« サイラス・チェスナットを聴く | Main | 連弾ライブ »

April 21, 2010

『シャッター・アイランド』 不安の時代

Shutterisland

ゼロ年代に入ってレオナルド・ディカプリオと組んでからのマーティン・スコセッシは、映画でアメリカ史を描くことに興味を持っているように見える。

『ギャング・オブ・ニューヨーク』はニューヨークを舞台に19世紀半ばの移民同士の対立をテーマにしていたし、『アビエイター』は20世紀アメリカを象徴する富豪、ハワード・ヒューズを主人公にしている。『ディパーテッド』は香港ノワール『インファナル・アフェア』のリメイクで現代の物語だけれど、これもアメリカ史に輝く町・ボストンの裏の顔である貧困と犯罪を素材にしたボストン裏面史になっていた。

『シャッター・アイランド(原題:Shutter Island)』の主題は、1950年代という時代。第二次大戦に勝利したのも束の間、東西冷戦がはじまり、国内では赤狩りの嵐が吹き荒れていた。映画には、この時代を象徴するさまざまなキーワードがちりばめられている。

映画の設定は1954年。ボストン沖の孤島に、精神疾患の犯罪者だけを収容する病院がある。この病院には赤狩りの主役である非米活動委員会が関係している、というセリフが出てくる(この作品のセリフはすべて疑わしいのだが、それはひとまずおいて)。

この病院では、収容者に対して人体実験が行われているらしい。この島に捜査に来た連邦保安官テディ(レオナルド・ディカプリオ)は、老医師・ネーリング(マックス・フォン・シドー)のアクセントがドイツ語訛りであることに気づく。戦後間もない時代、ドイツ人、人体実験とくれば誰もが連想するのは、ナチスが強制収容所で行ったさまざまな人体実験だろう。この島にはナチスの残党も絡んでいる?

テディは島に来てから体調が悪くなるのだが、これは薬物投与によってマインド・コントロールしようとする実験であることが明らかになる。また映画の最後に来て、人体実験とはロボトミーであることも明かされる。ロボトミーも、この時代のアメリカで統合失調症患者や粗暴な患者に盛んに行われた非人間的な仕打ち(クリント・イーストウッドの『チェンジリング』でも、ロボトミーが取り上げられていた)。

そんなふうに、ことの真偽はともかく、不安の時代だった1950年代前半を表すキーワードが次々に繰り出される。

それだけでなく、もうひとつ大きな仕掛けがほどこされている。

戦後、赤狩りを背景にした不安の時代に大量に生まれたのがフィルム・ノワールと呼ばれる映画群だった。赤狩りでは、たくさんの映画関係者が召喚されたり、追放されたりし、友人を裏切る者(エリア・カザンら)もいた。フィルム・ノワールの多くはハリウッドのギャング・犯罪映画だけれど、そうした現実を反映して、エンタテインメントにもかかわらずモノクロームの画面は黒く(ノワール)、映画全体の雰囲気も今見ると驚くほど沈んだ、重苦しいものが多い。

『シャッター・アイランド』は、このフィルム・ノワールのスタイルを現代的に再現している。不安を増幅させるような黒く歪んだ画面。ジョン・ケージやブライアン・イーノのノイジーな音楽。島に潜入した捜査官が迷宮をさまよう物語。スタイルそのもので、1950年代というこの映画のテーマを表現しているわけだ。スコセッシは『タクシー・ドライバー』以来、ノワールの匂いを持ち、見る者の神経を逆なでするような映画を何本もつくっているけれど、これもその1本。

最後に、大きなどんでん返しが仕掛けられているわけだけど、それは見てのお楽しみ。おおよそ想像つきますけどね。


|

« サイラス・チェスナットを聴く | Main | 連弾ライブ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/48107501

Listed below are links to weblogs that reference 『シャッター・アイランド』 不安の時代:

» 『シャッター アイランド』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「シャッター アイランド」□監督 マーティン・スコセッシ □脚本 レータ・カログリディス□原作 デニス・ルヘイン □キャスト レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キングズレー、ミシェル・ウィリアムズ、パトリシア・クラークソン、マックス・フォン・シドー、エミリー・モーティマー、ジャッキー・アール・ヘイリー、イライアス・コティーズ、テッド・レヴィン、ジョン・キャロル・リンチ、クリストファー・デナム■鑑賞日 4月11日(日)■劇場 チネチッタ■c... [Read More]

