« 上海の旅(2) 古い街 | Main | 『九月に降る風』 鞄の中の飯島愛 »

August 31, 2009

『キャデラック・レコード』 ビヨンセに聞き惚れる

Cadillac_records

ビヨンセの歌を聞けただけでも、『キャデラック・レコード(原題:Cadillac Records)』を見てよかった。

ブルース歌手マディ・ウォーターズに扮したジェフリー・ライトや、元祖ロックン・ローラーのチャック・ベリーに扮したモス・デフも聞かせるけど、なんといってもR&B歌手エタ・ジェームズを演じたビヨンセの情感のこもった歌が素晴らしいね。

僕はビヨンセ自身の今ふうなヒット曲に惹かれたことはないけど、ビヨンセが目にいっぱい涙をためて歌う60年代のソウルフルな曲、「I'd Rather Go Blind」に参った(YOUTUBEに「BEYONCE'AS:Ms.ETTA JAMES-I'D RATHER GO BLIND」として映画のシーンがアップされている)。それを聞きながら部屋を出ていくエイドリアン・ブロディの悲しげな顔もいい。ビヨンセは、こんなうまい歌手だったのか。

この映画で彼女はほかにエタ・ジェームズのヒット曲「At Last」や「All I Could Do Was Cry」を歌っている。「At Last」は、オバマ大統領就任祝賀パーティーでビヨンセが歌い大統領夫妻がダンスして世界中で有名になったバラード。

ビヨンセやヒップ・ホップのモフ・デフの歌がうまいのは本職だから当たり前だけど、役者としてもなかなかのもの。ビヨンセの、白人のボスに心を寄せるアフリカ系女性の切なさがいい。一方、マディ・ウォーターズになるジェフリー・ライトは役者だけど、ブルースを歌ってちゃんとサマになってる。アメリカの音楽映画はこういう才能に支えられているんだなあ。

南部アフリカ系の間で歌われていたブルースが北上して都市(シカゴ、カンザス・シティ、デトロイトなど)に流れ込み、シティ・ブルースやロックン・ロールが生まれる。その音楽に影響を受け、ローリング・ストーンズ、エリック・クラプトンら白人ロックが生まれる。そんなブラック・ミュージック史のさわりを、シカゴのチェス・レコードを生んだレナード・チェス(エイドリアン・ブロディ)を主人公に面白く見せてくれる。

ポーランド移民2世のレナード(本当は兄弟なんだけど、映画では1人になってる)が、自身が経営するアフリカ系向けナイトクラブでマディ・ウォーターズに出会い、黒人音楽専門のレーベル、チェス・レコードを立ち上げる。マディはじめ、ハウリング・ウルフ、チャック・ベリー、エタ・ジェームズらの曲がヒットチャートを駆けのぼる。

そのあたりが手際よくまとめられている。昔読んだチャールズ・カイル『都市の黒人ブルース』(1968、音楽之友社)を引っ張り出したら、チェス・レコードについてこんな記述があった。

「マディ・ウォーターズは、会社設立(1940年代後半)ごろから、一枚の契約書もなしにこの会社の仕事をしている。これは、競争の激しいブルース界でウォーターズとレナード・チェス間の相互信頼を示す貴重な証拠といえるかもしれない。しかし、契約の仕方の中には、いまだにプランテーションと温情主義の匂いがする。マディ・ウォーターズが、歯医者の治療代、または自動車の支払いに窮してチェス・レコードに行けば、その場で『レコード印税の前金』を受けとれるのではないか。その反面、マディが高飛車に出たら、いままでのブルース生活が瓦解することも考えられる」

筆者のチャールズ・カイルは当時のニュー・レフトだから「プランテーションと温情主義の匂い」を嗅ぎつけているけれど、ともかく金に関して(異性やクスリに関しても)善くも悪くもいいかげんだったんだろう。映画でも、レナードはマディたちに印税のかわりにキャデラックの新車をばんばん買い与える。後でミュージシャンが「あの印税は?」と聞くと、レナードは「キャデラックで払ったろう」と答える。

ブラック・パワーが台頭してアフリカ系アメリカ人の意識が先鋭化する以前の1950年代、アフリカ系に偏見を持たなかった白人とブルースマンのうたかたの共同体みたいな空気が映画から感じられるのが嬉しい。

僕は車に興味がないけど、何台ものキャデラックの最新モデルが動いてるのは、車好きには応えられないだろうな。もうひとつ。エンド・ロールを見ると、ニュージャージーのいくつもの町でロケされている。『レスラー』もここのロケだったけど、ニュージャージーは50~60年代の空気を残す場所として貴重なんだな。

|

« 上海の旅(2) 古い街 | Main | 『九月に降る風』 鞄の中の飯島愛 »

