« ニラの花 | Main | 浦和ご近所探索 縄文地図 »

March 20, 2010

『ハート・ロッカー』と西部劇のヒーロー

Hurt_locker

冒頭、「War is a drug.」というエピグラフが映し出される。見終わって、この言葉に映画のエッセンスが込められていたのが分かった。これは「戦争依存症」の男の映画だったんだ。

戦争依存症の男にとって、戦場はイラクであろうがアフガニスタンであろうが、戦場でありさえすればどこでも構わない。また、正しい戦争(というのがあるとして)であろうが、間違った戦争であろうが、それも問題ではない。

『ハート・ロッカー(原題:The Hurt Locker、棺桶)』の主人公、米陸軍爆発物処理班のジェームズ軍曹(ジェレミー・レナー)にとっては、爆弾処理の危険な現場が存在することだけが重要なのであり、その爆弾を誰が、どういう理由によって仕掛けたのかが意識に上ることはない。彼にとっては死と隣り合わせの体験だけが「生きている」時間で、それをもたらした状況はどうでもいい。

だから、この映画は「われわれはなぜイラクにいるのか」とは問わない。「この戦争は間違っているのではないか」という疑問とも無縁だ。

だからといって、そういう意識のあるなしでこの映画を評価しようとは思わない。映画に倫理や価値観をもちこむ必要は必ずしもないのだから(いや、別に持ち込んでもかまわないけど。『戦艦ポチョムキン』や『カサブランカ』みたいなプロパガンダ映画の傑作もある)。でも、そういうものをセリフや音楽や映像で明示しなくても、どうしたって映画全体から自ずからにじみ出てくるものがある。大げさにいえば映画の無意識みたいなもの。

爆発物処理のルールを無視し、防護服を脱いで爆弾を処理したり、無茶をやって部下を危険にさらしたりするこの男は、戦争依存症という病気であると同時に、現場の司令官が誉めたたえるヒーローでもある。そういう相反する二面性がこの男には与えられている。

戦争依存症といっても、それは見ている僕らがこいつは病気だなと思うだけで(あるいは、つくり手がそう思わせる描写をしているだけで)、劇中のジェームズ軍曹がそれを自覚しているわけじゃない。戦場に恐れおののき、軍医にセラピーしてもらっているのは、部下のエルドリッジ技術兵(ブライアン・ジェラティ)のほうだ。

ジェームズ軍曹は700発以上の爆弾を処理したプロ中のプロで、部下のサンボーン軍曹(アンソニー・マッキー)とは殴りあいをすることで友情を確かめあうような男。プロフェッショナルで、マッチョで、でも女性や子供に優しいキャラクターは、西部劇の荒くれ男を筆頭に、アメリカ映画がいちばん好むヒーロー像でもある。

この映画は、そんなジョン・ウェインに象徴される古いタイプの西部劇のキャラクターと構造を、そのまま踏襲しているようにも思える。ジョン・ウェインは、俺たちはなぜ西部にいるのかと自問しなかったし、インディアンはなぜ襲ってくるのかと疑問をもつこともなかった。ウェスタン映画の舞台だった西部がイラクになり、インディアンがイラク人テロリストになったと思えば、この映画はひとひねりしたヒーロー(病気の男)を主役にした現代的西部劇と言えるかもしれない。

同じような現代的西部劇でも、例えばクリント・イーストウッドの『グラン・トリノ』は、古い西部劇が無自覚のうちに前提とした白人は善、インディアンは悪という単純な価値観に疑問をさしはさむものになっていた。『ハート・ロッカー』は、手持ちカメラを多用した戦場シーンはリアルだし(撮影はケン・ローチ作品を撮っているバリー・アクロイド)、アクション映画としての出来はいいけれど、古い西部劇の構造をひきずっているために、どこか底の浅い感じを否めない。

「War is a drug.」というエピグラフに、それなりの批評的な目を感ずることはできるけれど、それもひとひねりしたヒーローのアクション映画に薬味をきかせる程度の役割しか果たしてないんじゃないか。

とすれば、この映画が今年のアカデミー賞最優秀作品賞を取った理由もよく分かる。ひとつは、アメリカ映画の主流である西部劇(戦場映画)としての出来のよさによって。もうひとつは、戦争の是非を問わないことによって。

