« 『Dr.パルナサスの鏡』 鏡の向こうは極楽? | Main | 梅に初雪 »

February 01, 2010

京都ぶらぶら歩き

1001311w

仕事で大阪に行ったので、翌日の日曜、京都へ。1日、ぶらぶら歩きを楽しんだ。

朝は太秦の広隆寺へ。冷たい雨が降りはじめ、境内に人影は少ない。弥勒菩薩のアルカイック・スマイルに対面するのは20年ぶりくらいかな。

最近、十一面観音に興味があり、機会があれば見るようにしている。湖北の渡岸寺や山城の観音寺のように、表情や立ち姿が女性的な十一面観音が多いなかで、広隆寺の観音(藤原期)はすっくと立って、やや男性的。

1001313w

路面電車の嵐電から阪急に乗り継ぎ、河原町から五条坂まで歩いて河井寛次郎記念館へ。京都にいて、時間が空いたときにときどき来る。ここはいつ来ても、町なかにあるとは信じられない静けさがいい。

1001312w

河井寛次郎が自ら設計し、すみずみまで自分の好みを貫いた民家。彼が日常使っていたテーブルや机に触れ、座ることができるのが素敵だ。

1001314w

陶房。使っていた蹴ろくろが見える。右奥に円空仏。

10013110w

作品がたくさん展示されているのも嬉しい。展示されているだけでなく、寛次郎がつくったらしい大壷が、庭の片隅に無造作にころがされている。

1001315w

登り窯。最初にここへ来たとき、こんな町なかに登り窯があるのに驚いた。

1001316w

登り窯の壁。

1001318w

床の間には自筆の軸。「非草非人非木」とある。「草冠」と「人」と「木」を合わせると「茶」。「茶に非ず」。寛次郎は型にとらわれた茶の湯を好まなかった。

1001319w

30年来の知人、京の町屋に住むIさん宅を訪れる。玄関を開けると、いきなり三味線の音。若い舞子さんがIさんに稽古をつけてもらっていた。自主映画製作などにかかわってきたIさんは表立って師匠の看板を掲げているわけではなさそうだけど、小さいころから三味線に親しんでいる腕前。こういう光景に不意打ちのように出会えるのも京都だなあ。

稽古が終わり、3人でお茶を飲みながら歓談。舞子さんは宮川町のふく恵さん。17歳。来月には18歳になるので、この可愛い髪型は今日限りなんだって。明日には、ぐっと大人っぽくなるんだろうな。

|

« 『Dr.パルナサスの鏡』 鏡の向こうは極楽? | Main | 梅に初雪 »

Comments

畑です。写真が奇麗で楽しく見ています。河井寛次郎記念館、一昨年私も行きました。3回目でしたが、あまり人がいず、静かで嬉しい場所ですね。私の記憶には残ってないのですが、障子窓に映った模様が着物の柄のようで美しいですね。猫のシマちゃんには会いましたか。私が行った日はとても寒かったので、ファンヒーターの前で昼寝をしていました。
京都へ、また行くぞ、と去年も思っていたのですが果たせずじまいでした。

Posted by: Hata Michiko | February 19, 2010 at 03:36 PM

こんにちは。本当にここは町なかとは思えない静けさで落ち着きますね。寛次郎の椅子にしばらく座っていると、日常からふっと遠ざかることができるような気がします。僕が行ったとき、残念ながらシマちゃんはいませんでしたが。

Posted by: | February 20, 2010 at 01:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/47445221

Listed below are links to weblogs that reference 京都ぶらぶら歩き:

« 『Dr.パルナサスの鏡』 鏡の向こうは極楽? | Main | 梅に初雪 »