« 雪の庭 | Main | 春の下田街道 »

March 12, 2010

『渇き』 荒唐無稽なリアル

Photo

ヴァンパイアは相手の首筋に食らいついて血を吸うものと決まってるけど、ヴァンパイアになった神父のサンヒョン(ソン・ガンホ)は、人を殺さないよう病院で点滴している患者の管を口にくわえてチュウチュウ血を吸う。思わず笑ってしまう。

いったんは死んで動かなくなった人妻テジュ(キム・オクビン)が、サンヒョンにヴァンパイアの血を注ぎこまれ、画面いっぱいにアップになった下あごから首筋の肌がピクリピクリと動きはじめる。そのエロティックなこと! 家を飛び出し夜の街を走るテジュがいきなりサンヒョンに抱きかかえられ、はだしの足に男の靴を履かせられる。その切ないこと! 

夫のガンウを共謀して殺したテジュとサンヒョンが夫婦のベッドで抱き合っていると、裸の2人の間には死んだガンウがきょとんとした顔ではさまっている。2人の罪悪感が生んだ妄想を映像化してるんだろうけど、なんとも滑稽。夫を殺す前、テジュは口を開いて寝ている夫ガンウの口のなかに、ハサミの刃を突き立てる寸前まで振り下ろす動作を繰り返す。ギャッと叫びたくなるような空想の痛覚。

ワイア・アクションで夜の街の屋根から屋根へ飛びうつる抱き合ったサンヒョンとテジュの美しいこと! そんなふうに記憶に残るショットを数えあげれば、まだまだある。

ヴァンパイアの恋物語ってよくある話だけど、パク・チャヌクの『渇き(原題パクチェはコウモリの意)』は設定を現代の韓国に移しかえ、男には宗教的な破戒と自己処罰の劇を、女には因習的な家の「犬」として生きてきた人妻が自らを解放する『人形の家』的な劇を重ねて、荒唐無稽だけどリアル、コミカルだけど切なくて、グロテスクだけどエロティックで、作品としての統一感はないけどパワフルな映画になってる。

ソン・ガンホとキム・オクビンがすごくいい。2人の映画といってもいいくらい。

ソン・ガンホは韓国を代表する、日本でいえば役所広司みたいな役者だけど、10キロ減量して引き締まった顔で登場。カソリックの神父がウィルスの実験台に志願してヴァンパイアになってしまい、幼馴染の男の妻と愛し合うようになって女もヴァンパイアにしてしまう。最初は神父として、後にはヴァンパイアとして、わが身を滅ぼそうとする衝動に突きうごかされる男を演じてみごと。

キム・オクビンを見るのははじめて。チマ・チョゴリの店(セットみたいだけど、昭和の洋服店みたいな懐かしさを感じさせる)を経営するマージャン狂いの女経営者に育てられ、お人好しの息子の嫁にさせられて奴隷のように生きてきた女。それが神父と出会って変わりはじめ、店の暗がりで神父と抱き合い、自らもヴァンパイアになり、神父と共謀して夫を殺し、母親を不随の身にして店を乗っ取る。果ては神父すら振り回すようになる。

そんな女の変幻自在を全身で演じて魅力的(カタロニア映画祭で主演女優賞)。挑むような眼がいいね。そんなにキャリアのある女優じゃないらしいけど、美形の韓流スターというよりペ・ドゥナみたいなタイプかな(激しいラブシーンも厭わないし)。韓国映画を見る楽しみがまたひとつ増えそう。


|

« 雪の庭 | Main | 春の下田街道 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/47778783

Listed below are links to weblogs that reference 『渇き』 荒唐無稽なリアル:

» 渇き / BAK-JWI / THIRST [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_pink/}{/heartss_pink/}ランキングクリックしてね{/heartss_pink/}{/hikari_pink/} ←please click  ソン・ガンホ、フルヌード披露でヴァンパイアになる{/kaminari/}(10キロ減)しかも神父{/ee_3/} {/arrow_r/} いやいや、ガンさんは好きだけど、超楽しみだったワケはそっちじゃなく(そっちも大いに気になるけど) 代表作「オールド・ボーイ」{/fuki_suki/}(日本の漫画が原作)など、 ... [Read More]

Tracked on March 12, 2010 at 11:40 PM

» 渇き/박쥐 [LOVE Cinemas 調布]
『オールドボーイ』のパク・チャンヌク監督の最新作。カンヌ国際映画祭では審査員賞を受賞している作品だ。人体実験でヴァンパイアになってしまった神父が人妻と禁断の恋に堕ち、欲望と信仰の狭間で悩み苦しむさまを描く。主演は『殺人の追憶』等で知られる韓国の名優ソン・ガンホ。共演にキム・オビン、キム・ヘスク。人間の本質を深くえぐった問題作だ。... [Read More]

Tracked on March 13, 2010 at 12:18 AM

» ソン・ガンホ 最新情報 - これ好き! KoreaFan [これ好き! KoreaFan]
ソン・ガンホ の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど [Read More]

Tracked on March 14, 2010 at 04:35 AM

» 「渇き」 [ひきばっちの映画でどうだ!!]
                                     「渇き」 新宿武蔵野館にて。 監督・脚本パク・チャヌク ちょっとした話題を呼んでいるのと、主演女優さんが好みのタイプなので観にいって参りました。 ちょいとあらすじ・・。 主人公のサンヒョン神父(ソン・ガンホ)は、病院で重病の患者さんたちを看取ってきたが、そんな毎日に疲れ果て、無力感を募らせていた・・。 サンヒョンはそんな毎日にけりをつけ、アフリカにあるウィルスのワクチン研究所へ向かった。自らを実験材料として提供するためだ... [Read More]

Tracked on March 26, 2010 at 01:06 PM

» 映画 「渇き」を観てきました。 [ペインターみんみんの油絵制作&絵画                                           画像]
みんみんです。久しぶりの韓国映画、しかも自分の好きな映画・復讐3部作「オールドボーイ」、「親切なクムジャさん」のパクチャヌク監督の最新作とあって、早く名古屋でも上映が始まらないかと私も「渇き」を覚えてやきもきし、指折り数えていた。ネットインタビューを読むと、チャ... [Read More]

Tracked on March 27, 2010 at 01:50 AM

» 映画「渇き (2009) 」神父がヴァンパイアになると韓国ではこうなる編 [soramove]
「渇き (2009) 」★★★ ソン・ガンホ、キム・オクビン、シン・ハギュン主演 パク・チャヌク監督、133分 、 2010年2月27日公開、2009,韓国,ファントム・フィルム (原題:/BAK-JWI/Thirst )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「謎のワクチン開発のため、人体実験に志願した 神父のサンヒョン(ソン・ガンホ)は、 輸血からヴ... [Read More]

Tracked on April 10, 2010 at 01:47 PM

» 『渇き』 破ったり離れたり [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  守・破・離(しゅはり)という言葉がある。  18世紀の茶人、川上不白が『不白筆記』(1794年)に書いたものである(しばしば... [Read More]

Tracked on April 10, 2010 at 04:40 PM

« 雪の庭 | Main | 春の下田街道 »