« 『ぼくのエリ 200歳の少女』 現代の民話 | Main | 庭に水やり »

July 30, 2010

『インセプション』 夢の中の夢の中の夢

Inception

クリストファー・ノーラン監督のデビュー作『フォロウィング』は見てないけど、第2作の『メメント』以来、彼がずっとこだわっているのは、目の前に広がるこの現実は実は現実ではないのではないか、という問いではないのか。

『メメント』の10分しか記憶を保てない男。『インソムニア』では白夜の不眠症で記憶と現実の境があいまいになる刑事。『ダークナイト』では、現実の裏に広がるダークサイドへと誘うジョーカー(ヒース・レジャー)のほうがバットマンより魅力的だった。いずれも、記憶や夢や悪の哲学によって現実が腐食されてゆく。

でもノーランはそこから現実を離れて一気に幻想世界に飛び移り、ティム・バートンやテリー・ギリアムのようにその世界に遊ぶタイプではないらしい。あくまで現実にこだわりながら、夢や幻想によって現実を変形させようとする。まるでナマの現実よりこっちの「現実」のほうがリアルで面白いよ、と言いたげだ。

『インセプション(原題:Inception)』では夢が現実に侵入し、現実を食い破る。

ハイパーモダンな二条城みたいなサイトー(渡辺謙)の屋敷。パリのカフェに座るコブ(レオナルド・ディカプリオ)とアリアドネ(エレン・ペイジ)の周囲で風景が爆発してゆく。パリの街路が向こう端からぐぐぐとせり上がり、二つ折れになって上空からのしかかる。海岸で崩れ落ちる廃墟の高層ビル。

コブとアリアドネは夢を共有し、他人の夢に入り込み、夢をつくる「設計士」で、彼らが設計した夢のイメージ群がこの映画のみどころだ。彼らの設計する夢が3層構造になっていて、夢と、夢の中の夢と、夢の中の夢の中の夢では流れる時間が異なるという設定で物語を複雑にしている。現実と3層の夢が入り乱れて進行するうち、見る者も主人公たちも、いま自分がどこにいるのか分からなくなったり、現実に戻れなくなったりしてしまう。

しかもコブは妻・モル(マリオン・コティヤール。魅力的)の自殺がトラウマになっており、モルの夢には常にエデット・ピアフの歌とともに彼女が現れて、設計された夢の進行をさまたげる。そんなふうに幾重にもはりめぐらされた迷宮をさまよう感覚が、この映画の面白さ。

もっともそのあたりの構造がぜんぶ分かり、最初は新鮮だった夢の映像にも慣れてしまうと、『マトリックス』がそうだったようにノン・ストップのアクションでもやや退屈する。よく考えれば、すべては夢のなかで現実には何も起こらないわけだし。

ラストは、夢と現実が交錯する映画らしく、これしかないだろうという終わり方。ノーラン監督にはもう少しダークなテイストを期待したんだけど、これはこれでアクション映画として楽しめる。

『2001年 宇宙の旅』や『市民ケーン』を思い出させるベッドや風車のショットがあるのも、にやりとさせるな。


|

« 『ぼくのエリ 200歳の少女』 現代の民話 | Main | 庭に水やり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/48997765

Listed below are links to weblogs that reference 『インセプション』 夢の中の夢の中の夢:

» 『インセプション』(2010)/アメリカ [NiceOne!!]
原題:INCEPTION監督:クリストファー・ノーラン出演:レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、エレン・ペイジ、マリアン・コティアール、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、トム・ハーディ... [Read More]

Tracked on July 30, 2010 at 06:22 PM

» 映画「インセプション」夢はほとんど覚えていない [soramove]
「インセプション」★★★★ レオナルド・ディカプリオ、エレン・ペイジ、渡辺謙、 ジョゼフ・ゴードン・レヴィット、マリオン・コティヤール、 トム・ハーディ、トム・ベレンジャー、キリアン・マーフィ出演 クリストファー・ノーラン監督、116分、2010年7月23日公開、2010,アメリカ,ワーナー (原題:Inception )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「夢の中に入り込んで ... [Read More]