Comments

TBありがとうございました。
"I'd Rather Go Blind"、よかったですね。
あのビヨンセの表情もいいです。
途中で歌ってた、結婚式があるけど自分の人生終わった。。。 みたいな、短いけどグサっとくる曲が様になってました。
『ドリームガールズ』も好きなんですが、これも別の角度から音楽を愛する人たちの話で、素晴らしかったです。

Posted by: rose_chocolat | September 02, 2009 at 08:04 PM

ビヨンセはシカゴ・ブルースにモータウン・サウンドと、ブラック・ミュージックのルーツを演じたことになりますね。プロデューサーも兼ねているところを見ると、そのことにはっきり意図的なんでしょう。見直しました。というより、あまりビヨンセを聞いたことがなかったので、ちゃんと聞きなおしてみようと思いました。

Posted by: | September 03, 2009 at 10:41 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41136/46054183

Listed below are links to weblogs that reference 『キャデラック・レコード』 ビヨンセに聞き惚れる:

» キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語 [カノンな日々]
1950年代の伝説的なレコード・レーベルであるチェス・レコードと所属アーティストたちの盛衰を実話に基づいて描いた作品だそうです。私は音楽的にはチャック・ベリーくらいしか親しみがなく詳しくないのですが、予告編での音楽や映像がとてもいい感じだったの観に行こうと決....... [Read More]

Tracked on August 31, 2009 at 05:29 PM

» 『キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語』(@「シネマのすき間」) [ラムの大通り]
-----もう、ほんとビックリ!。 ニャんと、あのマイケル・ジャクソンの娘の父親は自分だと、 とんでもない人が名乗りをあげちゃった。 その人の名はマーク・レスター。 えっ、そんな人知らないよだって!? マーク・レスターというのは『小さな恋のメロディ』で 主役の男の子ダニエルを演じた、かつての名子役。 この“かつての”に意味があって、 いまは彼は芸能界から足を洗って整体師をしているらしい。 マイケルとは生まれた年も同じで親交が深かったらしい。 で、ちょっと気になったのが じゃあジャック・ワイルドはどう... [Read More]

Tracked on August 31, 2009 at 11:15 PM

» 『キャデラック・レコード ~音楽でアメリカを変えた人々の物語~』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
レコードが回り、音楽と人々の魂をのせて地球は回る。 1947年、シカゴの黒人街でクラブを経営していたポーランド系移民レナード・チェスは、ギタリストのマディ・ウォーターズとハーモニカ奏者のリトル・ウォルターにブルースバンドを結成させ、チェス・レコードを立ち上げる。音楽映画にはアメリカの魅力があふれている。移り変わって過去のものとなった時代のきらめきに思いを馳せるのと同時に、その伝統を受け継いで今もなお輝いているもの捉えることができるのだ。GM社は経営破綻しようとも、アメリカン・ドリームの象徴であ... [Read More]

Tracked on September 01, 2009 at 01:47 AM

» 『キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語』(... [NiceOne!!]
原題:CADILLACRECORDS監督・脚本:ダーネル・マーティン出演:エイドリアン・ブロディ、ジェフリー・ライト、ビヨンセ・ノウルズ、コロンバス・ショート、モス・デフ鑑賞劇場 : 恵比寿ガーデンシネマ公式サイトはこちら。<Story>1947年のシカゴ。バーのオーナ...... [Read More]

Tracked on September 02, 2009 at 07:57 PM

» キャデラック・レコード [Art- Mill]
http://www.sonypictures.jp/movies/cadillacrecords/ 「キャデラック・レコード」 アメリカ、シカゴのチェス・レコードの誕生から幕を閉じるまでの「ブルースと生きた人間たち」ドキュメントで [Read More]

Tracked on September 20, 2009 at 09:03 AM

» キャデラック・レコード♪〜音楽でアメリカを変えた人々の物語〜 [銅版画制作の日々]
 CADILLAC RECORDS 時代は変わっても、僕らの愛と友情はブルースに生き続ける 歌姫エタを演じるビヨンセ、何でもこの作品の製作総指揮も自らやっているという。かなり入れ込んでいるのかな?あのオバマ大統領の就任祝賀パーティでは本作の中で歌ったエタ・ジェイムズの名曲「At Last 」を披露、そしてこの歴史的な幕開けのオープニングとなったわけである。またオバマ氏が政治家としてのキャリアをスタートさせたシカゴのサウスサウンドを代表する文化がこの映画で登場するシカゴ・ブルースで、そのム―ブメ... [Read More]

Tracked on September 29, 2009 at 03:35 PM

« 上海の旅(2) 古い街 | Main | 『九月に降る風』 鞄の中の飯島愛 »