Tracked on April 21, 2010 at 05:18 PM

» 『シャッター アイランド』 [ラムの大通り]
※ネタバレ注。 と言ってもネタバレはしていないつもりです。 ただ、勘の鋭い方は、結果的に気づいてしまわれる箇所もあるかもしれません。 もうしわけありませんが、公開されてからお読みいただくことをお勧めします。 (原題:Shutter Island) ----この映画って、当初の予定から公開が延びてしまった作品だよね。 マーティン・スコセッシ& レオナルド・ディカプリオコンビというのに、 あまりできがよくなかったのかニャ? 「いや。全米では2月19日、No.1発進。 このコンビ作としては史上最高... [Read More]

Tracked on April 21, 2010 at 09:15 PM

» シャッター アイランド [LOVE Cinemas 調布]
レオナルド・ディカプリオ主演最新作はミステリーサスペンスだ。精神障害犯罪者を収容する島“シャッター アイランド”を舞台に次々と浮かび上がる謎が主人公に襲い掛かる。共演に『帰らない日々』のマーク・ラファロ、『エレジー』のベン・キングズレー、『脳内ニューヨーク』のミシェル・ウィリアムズが出演。監督は『ディパーテッド』以来2年ぶり、ディカプリオと4は度目のコンビとなるマーティン・スコセッシ。... [Read More]

Tracked on April 21, 2010 at 09:58 PM

» シャッターアイランド /SHUTTER ISLAND [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click どこが「超」日本語吹替えなんだか、、、? って、既に観た人たちは口を揃えて言ってる レオナルド・ディカプリオ×マーティン・スコセッシ 4度目のタッグ!の本作。 本当なら去年のうちに全米公開、日本でもその後すぐの予定だったのが延期。 4月になってやっと公開に至る。 原作は、イーストウッドが映画化した「ミスティック・リ... [Read More]

Tracked on April 22, 2010 at 09:11 AM

» No.215 シャッターアイランド [気ままな映画生活]
予告編も含めて、あらゆるメディアでこの謎に 挑みどの時点で真相が掴めるのか・・・と 煽り文句を並べた映画というのは過去に、あったけど 今回も過大解釈をせずに、観賞しました。 [Read More]

Tracked on April 22, 2010 at 10:50 PM

» シャッター・アイランド [★YUKAの気ままな有閑日記★]
少し前に原作を読みました〜 『シャッター・アイランド』デニス・ルヘイン原作本の発売当時、“ラストが袋綴じになっていた”―というネタばれ厳禁ストーリーがどう映画化されたのか気になっていました【story】精神を病んだ犯罪者の収容施設がある孤島、シャッター アイランド。厳重に管理された施設から、一人の女性患者が謎のメッセージを残して姿を消す。孤島で起きた不可解な失踪事件の担当になった連邦保安官のテディ・ダニエルズ(レオナルド・ディカプリオ)は、この孤島の怪しさに気付き始める―     監督 : マーティ... [Read More]

Tracked on April 23, 2010 at 10:07 PM

» 『シャッターアイランド』お薦め映画 [名機ALPS(アルプス)MDプリンタ]
人間の心こそ最大のミステリー。何分で仕掛けに気づくか、同伴者と競うも良し。ラストについて、自説を語るも良し。または肩ひじ張らず、素直に観てしっかり騙されるのも楽しいお薦め作品だ。... [Read More]

Tracked on May 01, 2010 at 07:26 PM

» シャッターアイランド [Addict allcinema おすすめ映画レビュー]
全ての“謎”が解けるまでこの島を出る事はできない。 [Read More]

Tracked on May 05, 2010 at 12:51 AM

» 映画:シャッターアイランド Shutter Island “超”日本語吹替版の感想。逝って良し! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
久々にスコセッシがおもしろい映画をとった(笑)という噂の、シャッターアイランド。 けっこうハラハラドキドキな出来らしく、それなりに期待していたのだが...... えっ?!、となったのが、“超”日本語吹替版。 あまりに気になった(笑)ので、なんとか鑑賞した。 その結果は..... 逝って良し! 原語派の私としては、せっかくのベン・キングスレーのセリフは、ちゃんと本人の声で聞きたい。 ディカプリオはどうでもいいけど(笑) しかも! 肝心のシーンがあるのだが、ここが“超”日本語吹替版では、ワカラナ... [Read More]

Tracked on May 15, 2010 at 05:07 PM

« サイラス・チェスナットを聴く | Main | 連弾ライブ »