« 『アンナと過ごした4日間』 曇天の光 | Main | 『ユリイカ臨時増刊 ペ・ドゥナ』 »

October 27, 2009

湯の小屋温泉へ

0910269w

2年ぶりに昔のオフィスにに通う仕事が一段落したので、群馬の湯の小屋温泉に行ってきた。湘南新宿ラインで高崎まで行き、上越線水上行きに乗り換える。前橋を過ぎると右の車窓に赤城山、左に榛名山が見えるはずだけど、この日は今にも降り出しそうな厚い雲で、風景は霞んでいる。写真は後閑あたり。

0910265w

湯の小屋温泉は、水上から利根川の上流へバスで1時間ほど遡った木の根沢川沿いにある。標高が上がると、木々が紅葉してくる。

このあたりには藤原ダム、矢木沢ダム、奈良俣ダムと、いま問題になっている利根川水系のダムがかたまってある。バスに乗っていると次々にダムが現れる。それを見ても、200年に1度の洪水のためにあと十数基のダムをつくるという計画がどんなに無理なものか想像がつく。

道は栃木、福島との県境近くを走り、峠を越えると尾瀬になる。湯の小屋には数軒の旅館があり、以前に2度ほど泊まったことがある。

0910263w

旅館(龍洞)には17の風呂がある。僕はこの、斜面の下にあるいちばん古くて大きな露天が好き。拙い写真ではスケール感が出ないけど、ぬるめの湯に体をひたすと山にすっぽり包まれた気分になるのがたまらない。前回来たとき、風呂の周りは数十センチの積雪で真白だった。今日は、ブナ、カエデなどの色づいた木々にかこまれる。湯につかりながら紅葉を見上げ、冷たい雨に顔を打たれるのもいいもんです。

0910264w

こちらは木の根沢川に面した風呂。

0910266w

ここから5キロほど遡ると照葉峡という紅葉の名所がある。バスは通ってなく、車でしか行けないので行ったことはないけど。

0910267w

この旅館、昔は湯治場だったんだろうけど、今は露天風呂をたくさんつくり、すべて貸切で入れるようにして若いカップルを狙っているようだ。

0910268w

近くの道路脇では農家の人がテントを張って、きのこの路上販売。きのこ汁がうまかった。


|

« 『アンナと過ごした4日間』 曇天の光 | Main | 『ユリイカ臨時増刊 ペ・ドゥナ』 »

Comments

初めまして、アーシア・アルジェントの映画「レディ・アサシン」の記事にコメントを残して後にこちらへ参りました。sun

日本はフランス、イタリア、ドイツやスイスなどの環境先進国と同じ大自然を大事に保護して人と自然が共存できるような環境にするためにとても力を入れているので羨ましくて感心します。baseball

私は日本の温泉や紅葉などの美しい景観や風情が大好きで仕方ありません。book

最高の恵みで神様が日本へ授けた賜物だと私は思います。dollar

Posted by: 台湾人 | November 10, 2009 at 04:48 PM

アーシア・アルジェントの映画がお好きなんて、かなりディープなファンですね。

1年間、ニューヨークに滞在して、その間、いちばん懐かしく思ったのが日本の温泉でした。特に北関東や東北の温泉はいいですね。値段も箱根や伊豆ほどでないし。これからの日本は、自動車やハイテクばかりでなく温泉立国もいいかもしれません。

Posted by: | November 11, 2009 at 12:15 PM

フランス映画が好きなので「レディアサシン」を見ました。thunder

こちらの洋画チャンネルで途中から見たのでただアーシア・アルジェントのサンドラという役は違法なことをやっていて、人を殺してあちこちへ逃げるという逃亡生活を送っていることしか分かりませんでした。libra

欧米の温泉って日本の温泉と異なっていますよね。note

私は日本製の入浴剤を買って家でお風呂を楽しむのが大好きですが、やはり本当は日本へ行って当地の本場仕込みの温泉をエンジョイしたいです。end

Posted by: 台湾人 | November 12, 2009 at 03:41 PM

欧米のspaはテレビで見たことしかないのですが、日本の温泉の楽しみ方と違いますね。治療とかバカンスとか、目的は同じですが、日本の温泉、特に露天風呂は自然との一体感を楽しむということでしょうか。

アーシア・アルジェントの『ボーディング・ゲート』は、人を殺してあちこち逃げるという、それだけの映画でしたよ。後半は香港へ逃げて香港ノワールみたいになり、そういう舞台でアーシアのゴシックな美しさを際立たせたかった映画という気がしました。

Posted by: | November 15, 2009 at 02:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/46596506

Listed below are links to weblogs that reference 湯の小屋温泉へ:

« 『アンナと過ごした4日間』 曇天の光 | Main | 『ユリイカ臨時増刊 ペ・ドゥナ』 »