« 中村誠一を聴く | Main | ゴーヤと水草 »

August 12, 2010

『ペルシャ猫を誰も知らない』 知られざるイラン・ポップス

Persian_cats

イスラム教国のイランでは欧米のポップ・ミュージックを聴くのも演奏するのも規制され、CD発売もコンサートも許されていない。でも若いミュージシャンたちは逮捕され楽器を没収されながらも、アンダーグラウンドで活動をつづけている。

フォーク・ロックふうなデュオ、アシュカン・クーシャンネージャードとナデル・シャガギ(2人とも本名)は、国を脱出し、ロンドンで演奏しようとしている。そのためにはパスポートとビザが必要だが、アシュカンは逮捕されたことがあるから偽造パスポートを手に入れなければならない。

一方、この映画の監督、バフマン・ゴバディもまた前作が検閲にひっかかり、新作の撮影許可が下りないでいた。監督が偶然にアシュカンとナデルの2人と知り合ったことから『ペルシャ猫を誰も知らない(原題:Kasi Az Gorbehayeh Irani Khabar Nadareh)』が生まれることになった。

国外へ脱出しようとしている2人をそのまま映画に撮る。この映画にも撮影許可が出るはずがないから、撮影はゲリラ的に無許可でやる。撮影が終わったら、監督も2人もただちに国を出る。そんなふうに、映画製作そのものが現実との鋭い緊張をはらんだ映画である。それでいながら作品の印象はとげとげしいものでなく、むしろゆったりと豊饒。それが音楽の力だろうか。

物語は2人の実際の経験に基づいているけれども、偽造パスポートをあっせんする便利屋ナデル(ハメッド・ベーダード)を配したことで、映画がぐっとふくらみを持つことになった。機関銃のように早口でしゃべるナデルは楽天的でジョークが好きで、よきイラン人の典型なのだろう。

ナデルに導かれ、2人が次々にミュージシャンを訪ねることでイランのアンダーグラウンド・ミュージックの現在が紹介される。地下室で、あるいは農場の牛小屋で、郊外の野原で、彼らは他人に見つからないようフォークやロック、ヘヴィメタ、R&B、ラップを演奏している(すべて実在のミュージシャン)。民俗楽器を使ったワールド・ミュージックふうなものもある。今はアメリカにいるラナ・ファルハンの歌が素晴らしい。

彼らの音楽をバックに、ゲリラ撮影されたテヘランの路上の映像がリズミカルに組み合わされる。大きな袋をかついで歩く人々。路地裏を走るバイク。ごったがえす街角。路上生活者らしき男もいる。ゴミだらけの建設現場。こんなリアルなテヘランの姿を見るのは初めてかもしれない。ビルの屋上から撮影された夕焼けのテヘラン市街は雑然としているけれど、近代的な都市美とは違った美しさがある。

イランを出たゴバディ監督は、ドイツで編集などのポスト・プロダクションを行ったらしい。カンヌ映画祭に出品し、「ある視点」部門で特別賞を受けた。

今のところ主演した2人のミュージシャンもゴバディ監督もイランに帰ることができないでいる。クルド人であるゴバディ監督はずっとクルド民族とクルド地域にこだわって映画をつくってきたけれど(『酔っぱらった馬の時間』はゼロ年代ベスト10に入る映画だった)、これからはどこを根拠地にしてどんな映画をつくっていくのだろう。期待と不安が半ばする。

|

« 中村誠一を聴く | Main | ゴーヤと水草 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/49113974

Listed below are links to weblogs that reference 『ペルシャ猫を誰も知らない』 知られざるイラン・ポップス:

» 『ペルシャ猫を誰も知らない』(必須) [ラムの大通り]
(英題:No 0ne Knows About Persian Cat) ----ん?これってフォーンと関係ありそう。 だけど、なんでペルシャ猫ニャの? 「いやいや。 確かに猫が出てこないわけでもないんだけど、 (しかも親猫が子猫の首を加えてね…) ここで言うペルシャ猫とは広くイランのこと。 でも個人的には、このタイトルは嬉しかったね」 ----どうして? まさか、猫が好きだからってわけじゃあ…。 「(笑)。そういうことじゃないんだ。 この監督バフマン・ゴバディは、 『酔っぱらった馬の伝説』ですい星... [Read More]

Tracked on August 12, 2010 at 08:53 PM

» 『ペルシャ猫を誰も知らない』(2009)/イラン [NiceOne!!]
原題:NOONEKNOWSABOUTPERSIANCATS監督・脚本:バフマン・ゴバディ出演:ネガル・シャガギ、アシュカン・クーシャンネジャード、ハメッド・ベーダード鑑賞劇場 : ユーロスペース公式サイ... [Read More]

Tracked on August 13, 2010 at 01:11 AM

» ペルシャ猫を誰も知らない [LOVE Cinemas 調布]
カンヌ国際映画祭でカメラドール(新人監督賞)を獲得したイランのクルド人監督バフマン・ゴバディが、テヘランを舞台にとあるミュージシャンカップルを中心に描いた青春音楽ドラマだ。その殆どが実在するミュージシャンたちの音楽シーンを撮影するために、監督は当局に無断でゲリラ撮影を敢行したという。楽曲に併せて流れるテヘランの現実は、あまりにもリアルで、既視感のカケラもない。... [Read More]

Tracked on August 15, 2010 at 03:53 PM

» 『ペルシャ猫を誰も知らない』〜テヘランでシガー・ロスを聴く〜 [Swing des Spoutniks]
『ペルシャ猫を誰も知らない』公式サイト監督:バフマン・ゴバディ出演:ネガル・シャガギ アシュカン・クーシャンネジャード ハメッド・ベーダードほか【あらすじ】(goo映画より)イランの首都テヘラン。インディー・ロックのバンドをしているネガルとそのボーイフ...... [Read More]

Tracked on August 22, 2010 at 10:47 AM

» 『ペルシャ猫を誰も知らない』 何が相克しているのか? [映画のブログ]
 驚いたことに、イランでは犬も猫も外に連れ出すことはできないそうだ。家の中だけで可愛がらねばならない。  『ペルシャ猫を誰も知らない... [Read More]

Tracked on August 22, 2010 at 03:00 PM

« 中村誠一を聴く | Main | ゴーヤと水草 »