲院から法観寺へ | Main | 箱根・姥子の湯 »