« 『インビクタス/負けざる者たち』のまっすぐ | Main | 満開の梅 »

February 21, 2010

『抱擁のかけら』 赤いノワール

Broken_embraces

色彩あふれる官能的な映像で、ファンにはおなじみの愛と裏切りの物語が展開される。今回もアルモドバル節全開だなあと楽しんでいて、ふと、この映画、ノワールやハードボイルドの語りを意識してると気づいた。

『抱擁のかけら(原題:Los Abrazos Rotos)』は冒頭から謎や秘密がちりばめられている。盲目の脚本家ハリー・ケイン(ルイス・オマール)は、ある出来事をきっかけに、それ以前の名前を捨てた男。そのハリーのもとに、何かを秘めているらしい男、ライ・Xが訪ねてくる。これはハードボイルドのオープニングの定番。ライはハリーに、「父の記憶に復讐する息子の物語」の脚本に協力してくれるよう求める。

ハリーのそばには、かつて妻か恋人だったらしいエージェントのジュディットと息子のディエゴがいて、身の回りを世話している。家族のようにも見える3人の関係も、冒頭からしばらくは謎。

ライの訪問は、ハリーに過去を思い出させる。ハリーの机の奥には、美しい女の写真が隠されていた。ディエゴの興味に答えて、ハリーは過去を語り始める。この一人称の語りというスタイルもハードボイルドの定番。写真の女は、ハリーのかつての恋人レナ(ペネロペ・クルス)だった。

高級娼婦だったレナは、大企業のオーナー、エルネスト・マルテル(ホセ・ルイス・ゴメス)の愛人で、当時、映画監督だったハリーが企画する映画のオーディションに応募してきた。レナが初めてハリーを訪ねるシーン、ジュディットはハリーに、「美しすぎる女が来た」と伝える。ファム・ファタールの登場にふさわしい。

レナと、彼女を主役に抜擢したハリーは、映画の撮影が始まるとすぐに愛し合うようになる。それに気づいたエルネストは、映画に出資して2人を抑えにかかる。その上、父親に複雑な感情を持っている息子のライ・Xにビデオを持たせ、映画のメイキングをつくりながら2人を監視させる。

このあたりで見る者は、3人の愛がいずれ破局を迎え、ハリーが盲目になり名前を変えたのはそのせいだなと見当がついてくる。事故か、犯罪か? 

ノワールやハードボイルドの定石を踏まえた展開なんだけど、一見そう見えないのは、ひとつには華麗な色彩のせい。

ノワールやハードボイルドはモノクロームで光と影を際立たせ、カラーでも漆黒の描写を多用したものが多い。でもこの映画はそうではなく、撮影監督ロドリゴ・プリエト(『アモーレス・ペロス』『8mile』『バベル』)の撮るカラー映像が明るく、なんとも官能的だ。

スペインの風景、特にカナリア諸島の黒ずんだ大地に緑が散在する荒野を車が疾走するシーンなんかも美しい。ハリーとレナが車の中でキスしているメイキング映像の最終シーンに、現在のハリーの手が重なってくるショットや、小さく引きちぎられたハリーとレナの写真の切れ端が散乱しているショットも魅力的だ。また、ペネロペのスーツやハリー愛用の車、カーテンなど、アルモドバルの映画ではいつもそうだけど赤が意識的、かつ効果的に使われている。官能的な赤色。形容矛盾だけど、赤いノワールとでも呼びたいほどだ。

一見ノワールやハードボイルドに見えないもうひとつの理由は、アルモドバルらしく劇中映画をめぐる色んな仕掛けがほどこされていることかな。ハリーがレナを主演に撮っている映画は『謎の鞄と女たち』ってコメディなんだけど、この劇中映画はアルモドバルの『神経衰弱ぎりぎりの女たち』(未見)を下敷きにしているらしい。

この劇中映画の撮影中、ライ・Xはハリーとレナを執拗に追ってもう1本の劇中映画、メイキング映像をつくっている。それを見たエルネストが2人への嫉妬を燃えあがらせ破滅を招くんだけど、このメイキングはそれだけじゃなく、ライ・Xとエルネストの父子関係をも照らしだしている。

冒頭、ライが盲目になったハリーを訪れて、「父の記憶に復讐する息子の物語」を撮りたいと言ったのは、金持ちで抑圧的な父に対する感情に加えて、ライもまたレナに惹かれ、執着していたことを示してるんだろう。外見はヤワ、でも偏執的なこの脇役の存在が、映画の味付けになってる。

ほかにも映画による仕掛けがされている。ハリーとレナが部屋で見ているのはロッセリーニの『イタリア旅行』だ。イングリッド・バーグマンが美しい。彼女は、ポンペイで抱き合ったまま火山灰に埋もれた男女のミイラが掘り出されるのを見ているけれど、この抱き合ったまま死んだミイラはハリーとレナの愛の行方を暗示しているだろう。僕は気づかなかったけど、エンド・ロールにノワールの古典『ガン・クレイジー』もクレジットされていた。ハリーの部屋にポスターでも貼られていたんだろうか。