Tracked on July 30, 2010 at 10:15 PM

» インセプション (レオナルド・ディカプリオさん) [yanajun]
映画『インセプション(Inception)』は、クリストファー・ノーランが監督・脚本・製作を務め、レオナルド・ディカプリオが主演を務めています。日本人の渡辺謙さんもメインキャストに名を連ねています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想... [Read More]

Tracked on July 30, 2010 at 10:33 PM

» 『インセプション』 [ラムの大通り]
(原題:Inception) ----クリストファー・ノーラン って 『ダークナイト』でブレイクした監督だよね。 レオナルド・ディカプリオと渡辺謙が共演。 いったい、どんなお話ニャの? 「うん。 難しそうに見えて 意外やこれは簡単に説明できる。 ディカプリオ演じるコブは、 人の夢の中に侵入してそのアイデアを盗むという 違法行為によって生計を立てている。 その彼の唯一の願いは、離れて暮らす子供ふたりに会うこと。 ある理由から、彼は母国に帰ることができないんだ」 ----ある理由って? 「それが、こ... [Read More]

Tracked on July 30, 2010 at 10:45 PM

» インセプション [LOVE Cinemas 調布]
『ダークナイト』のクリストファー・ノーラン監督がオリジナル脚本も手がけた最新作。人の夢の中に入り込み、潜在意識の底に潜むアイディアを盗み出す男が究極のミッションに挑む姿を描いたSFアクションだ。主演は『シャッターアイランド』のレオナルド・ディカプリオ。共演に渡辺謙、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、マリオン・コティヤール、エレン・ペイジといった豪華な顔ぶれが揃う。... [Read More]

Tracked on July 30, 2010 at 10:45 PM

» インセプション [★★むらの映画鑑賞メモ★★]
作品情報 タイトル:インセプション 制作:2010年・アメリカ 監督:クリストファー・ノーラン 出演:レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、マリオン・コティヤール、エレン・ペイジ、トム・ハーディ、ディリープ・ラオ、キリアン・マーフィ あらすじ:コブ(レオナルド・ディカプリオ)は人が夢を見ている最中に、その潜在意識の奥深くにもぐり込んで相手のアイデアを盗むことのできる優秀な人材だった。彼は、企業スパイの世界でトップの腕前を誇っていたが、やがて国際指名手配犯となってしまう。そ... [Read More]

Tracked on July 31, 2010 at 01:18 AM

» インセプション [Akira's VOICE]
なんという事でしょう。  面白すぎます!   [Read More]

Tracked on July 31, 2010 at 09:55 AM

» インセプション [★YUKAの気ままな有閑日記★]
先行上映で鑑賞―  錚々たるキャストの中に渡辺謙が・・・【story】コブ(レオナルド・ディカプリオ)は、人の潜在意識の奥深くにもぐり込んで相手のアイデアを盗むことのできる優秀な企業スパイ。ある日、コブの元に“インセプション”と呼ばれるほぼ不可能に近い仕事が舞い込むが―     監督・脚本 : クリストファー・ノーラン 『ダークナイト』【comment】独自の世界観、複雑だが考え抜かれたストーリー、そしてそれにピッタリとハマる映像・・・に、心臓が獏・獏・・・(あっシャレです、シャレ・笑) 本作の予告... [Read More]

Tracked on July 31, 2010 at 06:40 PM

» 「インセプション」  INCEPTION [俺の明日はどっちだ]
・ 「これは夢だ。夢を見ているのだ 何事も無い。何事も起ってはおらぬっ これは夢でござる。さよう、くぉれは夢でござぁ〜る!」 萬屋錦之介が映画「柳生一族の陰謀」(監督:深作欣二)で叫んでから早や30年余。 なぁ〜んてことを思い出してしまったクリストファー・ノーラン監督がオリジナル脚本で挑んだ新作。 ストーリーそのものはさておき、他人の夢の中に入り込みその夢の中に夢がまたあるという発想そのものはさほど驚くことはないし、実際そんな夢は誰だって見るだろうし、 起きては困る現実に直面したとき錦之介同... [Read More]

