« ミニスカ・フィギュア | Main | 『インビクタス/負けざる者たち』のまっすぐ »

February 14, 2010

粋な小村雪岱ワールド

1002071w

わが家から歩いて10分ほどのところに埼玉県立近代美術館がある。ときどき面白い企画展をやるので、ふらりと出かけることがある。いまやっているのは、「小村雪岱(せったい)とその時代」。

埼玉県川越出身の小村は、東京美術学校(現・東京芸術大学)に学んだ日本画家。大正から昭和前期にかけて、資生堂意匠部に勤め、挿絵画家、装丁家、舞台装置家として名をなした。日本画(浮世絵)の伝統とモダン・デザインが融けあったその世界は、粋という言葉がぴったり。

小村は香水の瓶のデザインや、単行本・雑誌の挿画・装丁、舞台装置といった境界領域での仕事が多かった。「昭和の春信」と呼ばれるきっかけになった「おせん」挿画、色気が匂いたつ「刺青のお伝」挿画、静謐な空気を湛えた「青柳」「落葉」「雪の朝」の連作。どれも見ていて、いい気分になってくる。

なかでも小生には仕事柄、小村が描き、造本した装丁家としての仕事が興味深かった。口絵に和紙の木版画をはさみこんだり、見返し全面にモダン浮世絵ふうな木版風景画を刷ったり、本が大量印刷でなく手仕事の工芸品に近かった時代の、モノとしての存在感が素晴らしい。

本がデジタルなデータになりつつある時代に、モノとしての本の魅力をどうつくっていくのか。考えさせられるな。


|

« ミニスカ・フィギュア | Main | 『インビクタス/負けざる者たち』のまっすぐ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 粋な小村雪岱ワールド:

« ミニスカ・フィギュア | Main | 『インビクタス/負けざる者たち』のまっすぐ »