« 根津美術館の鈴木其一 | Main | ドクダミの花 »

May 21, 2010

『グリーン・ゾーン』 ハリウッド・エンタテインメントの力

Green_zone

こういうのが今、ハリウッドでいちばん良質のエンタテインメントなんだろうな。

かつて、ハリウッドの戦争ものエンタテインメントといえば、『ランボー』に代表されるように善玉と悪玉、正義と悪がはっきりし、スーパーヒーローが活躍する分かりやすい映画だった。いま、冷戦が終わって東西対立がなくなり、「分かりやすい戦争」がなくなったせいかもしれないが、そうした善と悪がはっきりした映画はファンタジーものが一手に引き受けているように見える。

イラク戦争については『告発のとき』『リダクテッド』『ハートロッカー』などがつくられたけれど、それぞれ立ち位置の差はあっても、アメリカが善、フセインは悪という単純な構図の映画ではなかった。これらの映画はどちらかというとシリアスな映画だったけど、『グリーン・ゾーン(Green Zone)』は、『ボーン・スプレマシー』『ボーン・アルティメイタム』のマット・デイモンとポール・グリーングラス監督が組んだ戦争ミステリー・アクション。それでも、かつての戦争映画のように分かりやすい映画にはなっていない。

バクダッドを占領した米軍・大量破壊兵器捜索隊隊長のミラー(マット・デイモン)は、情報に従って大量破壊兵器が造られていた工場を捜索するが、何度も空振りに終わる。国防総省高官(グレッグ・キニア)の情報に疑問をもったミラーは、CIAの現地エージェント(ブレンダン・グリーソン)と組んで真相を解明しようとする……。

(以下ネタばれです)大量破壊兵器がなかったという事実は誰もが知ってるわけで、サスペンスの芯は、大量破壊兵器情報をめぐる国防総省とCIAの暗闘。国防総省高官は内通したイラク軍将軍が差し出した情報を操作して、占領後の体制を自分たちの思いどおりに構築しようとする。

実際、ボブ・ウッドワード『ブッシュの戦争』を読むと、大量破壊兵器製造を名目にイラク侵攻を主導したのはラムズフェルド国防長官と国防総省で、CIAは政権の中枢からはずされていた。また内通者についても、ある程度事実に基づいているようだ。wikipediaによると、「カーブ(Curveball)」とコード名で呼ばれるイラン人化学技術者が大量破壊兵器製造についての情報をアメリカに流していたという(後に、この情報は偽物と断定された)。

そういうことからして、いかにもありそうな設定。マット・デイモンが最後、敵のイラク軍将軍と1対1で対決するという現実にはありえないシーンはエンタテインメントだから仕方ないとはいえ、マットが真相を追究すればするほどアメリカが「悪者」に見えてくる皮肉な図式になっている。また、マットのかたわらにイラク人通訳を配して、彼に「イラクのことはアメリカ人に決めさせない」と、マットにも冷たい目を向けさせている。アメリカ国内では、この作品は「反アメリカ的」という評がずいぶんあったようだ(監督以下、主要スタッフはイギリス人)。

エンタテインメント映画とはいえ、『グリーン・ゾーン』はこれだけ周到な設定をしている。そうしたいろんな配慮や複雑な設定を踏まえてなおスリリングなアクション映画に仕上がったのは、ひとつには脚本のブライアン・ヘルゲランドの力だろう。

ヘルゲランドは『LAコンフィデンシャル』や『ミスティック・リバー』にしろ、『マイ・ボディーガード』や『サブウェイ123 激突』にしろ、入り組んだ人間関係を巧みに処理し、サスペンスフルで、それでいて深く人間を見つめた脚本が多い。僕はヘルゲランド脚本の映画を見つけると、あ、また面白い映画に違いないと思う。

もうひとつ素晴らしいのは、撮影監督バリー・アクロイドのハンディ・カメラの映像。イギリス人のアクロイドは、硬派の映画をつくるケン・ローチ監督と組んできた。グリーングラス監督と組むのは『ユナイテッド93』以来、2度目。『ユナイテッド93』は、9.11のハイジャック機が墜落するまでをドキュメンタリー・タッチで、テロリストも犠牲になったアメリカ人も人間として同じ目線で描いたものだった。ちなみにイラク戦争を題材にした『ハートロッカー』もアクロイドの撮影。

アクロイドが撮影するハンディ・カメラの映像は、群衆ひしめくバクダッドの街頭で、あるいは敵が潜む暗い路地で、見る者もマット・デイモンの傍らにいると錯覚させるリアルさ。ぐらぐらと揺れ動く映像に、マットとともに街頭や路地に迷い込んだような感覚に襲われる。ロケはスペインとモロッコで行われている。

こういう優秀なスタッフに囲まれ、クールな苦みを漂わせるマット・デイモンを主役に配して、グリーングラス監督は見応えのあるサスペンスをつくりあげた。ハンディ・カメラの短いショットをモンタージュの技を駆使してつないでいくやり方は最近のハリウッドの流行だけど(もとをたどれば『24』『CSI』といった60分TVドラマで培われたものだろう)、この映画でも効いている。

マット・デイモンの彫り込みが足りないのはアクション映画だからまあ許すとして、ハリウッド・エンタテインメントの実力を見たと思った。


|

« 根津美術館の鈴木其一 | Main | ドクダミの花 »

Comments

ボーンシリーズ観て、マット・ディモンが好きになりました。
顔の好き嫌いでいくと、趣味なタイプとも
いえないけど、役者として魅力ある!

