« 『フローズン・リバー』とインディアン保留地 | Main | 粋な小村雪岱ワールド »

February 07, 2010

ミニスカ・フィギュア

1002051w

散歩道にあるフォードの販売店。カウンターにフィギュアが飾ってあった。いかにもアメリカ車の店だなと思って近づくと、あれ、これに似たものを見た覚えがある。

数年前、リモージュの輸入販売をしている友人のI君が、アメリカのフィギュアを買い付けたことがあった。ところがちっとも売れなかったらしく、在庫の置き場に困ったI君は友人たちに強制的に配布するという挙に出た。いずれもミニスカートやホットパンツ美女の色っぽい姿。上場企業の社長をしているU君など、奥さんや孫に見つかったら大変と、隠すのに大変な苦労をしたらしい。

小生に割り当てられたのは、ミニスカートのナースがトレイに浣腸器を載せてほほ笑んでいるフィギュア。家に飾るわけにもいかないから、知り合いの整体師K君に、これもらってくれない? と尋ねたら、K君にやりとして、いただきますと答えた。でもって、そのナースは今もK君の整体院の受付にちゃんといる。まあ、注意しなければ大きめの注射器を持ってるとしか見えないから、客寄せに役立ってるんでしょう(と信じたい)。

これ、同じ種類のフィギュアに違いないぞ。


|

« 『フローズン・リバー』とインディアン保留地 | Main | 粋な小村雪岱ワールド »

Comments

http://www.pin-up-girl.com/

戦前から1950年代、アメリカの大衆文化であった、ピンナップガールズ(ポスターを壁にピンで貼る)から作った(アメリカではなく)オランダのフィギア。

扱っていた頃のシリーズの中にこれと同じものはないけれど、新作なのか模倣なのかこの写真では分らない。
かぶっている帽子がなんなのか分れば。

Posted by: Toshio TAKAMI | February 14, 2010 at 03:33 AM

オランダのフィギュアだったのか。いかにもアメリカのピンナップ・ガールだけどね。今度散歩に行ったら、帽子を確認してみよう。

Posted by: | February 14, 2010 at 04:44 PM

たとえば"Liberty Belle"というのはアメリカ独立記念日のパレードのバトンガールとかいろいろ設定があるわけね。
で、帽子といったのは、それを見れば陸軍とか、警察とかが分る。

Posted by: Toshio TAKAMI | February 14, 2010 at 05:45 PM

白地に鷲が羽を広げたらしい徽章がついている。鷲といえばローマ帝国以来のドイツ軍の紋章だけどね(ただし、頭の位置がよく見るナチスの紋章と違う。米国も士官の正装用の紋章として使っているのかな。

Posted by: | February 15, 2010 at 01:04 PM

アメリカの国鳥は白頭鷲だから、鷲はいろいろな官・軍などに使われている。
陸軍パイロット隊の記章は、白い羽を拡げ、頭の部分は丸のなかに星。
これ以上はまあ軍事オタクにでも聞かないと。

Posted by: Toshio TAKAMI | February 16, 2010 at 04:28 AM

なるほど白頭鷲か。白地ということからいうと、海軍士官学校の帽子かもしれないね。まあ、そんなに精巧な細工じゃないから、詮索しても仕方ないか。

Posted by: | February 16, 2010 at 10:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/47503924

Listed below are links to weblogs that reference ミニスカ・フィギュア:

« 『フローズン・リバー』とインディアン保留地 | Main | 粋な小村雪岱ワールド »