« 久しぶりのにんにくスパゲティ | Main | 『風の馬』 チベットの山と街 »

July 16, 2009

『ウルトラ・ミラクル・ラブストーリー』のおかしみ

Photo

松山ケンイチが飛び跳ねてる。フレームから飛び出しそうになりながら動き回る、重力を感じさせない軽々とした肉体が不思議な魅力を発散させている。それを見ているだけで、気がついたら映画は終わっていた。

いや、もちろんこの映画の面白さはもっといろんな角度から言うことができる。そもそもが、松山ケンイチ演ずる陽人が、農薬漬けになることで「進化」し、心臓が止まっても生きている男になってしまう荒唐無稽なお話だ。陽人が恋する町子(麻生久美子)の死んだ恋人が、首なし男として現実のなかにいきなり登場するシュールな画面もおかしい。

「進化」した陽人が心臓が止まっても死なずに普段の生活をしていても、町子も祖母(渡辺美佐子)も医者(原田芳雄)もちょっと驚くだけで受け入れてしまう、そのじんわりとしたおかしさ。松山ケンイチが本能のおもむくままみたいな演技とも言えない演技をしているのを受ける渡辺美佐子や原田芳雄が、正統派のまっとうな演技で相対しているのはもちろん計算の上だろうけど、その違和感がおかしみを一層増す。

この映画のおかしさというのは、げらげら笑ってしまうというより、じんわり沁みてくる。そもそも、お伽話と民話(熊送り)と奇跡物語が合体したみたいな世界が、津軽という田舎町のリアルな風景のなかで繰り広げられるのがおかしい。

しかも田舎といっても、現実そのままの田舎町なのがいい。田舎を舞台にすると、例えば『天然コケッコー』はとてもいい映画だったけど、高度成長以前の「日本の原風景」みたいに美しい田園風景がことさらに選ばれる。この映画はそんなことはない。

田圃の傍らには幹線道路が走り、トラックや乗用車ががんがん走っている。コンクリートの電柱と電線が風景を台無しにしている。畑にはカラス避けのテープが無粋に光っている。陽人と祖母が住む家も古びてはいるけれど、懐かしさを感じさせるというより、日々の生活用具やテレビで雑然としている。陽人の部屋には、事務室にあるような予定表ボードや、いくつもの目覚まし時計がある。

この映画はすべて青森ロケされたものだけど、不要なものをカメラのフレームの外に追いやり、画面を美しくつくろうとしていない。それが素敵だ。

全編、津軽弁で通しているのも横浜聡子監督の決断だろう。最初のうち、松山ケンイチ(青森生まれ)が何をしゃべっているのか、セリフがわからないことが多い。祖母役の渡辺美佐子が年齢と逆に標準語を交えたセリフ回しをしているので、どんな会話をしているかの見当がつくけれど。

でもそのうち、言葉の意味はどうも重要ではないんだなと分かってくる。昔、『ウンタマギルー』って素晴らしい映画が全編、沖縄口(沖縄弁)で日本語の字幕が入り、これは日本映画じゃなく沖縄映画だなと思ったけど、それに近い。セリフは音とリズムとして聞いていればいいんだ。松山が画面のなかを飛び跳ねているのを見ていれば、それだけで映画は理解できる。なにしろ辻褄の合った説明なんて、できっこない映画なんだから。

『ベンジャミン・バトン』のようなハリウッドの奇跡物語を僕はほとんど見てないけど、多分、カネをかけ、CGを駆使して、いかにもありそうなリアルさ(つくりもののリアルさ)を出しているんだろうと思う。

この映画は、まったく逆を向いてる。もちろん、ハリウッドみたいに資金が潤沢にあるわけじゃない。だから、カネをかけずに非現実的な奇跡物語をつくろうとしたらこうするしかなかった、とも言える。でもそれが苦しまぎれじゃなく、リアルと非リアルが奇妙に接着して、逆に今までどんな映画にもなかったような魅力をつくりだしてる。

横浜聡子監督は、これがメジャー・デビュー第1作。楽しみだね。


|

« 久しぶりのにんにくスパゲティ | Main | 『風の馬』 チベットの山と街 »

Comments

かつて雄さんに『松山ケンイチっていいですよ!』と言ったのを覚えていらっしゃいますか?

そして雄さんに『どんな映画に出てるの?』と返され、戸惑った私。

彼のこれまでの出演作品は雄さん好みじゃないだろうし、私自身もあまり観ていません。あえて挙げるなら『人のセックスを笑うな』でしょうか。ビジュアル的に好みと言った方が正解だったのかも。

でもシリアスからコメディまで幅広く演じることのできる俳優さんだと信じて応援しています。

邦画の元気の良さはここ数年で実感できていましたけど、なかでも女性監督の登場は嬉しいですね。

Posted by: mitty | July 20, 2009 12:14 AM

覚えてますとも。その後、『人のセックスを笑うな』も見ました。小説は読んでいましたが、映画は期待したほどじゃなく、ただ松山ケンイチは新鮮でした。ふーむ、Mittyさんの「ビジュアル的に好み」なのか。

松山ケンイチは『アカルイミライ』にも出てたんですね。濃い役者ばかりだったから覚えてないけど。若いけど引出しがたくさんある役者みたいですね。

Posted by: | July 21, 2009 12:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『ウルトラ・ミラクル・ラブストーリー』のおかしみ:

» 『ウルトラミラクルラブストーリー』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY]
農業。脳/業。 陽人は、『ポンヌフの恋人』、『汚れた血』のドニ・ラヴァンのイメージなんだって。なるほど。 青森で農業にたずさわって暮らす25歳の陽人は、東京からやって来た保育士の町子に恋をする。キャベツ畑に埋まっている松ケンの姿がへんてこラブリーでインパクト大だった本作のフライヤー。松ケンは本当に何でもやってくれる俳優なんだなーって本編鑑賞前から妙に感激。青森出身の松ケンと女性監督が故郷を舞台にコラボなんて楽しいじゃないですか。そっち方面の人たちに好評を博していた横浜聡子監督の前作『ジャーマ... [Read More]

Tracked on July 16, 2009 07:52 PM

» 『ウルトラミラクルラブストーリー』〜YOKOHAMAマジックリアリズム〜 [Swing des Spoutniks]
『ウルトラミラクルラブストーリー』公式サイト 「ウルトラミラクル横浜聡子ワールド」(ユーロスペース) 監督:横浜聡子出演:松山ケンイチ 麻生久美子 ノゾエ征爾 ARATA 藤田弓子 原田芳雄 渡辺美佐子ほか 【あらすじ】(goo映画より)青森で農業を営みながら一....... [Read More]

Tracked on July 19, 2009 12:22 PM

« 久しぶりのにんにくスパゲティ | Main | 『風の馬』 チベットの山と街 »