さっき触れた『グラン・トリノ』や、同じイーストウッドの『父親たちの星条旗』、あるいは『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』といった自らを切開する痛みをともなう映画群は、所詮アカデミー賞とは無縁なんだろう。でも、こういう映画が次々に生まれることこそアメリカ映画の素晴らしさだと僕は思ってる。


|

« ニラの花 | Main | 浦和ご近所探索 縄文地図 »

Comments

こんばんは。

とても興味深く読ませていただきました。

>『グラン・トリノ』や、同じイーストウッドの『父親たちの星条旗』、あるいは『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』といった自らを切開する痛みをともなう映画群は、所詮アカデミー賞とは無縁なんだろう。

なるほどと思いました。

>古い西部劇の構造をひきずっているために、どこか底の浅い感じを否めない。

と合わせて、自分がいまひとつ感動しなかった理由も分かったような
…と言えば不遜かもしれませんが、
そんな気がしました。

Posted by: えい | March 20, 2010 at 10:10 PM

コメントありがとうございます。

確かにこの映画、見終わった後に複雑な感情を抱かせられる映画ですね。それが何なのかを僕なりに考えてみたものですので、同意してくださる方がいらっしゃると心強いです。

でもアカデミー賞を取ったために、やや辛口になってしまったかも(どうも権威嫌いの癖が抜けなくて)。アカデミー賞と無縁だったら、「薬味」の部分をもう少し評価していたかもしれないなあと苦笑しています。

Posted by: | March 22, 2010 at 01:34 PM

TB有難うございました。
ドキュメンタリー風の作品なので
ストーリー性は皆無でしたが、爆弾処理班から
戦争の日常が非常にリアルでした。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!

Posted by: シムウナ | March 24, 2010 at 10:24 PM

この映画の緊迫したドキュメンタリー・タッチには、撮影監督のバリー・アクロイドの力が大きいのではないかと思います。ケン・ローチの作品を撮っている名手ですね。

Posted by: | March 24, 2010 at 11:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/47846377

Listed below are links to weblogs that reference 『ハート・ロッカー』と西部劇のヒーロー:

» ハート・ロッカー/ジェレミー・レナー [カノンな日々]
間もなく開催される2010年の第82回アカデミー賞で最多9部門のノミネートされているある意味今一番旬な作品ですね。賞レース自体にはあまり興味がないと言いつつも年に一度のこの映画の祭典は毎年とても楽しみだったりします。この作品と元夫であるジェームズ・キャメロン監督...... [Read More]

Tracked on March 20, 2010 at 06:24 PM

» 「ハート・ロッカー」 THE HURT LOCKER [俺の明日はどっちだ]
・ テロの脅威が続くイラク・バグダッドを舞台に駐留アメリカ軍の爆発物処理班の兵士たちの姿をサスペンスフルに描き、先ごろ行われた第82回アカデミー賞で作品賞&監督賞含む6部門を受賞した戦争映画ならぬ “ 戦場映画 ”。 スローモーションを効果的に使った初っ端の爆発シーンからまるでその場にいるような錯覚を起こさせる見事なまでに続く緊迫感溢れる映像の数々はとにかく圧倒的。 まさに死と隣りあわせとなる爆弾処理、緊迫感溢れるゲリラとの銃撃戦、誰もが起爆装置を持っているように思える恐怖、あるいは体に爆弾を埋... [Read More]

Tracked on March 20, 2010 at 06:37 PM

» 『ハート・ロッカー』 [ラムの大通り]
(原題:The Hurt Locker) ----この前、オモシロいメールが配信されてきたよね。 「あ〜あ。 『ジェームズ・キャメロン監督、 「キャスリン・ビグロー(『ハート・ロッカー』)が獲得すると思って、 監督賞のスピーチは用意していませんでした。 本当は、彼女が受賞するべきでした。」と、 監督賞受賞スピーチにてコメント!』というヤツだね。 ぼくは、その昔、 ダスティン・ホフマンが『クレイマー、クレイマー』で ゴールデングローブ賞の男優賞を受賞したときを思い出した。 本来ならばジャック・レモ... [Read More]

