« 『板尾創路の脱獄王』 逆さ富士の刺青 | Main | 別所沼の葦 »

January 24, 2010

浦和ご近所探索 与野の大カヤ

1001221w

わが家から往復1時間をメドにつくった散歩道4コースのひとつが、旧与野市の妙行寺境内にある大カヤを目標にする道。

根回り13.5メートル。樹高21.5メートル。応永年間(1394~1427)には、すでに「関東随一の巨木」として知られていた。樹齢約1000年。

1001222w

1000年前といえば平安時代。藤原道長が権勢をふるい、1010年には「紫式部日記」が書かれている。当時、このあたりは武蔵国の小さな村だったろう。以来、このカヤの木は人々の営みをずっと物言わず見つめてきたわけだ。

1001223w

大カヤに行くまでの県道は、北浦和駅前から荒川に向かう数キロにわたるケヤキ並木。冬、葉が落ちて裸になったケヤキの姿が好きだけど、大きくなりすぎ幹を剪定された様子は無残に見える。

1001224w

近くの小学校の庭にある白梅は、もう満開だ。


|

« 『板尾創路の脱獄王』 逆さ富士の刺青 | Main | 別所沼の葦 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/47379204

Listed below are links to weblogs that reference 浦和ご近所探索 与野の大カヤ:

« 『板尾創路の脱獄王』 逆さ富士の刺青 | Main | 別所沼の葦 »