Posted by: aya | May 26, 2010 at 08:38 PM

ボーン・シリーズは映画も面白かったし、マット・デイモンもよかったですものね。クールで、あんまりマッチョな感じがしないのが逆にアクション・スターとしていいのかな。

Posted by: | May 27, 2010 at 08:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/48412965

Listed below are links to weblogs that reference 『グリーン・ゾーン』 ハリウッド・エンタテインメントの力:

» 「グリーン・ゾーン」  GREEN ZONE [俺の明日はどっちだ]
・ 『ボーン・スプレマシー』『ボーン・アルティメイタム』で良い仕事を見せてくれたマット・デイモンとポール・グリーングラス監督が、三度合い見えタッグを組んだ期待のサスペンス・アクション。 冒頭のアメリカ軍の空爆から逃げ惑うフセインの側近の軍関係者の姿を手持ちカメラによるブレブレ映像によって捉える臨場感ある演出は、その後の大量破壊兵器捜索のシーンまで一気呵成に見せてくれて、さすがポール・グリーングラスらしい小気味良さを強く感じる。 加えて終盤のイラク戦争開始の大義名分となった捏造情報の証拠を握るイラ... [Read More]

Tracked on May 21, 2010 at 07:56 PM

» グリーン・ゾーン - Green Zone - [マスターの独り言]
【 製作年 】 2010年 【 製作国 】 フランス/アメリカ/スペイン/イギリス 【 配給 】 東宝東和 【 スタッフ 】 監督・製作:ポール・グリ... [Read More]

Tracked on May 21, 2010 at 08:53 PM

» 映画:グリーン・ゾーン Green Zone スニークプレビューで全米公開前に観た、最新アクション! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
日本では珍しいことだと思うが、直前まで「何をみるかわからない」試写会(スニークプレビュー)に参加してきた! う〜んスリル満点。。。 上映前に明かされた映画タイトルは、グリーン・ゾーン Green Zone。 まだアメリカでも3月12日公開、日本では 5月公開という、バリバリにニューな映画(やったあ!) 傑作「ボーン」3連シリーズの後半2作の監督 ポール・グリーングラスが、主演のマット・デイモンとともに取り組んだ最新アクション。 今回の舞台は、なんと!イラク。 とはいえ、「戦争映画」色はそれほ... [Read More]

Tracked on May 22, 2010 at 07:08 PM

» 「グリーン・ゾーン」戦場のジェイソン・ボーン(^^;?? [シネマ親父の“日々是妄言”]
[マット・デイモン] ブログ村キーワード  “主演 マット・デイモン × 監督 ポール・グリーングラス”3度目のタッグ。「グリーン・ゾーン」(東宝東和)。「ボーン」シリーズの2人が仕掛けた、“ノンストップ・アクション大作”(←何か安っぽいな~、この書き方…)。『114分間、あなたは最前線へ送り込まれる』←このキャッチに、偽りはございません。  イラク戦争下のバグダッド。大量破壊兵器を捜索、回収する任務に就いたロイ・ミラー(マット・デイモン)は、部下達と共に、軍上層部からの情報を元に危険な... [Read More]

Tracked on May 23, 2010 at 01:51 AM

» ★「グリーン・ゾーン」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
マット・デイモン主演でポール・グリーングラス監督作といえば、 「ボーン〜」シリーズのコンビ。 原題も「GREEN ZONE」だけど、これはイラク・バクダッドの米軍駐留地域の事。 [Read More]

Tracked on May 27, 2010 at 04:04 AM

» 『グリーン・ゾーン』お薦め映画 [名機ALPS(アルプス)MDプリンタ]
周知の事実でも描き方次第。情報が錯綜するサスペンス的要素と、終盤のアクションに緊迫感、臨場感があり、なかなか見応えのある作品であった。主人公と同じ目線で真実に近づいていく気分が味わえる。... [Read More]

Tracked on May 30, 2010 at 06:43 PM

» 『グリーン・ゾーン』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「グリーン・ゾーン」 □監督 ポール・グリーングラス □脚本 ブライアン・ヘルゲランド□キャスト マット・デイモン、グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン、エイミー・ライアン、ジェイソン・アイザックス、ハリド・アブダラ■鑑賞日 5月23日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 前作『インビクタス』でいい意味でイース... [Read More]

Tracked on June 02, 2010 at 08:10 AM

« 根津美術館の鈴木其一 | Main | ドクダミの花 »