Tracked on March 20, 2010 at 10:08 PM

» ハート・ロッカー [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[ハート・ロッカー] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年19本目です。 【あらすじ】 2004年、イラク・バグダッド。 ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)は、アメリカ陸軍の爆弾処理班の新リーダーとして着任。 ..... [Read More]

Tracked on March 21, 2010 at 12:57 AM

» 『ハート・ロッカー』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ハート・ロッカー」□監督 キャスリン・ビグロー □脚本 マーク・ボール □キャスト ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース■鑑賞日 3月13日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 色々物議を醸し出した今回のアカデミー賞。  “元夫婦対決”なんてマスコミのオイシがる素材。 興行数字は文句なしに元夫に軍配が上がっている... [Read More]

Tracked on March 21, 2010 at 10:16 AM

» 『ハート・ロッカー』〜消去法に気をつけろ!〜 [Swing des Spoutniks]
『ハート・ロッカー』公式サイト監督:キャスリン・ビグロー出演:ジェレミー・レナー アンソニー・マッキー ブライアン・ジェラティ レイフ・ファインズ ガイ・ピアースほか【あらすじ】(goo映画より)2004年、イラク・バグダッド。駐留米軍のブラボー中隊・爆弾処理班...... [Read More]

Tracked on March 21, 2010 at 11:53 PM

» 『ハート・ロッカー』 [Rabiovsky計画]
『ハート・ロッカー』公式サイト 監督・製作:キャスリン・ビグロー 脚本・製作:マーク・ボール 出演:ジェレミー・レナー 、アンソニー・マッキー 、ブライアン・ジェラティ    レイフ・ファインズ 、ガイ・ピアース 、デヴィッド・モース 2008年/ア...... [Read More]

Tracked on March 22, 2010 at 02:36 PM

» No.208 ハート・ロッカー [気ままな映画生活]
今年度のアカデミー賞、作品賞を受賞した作品。 今年は世界興行収入の記録を打ち立てた「アバター」と その20分の1の製作費で作られた本作品との一騎打ちとなった [Read More]

Tracked on March 23, 2010 at 04:03 AM

» 『ハート・ロッカー』お薦め映画 [心をこめて作曲します♪]
骨太な作品で、センチメンタルな表現は一切ない。今まであまり知られていなかった爆発物処理班の仕事において、彼らがいかに危険で過酷な状況の中、使命感を持って仕事を遂行しているかを知ることができる。... [Read More]

Tracked on March 23, 2010 at 11:07 PM

» ハート・ロッカー The Hurt Locker 特殊なイラクの、また特殊な爆弾処理班の日々。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
3月7日(日本時間8日)にロサンゼルスで行われるアカデミー賞。 ここで最多9部門にノミネートされているのが、「ハート・ロッカー」。 (作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞、撮影賞、編集賞、作曲賞、音響編集賞、録音賞) このなかでも、作品賞と監督賞の大本命という下馬評、となると気になるのでチェックしてきた。 「爆発(死)か解除(生)」という日々の非日常性は、あまりに新鮮。 その感触は、常に死と隣り合わせの緊張感に満ち溢れすぎの日々。 最前戦の兵士だって、緊張の瞬間は毎日押し寄せるものではないだろうが... [Read More]

Tracked on March 26, 2010 at 01:39 AM

» ハート・ロッカー [映画的・絵画的・音楽的]
 『ハート・ロッカー』を、日比谷のスカラ座で見てきました。  むろん、この作品が本年度のアカデミー賞の作品賞を受けたことから映画館に出かけたわけですが、見る前まで、タイトルはテッキリ『Heart Rocker』だとばかり思い込み、戦争と音楽がどのように関連付けて描かれているのだろうと興味がありました。ですが、実際には、『Hurt Locker』とのこと。『ワールド・オブ・ライズ』も、『World of Rise』ではなく『World of Lies』だったことが思い出されます! (1)映画は、イ... [Read More]

Tracked on March 26, 2010 at 05:28 AM

» ハート・ロッカー そもそも誰が戦場にしたんだ!(;`O´)oコラー! [労組書記長社労士のブログ]
【 {/m_0167/}=13 -4-】 「アバター」のジェームズ・キャメロン監督と、この「ハート・ロッカー」のキャスリン・ビグロー監督、ともに9部門にノミネートされており、しかも監督が元夫妻という対決の図式も話題になった第82回アカデミー賞では、作品賞、監督賞、オリジナル脚本賞、編集賞、音響編集賞、音響調整賞の6部門を受賞したことで圧勝、今もっともホットな作品。 観に来たいと思っている映画が、話題を呼んで、新聞やテレビとかいろいろなメディアで取り上げられてしまうと、予備知識を入れないように情報をシ... [Read More]