Tracked on July 31, 2010 at 07:41 PM

» 映画:「インセプション」♪。 [☆みぃみの日々徒然日記☆]
平成22年8月1日(日)#63647;。 映画「インセプション」。 【監督・脚本】クリストファー・ノーラン 【製作総指揮】クリス・ブリガム 、トーマス・タル 【音 楽】ハンス・ジマー 【 キャスト 】レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョゼフ・ゴードン..... [Read More]

Tracked on August 01, 2010 at 04:05 AM

» 映画:インセプション Inception この多重「迷路世界」ノーランならでは、の味。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
1999年 秋に過去のものとは全く違う方向性のサイキックSFの傑作が登場した。 それは若手2人組、ウォシャウスキー兄弟による、マトリックスTHE MATRIX。 現実にはない、仮想現実の中での闘いを描いた。 翌年、今度は 巨匠 クローネンバーグによる、イグジステンズ eXistenZ が登場。 こちらは脊髄に接続することで(ゲッ!)こちらも仮想現実を経験するゲーム世界。 そして10年がたち、その系譜に連なるのが、このインセプション Inception、かと。 監督・脚本・製作、クリストファー・... [Read More]

Tracked on August 01, 2010 at 06:56 AM

» インセプション [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
インセプション10:米◆原題:INCEPTION◆監督・脚本:クリストファー・ノーラン「ダークナイト」「プレステージ」◆出演:レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、マリオン・コティヤール、エレン・ペイジ、トム・ハーディ、マイケル・ケ...... [Read More]

Tracked on August 01, 2010 at 01:19 PM

» 「インセプション」感想 [狂人ブログ ~旅立ち~]
 「ダークナイト」のクリストファー・ノーラン監督最新作は、レオナルド・ディカプリオ×渡辺謙との強力タッグ。 そういえば小生、ここ数年ディカプリオの主演作で、まともに面白... [Read More]

Tracked on August 04, 2010 at 09:43 PM

» インセプション [voy's room]
nbsp;ドム・コブ(レオナルド・ディカプリオ)は、人が無防備になる状態―夢に入っている時に潜在意識の奥底まで潜り込み、他人のアイデアを盗み出すという、危険極まりない犯罪分野において最高の技術を持つスペシャリストである。コブが備えもつ類稀な才能はこの業界でトップレベルであり、企業スパイの世界において引っ張りだこの存在となっていた。だが、彼は最愛のものを失い、国際指名手配犯となってしまう。 そんな彼に絶好のチャンスが訪れる。彼が最後の仕事と決めたミッションを果たすことさえできれば・・・。だが... [Read More]

Tracked on August 07, 2010 at 03:49 PM

» インセプション [映画的・絵画的・音楽的]
 色々喧しく議論されているようなので、それではと『インセプション』を渋谷ヒューマントラストシネマで見てきました。 (1)なかなか理解が難しい映画だと聞いていたものですから、冒頭から心して見たせいか、それほど混乱せずになんとか見終わることができました。むろん、全部がわかったと言うつもりもありませんが。  お話のあらましは次のようです。主人公コブ(デカプリオ)は、人の意識からアイディアを盗む仕事を請け負う企業スパイ。ある大企業トップのサイトー(渡辺謙)から、ライバル企業のトップとなる予定のロバートに... [Read More]

Tracked on August 12, 2010 at 06:51 AM

» インセプション / 84点 / INCEPTION [ゆるーく映画好きなんす!]
インセプションされたのは・・・・・・・・・・m9(°∀°)お前だ!ドーン!!! 『 インセプション / 84点 / INCEPTION 』 2010年 日本 148分 監督: クリストファー・ノーラン 製作: エマ・トーマス クリストファー・ノーラン... [Read More]

Tracked on August 20, 2010 at 07:54 PM

» インセプション(感想171作目) [別館ヒガシ日記]
インセプションは劇場で鑑賞だが結論は凄か [Read More]

Tracked on August 22, 2010 at 11:02 AM

» 映画:インセプション [よしなしごと]
 毎日暑いですね~。出かけるのもおっくうなので夏休みでもやっぱりレイトショー。そんなわけで他の書込を見てもすこぶる評判の良いインセプションを観てきました。 [Read More]

Tracked on August 23, 2010 at 02:49 AM

« 『ぼくのエリ 200歳の少女』 現代の民話 | Main | 庭に水やり »