« 浦和ご近所探索 立原道造ヒアシンスハウス | Main | 来宮神社の大楠 »

May 01, 2010

古楽器を聴く

1004301w

寺崎百合子さんの展覧会「音楽」については、4月12日のエントリ「鉛筆の力」で書いた。この個展のために彼女が描いた古楽器、ヴィオロンチェロ・ピッコロ・ダ・スパッラによる演奏会があった(4月30日、銀座・ギャラリー小柳)。

ヴィオロンチェロ・ピッコロ・ダ・スパッラの「スパッラ(spalla)」は「肩」の意。通称「肩チェロ」と呼ばれる。写真で分かるように、チェロといってもヴァイオリンを大きくしたような形。革ひもで首にかけ、ヴァイオリンと同じように演奏する。ヴァイオリンより大きいから、弾く姿はちょっと窮屈な感じ。音程はチェロと同じだけど、弦が5本ある(チェロもかつては5本だったが現在は4本)。

ヴィオロンチェロは17世紀イタリアのボローニャでつくられた。当時の楽器はまだ大きさや形が標準化せず、時代や場所によってさまざまな種類のものがつくられていた。ヴィオロンチェロもそのひとつで、バロック時代の絵画に肩かけで演奏する姿が描かれている。数十台がヨーロッパ各地に現存しているという。

写真のヴィオロンチェロは、演奏しているディミトリー・バディアロフさんがつくったもの。コーカサス生まれのロシア人、ディミトリーさんはバロック・ヴァイオリンの演奏家であり、古楽器研究家であり、古楽器製作の職人でもある。

弾いてくれたのは主にバッハで、「無伴奏チェロ組曲」と「ヴィオロンチェロ組曲」から。僕は「無伴奏チェロ」はロストロポーヴィッチの演奏が耳になじんでるけど、チェロの重厚な響きに比べると軽い。チェロのようにズーンと体の芯に響いてくるのでなく、音がごつごつして耳に突き刺さる感じ(共鳴する胴が小さいから当然だろう)。そのかわり、表情が細かくよく動く。バッハがこの楽器のために作曲した「ヴィオロンチェロ組曲」は、その細かくよく動く感じがよく出てたと思う。

バッハが生きていた時代にはこういう音が鳴っていたのか。古楽器の音を堪能した夜でした。


|

« 浦和ご近所探索 立原道造ヒアシンスハウス | Main | 来宮神社の大楠 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 古楽器を聴く:

« 浦和ご近所探索 立原道造ヒアシンスハウス | Main | 来宮神社の大楠 »