それにしてもアルモドバルの語り口はうまい。いかにもアルモドバルらしい愛と裏切りのストーリー・テリングは巧みだし、映像は美しいし、音楽もいかにもスペインふうだし。しかも最後には家族の再生に映画の再生を重ね、ファム・ファタール、ペネロペへの愛をハリーの記憶のなかにきちんと埋葬してみせる。かつてのアルモドバル映画の激情やバランスを無視したこだわりは薄くなったぶん、良くも悪くも成熟したんだろうか。

ペネロペをマリリン・モンローふうにブロンドにしてみたり、オードリー・ヘップバーンふうな髪型にしてみせたり、アルモドバルの彼女への偏愛だけは変わりませんが。


|

« 『インビクタス/負けざる者たち』のまっすぐ | Main | 満開の梅 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『抱擁のかけら』 赤いノワール:

» 抱擁のかけら [LOVE Cinemas 調布]
『ボルベール<帰郷>』のペドロ・アルモドバル監督とペネロペ・クルスのコンビが贈る4本目の作品。今回は愛と同時に視力までも失った老脚本家が封印してきた過去を紐解き、再び活きる喜びを見出していく様子を描く。共演は『バッド・エデュケーション』のルイス・オマール。他にも『宮廷画家ゴヤは見た』のホセ・ルイス・ゴメス、『チェ 39歳 別れの手紙』のルーベン・オチャンディアーノが出演している。... [Read More]

Tracked on February 21, 2010 04:49 PM

» 『抱擁のかけら』 [ラムの大通り]
(原題:Los abrazos rotos) ----これって、今日から始まった映画だよね。 ペドロ・アルモドバル監督とペネロペ・クルスの黄金コンビ! 「そう。始まった映画について話すときの通例で、 ストーリーはほとんど省略しちゃうけど、 ざっと、こういう流れ。 主人公は執筆業で生計を立てている盲目の男ハリー・ケイン(ルイス・オマール)。 実は、彼にはもうひとつの名前があった。 それは映画監督時代に名乗っていた本名のマテオ・ブランコ。 なぜ、彼がその名前を捨てたか。 その裏に隠された切なくも激し... [Read More]

Tracked on February 21, 2010 05:42 PM

» 抱擁のかけら /LOS ABRAZOS ROTOS/BROKEN EMBRACES [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ペドロ・アルモドバル×ペネロペの4度目タッグ{/kirakira/} ゴールデン・グローブ賞「外国語映画賞」にノミネート。 アルモドバル監督作は、 「オール・アバウト・マイ・マザー」「トーク・トゥ・ハー」「ボルベール」女性讃歌三部作もいいしどれも好きだけど ガエルが女装する「バッド・エデュケーション」が(ストーリー)脚... [Read More]

Tracked on February 21, 2010 06:50 PM

» 抱擁のかけら [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
盲目の脚本家、ハリー・ケインは、かつて、マテオ・ブランコと名乗る新進気鋭の映画監督でした。彼は、14年前、交通事故にあい視力を失ったのですが、その事故で、恋人だったレナを亡くしています。レナは、マテオが撮影していた映画の主演女優。二人は激しく愛し合いますが、レナ... [Read More]

Tracked on February 21, 2010 10:39 PM

» 抱擁のかけら / 58点 / LOS ABRAZOS ROTOS [ゆるーく映画好きなんす!]
全ての愛の形を愛おしく描くアルモドバル・・・でも自分は今回ペケです! 『 抱擁のかけら / 58点 / LOS ABRAZOS ROTOS 』 2009年 スペイン 128分 監督 : ペドロ・アルモドバル 脚本 : ペドロ・アルモドバル 出演 : ペネロペ・クルス、ルイス・オマー... [Read More]

Tracked on February 24, 2010 10:36 AM

» 『抱擁のかけら』 Los Abrazos Rotos [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY]
ドロドロ鮮やかフルーティで。舌鼓 2008年、盲目の脚本家のハリー・ケインは新聞記事で実業家のエルネストが亡くなった事を知る。ゲイのペドロ・アルモドヴァルが唯一ペネロペには欲望を感じちゃった発言には興味を持たずにはいられなかったよね。アメリカでラジー賞ノミネートされた過去は、その女優の演技力がどうこうという話ではなく、この世界には女優を輝かせることのできる映画監督とそうでない映画監督がいるという事実を浮き彫りにするだけなのだ。アルモドヴァルという監督が前者であるということは歴然としている。そし... [Read More]

Tracked on March 01, 2010 12:35 AM

» 抱擁のかけら [映画的・絵画的・音楽的]
 『ボルベール』、『エレジー』や『それでも恋するバルセロナ』で見た妖艶なペネロペ・クルスの映画だというので、まあ前田有一氏が言うように「罪作りなおっぱいの物語」かもしれないと思いつつも、映画館に足を運んでみました。 (1)この映画は、どうしてどうして、なかなか骨太の手強い作品となっています。  むろん、ペネロペ・クルスは、二人の男性から愛される役柄であって、「罪作りなおっぱい」が映し出される愛欲シーンに欠けるわけではありません。  ですが、ヒロインのレナを愛する二人の男性のうちの一人ハリー・ケイン... [Read More]

Tracked on March 04, 2010 05:41 AM

« 『インビクタス/負けざる者たち』のまっすぐ | Main | 満開の梅 »