Tracked on March 26, 2010 at 12:36 PM

» ハート・ロッカー [★YUKAの気ままな有閑日記★]
第82回アカデミー賞で、作品賞、監督賞など6部門を受賞した作品。私の住む地域でも上映したので、戦争映画は苦手ながらも観に行ってみた―【story】2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)が就任する。まるで死への恐怖などないかのように遂行されるジェームズの爆発物処理の様子に、サンボーン軍曹(アンソニー・マッキー)らは不安を抱くようになり―     監督 : キャスリン・ピグロー 『K-19』【comme... [Read More]

Tracked on March 29, 2010 at 11:06 PM

» ★「ハート・ロッカー」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みの2本目。 ついこの間、オスカーの作品賞・監督賞ほか6冠に輝いた作品。 爆弾処理班の話ってことで、あまり興味がわかないけど、 話題作には目を通しておきたいミーハーな性格なので。... [Read More]

Tracked on March 31, 2010 at 01:43 AM

» ハート・ロッカー、アカデミー賞とイラク戦争の名誉回復作業 [マスコミに載らない海外記事]
David Walsh 2010年3月11日 今年のアカデミー賞式典、陳腐さと、ひきょうの見世物。 アカデミー賞で、最も高く評価された三本の映画、「ハート・ロッカー」、「プレシャス」そして「イングロリアス・バスターズ」は、映画業界における、退化した、汚らわしい何ものかを、ひとまとめに体現したものであり、いずれも偽装工作... [Read More]

Tracked on April 02, 2010 at 02:17 PM

» 【映画】ハート・ロッカー [新!やさぐれ日記]
▼動機 戦場ドキュメンタリーっぽさに惹かれて ▼感想 ドキュメンタリーじゃなかった ▼満足度 ★★★★★☆☆ このへん ▼あらすじ 2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)が就任する。まるで死への恐怖などないかのように遂行されるジェームズの爆発物処理の様子に、仲間のサンボーン軍曹(アンソニー・マッキー)らは不安を抱く。 ▼コメント 「戦争は麻薬」というテーマを打ち立てたまではよか... [Read More]

Tracked on April 06, 2010 at 08:21 PM

» ハート・ロッカー [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
ハート・ロッカー’08:米 ◆原題:THE HURT LOCKER ◆監督: キャスリン・ビグロー「K-17」「ストレンジ・デイズ/1999年12月31日」◆出演: ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース ...... [Read More]

Tracked on April 08, 2010 at 02:20 PM

» ザ・シネマハスラー『ハートロッカー』の件で、町山智浩アメリカから緊急電話出演! 配信限定!放課後DA★話特別編(「ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル」(TBSラジオ)ウェブサイト、2010年3月28日(日)配信) [ラジオ批評ブログ――僕のラジオに手を出すな!]
○「ザ・シネマハスラー『ハートロッカー』の件で、町山智浩アメリカから緊急電話出演 [Read More]

Tracked on April 09, 2010 at 07:20 AM

» 「ハート・ロッカー」女性監督が撮った“骨太戦争映画” [シネマ親父の“日々是妄言”]
[ハート・ロッカー] ブログ村キーワード  “本年度アカデミー賞最有力、最多9部門ノミネート!”「ハート・ロッカー」(ブロードメディア・スタジオ)。現代の戦場を駆け回る“爆発物処理班”の姿を、女性監督キャスリン・ビグローが、リアルに描き出しています。  2004年、夏。イラク、バグダッドで爆発物処理の任務に就く“ブラボー中隊”。或る日、市街地で爆弾処理を遂行中に、予期せぬトラブルから大爆発が起こり、至近距離で被弾した班長のトンプソン軍曹(ガイ・ピアース)が死亡する。サンボーン軍曹... [Read More]

Tracked on April 15, 2010 at 12:37 PM

« ニラの花 | Main | 浦和ご近所探索 縄文地図 »